【動画】Xmasイヴの夜を1人で過ごすのがイヤなら・・

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

Xmasイヴの夜を1人で過ごすのがイヤなら・・(3分7秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

クリスマスまであと2ヶ月

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

 

「ごちそうさまでした。今日はありがとうございました」

「次の休みがわかったらまた連絡します」

「じゃあ、また!」

 

こう言い残して

連絡をくれなくなった女性が何人いるでしょうか。

 

「また連絡するね〜」と見送りながら、

 

「どうせまた…食い逃げか…」

期待と不安がせめぎ合う。

 

婚活アプリで出会う女性は

軽いノリで会ってくれるけど長続きしない。

 

このまま結婚できなければ、

お金も時間もドブに捨てるのと一緒。

自分のなにがわるい?どうしたらいい?

 

こんなふうに、多くの人が婚活にあせり悩む一方で、

いつの間にかお見合い結婚を決めてしまう人もいます。

 

両者の違いはなんでしょうか?

 

それは、、

あなたの味方になってくれる

相談相手がいるかどうかです。

 

婚活ではモチベーションを高く維持し、

相手から「魅力的な人」と思ってもらうために

自分を客観視する必要があります。

また、自分よりも相手を優先し、

タイミングを逃さないことも重要です。

 

そのためには必要なときに的を得た助言をくれる

相談相手が必要だと思うのです。

 

「自分を客観視」して「タイミングを逃さない」ことで、

「あなたと結婚しないと後悔する」と相手に思わせる。

 

これがピタッとはまる人に出会えるまで、

励ましの助言をもらいながら、

とにかくいろいろなタイプの人とお見合いして

実践してみてください。

 

 

聖夜を2人きりで過ごす人がまだ見つかっていないあなたへ。

 

秋も深まり、クリスマスシーズンまであと2ヶ月。。。

【クリスマスまであと2ヶ月キャンペーン】を試してみませんか?

 

婚活コンシェルジュに2ヶ月のお試し入会をし、

お見合いをがんばってみよう!というキャンペーンです。

 

初期費用は登録料と月会費の15,000円のみです!

入会金無料(通常28,000円)

月会費は半額の5,000円(通常1万円)

 

キャンペーンの応募締切は10月31日(水)です。

 

このチャンスを逃さず、

大切な人との幸せな新婚生活を現実のものにしてください。

応募はこちらから

ご要望の欄に

クリスマスまであと2ヶ月キャンペーン】とご記入ください。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

ウチの主人がシェフ〜「東武ホテルレバント東京・廉」がリニューアルオープン!

おはようございます。シバタニです。

改装のため休業中だった東武ホテルレバント東京24階

スカイツリー®ビューレストラン 廉」が

11月1日にリニューアルオープンします。

 

 

これまでは「日本料理&バー」としての営業でしたが、

これからは「日本料理&炭火焼フレンチ」に生まれ変わります。

 

ウチの主人が担当する「炭火焼フレンチ」はディナーのみの営業です。

 

「炭火焼フレンチ」のメインはなんといっても

全国規模の品評会で何度も最高位賞を受賞している

生産者さんの黒毛和牛を仕入れ、

こだわりの炉窯で焼き上げる最高級ステーキです。

 

 

新しいレストランのオープンが決まってから

肉の選定〜炭焼きの技術にいたるまで、

紀州備長炭・炭焼ステーキ「トロワフレーシュ」さんに

全面的にご協力いただいたそうです。

(富裕層や業界人の間で知る人ぞ知るお店)

 

トロワフレーシュ」のシェフは

昔、ウチの主人と同じ釜の飯を食った間柄です。

 

この10月、主人は炉窯の製造元、牧場、食肉市場の視察に飛び回り、

早朝から豊洲市場に仕入れにいくなど、忙しく過ごしてきました。

 

今日から「スカイツリー®ビューレストラン 廉」の

関係者向けレセプションが始まるそうです。

 

11月1日のオープンからさらに忙しくなると思いますが、

還暦を過ぎてなお活躍できる場を与えていただいたことに、

本当に感謝の思いでいっぱいです。。。

 

 

 

【動画】交際が長続きしない原因

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

交際が長続きしない原因(2分10秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

人をほめる効果

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

 

お父さん、お母さん、きょうだい、職場の人、友人知人。。。

今日はあなたの身近な人に「ありがとう」「ありがとう」

と言ってあげてください。

いいところを探してほめてください。

 

「○○さん、ありがとう。」

「○○さんってステキ!」

 

人をほめることって実は、

「あなた自身をほめること」なんです。

 

ほめことばはあなたにそのままかえってきます。

 

素直な心で人をほめちぎると、

目には見えないけれど、

あなた自身がうれしい言葉のシャワーを浴びる。。

 

笑顔、服装、持ち物、センス、仕事ぶり、やさしさ、努力・・・

 

ほめにくい人であっても、

なにかしらいいところを見つけてほめてあげましょう。

 

「ありがとう。あなたは最高です!」って。

 

ちなみに、結婚して子どもができると、

感謝の気持ちやほめたい気持ちが自然にあふれ出してきます。。。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

【動画】28才男性の結婚が決まりました!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

28才男性の結婚が決まりました!(2分45秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

【動画】彼女ともっと親密になる方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

彼女ともっと親密になる方法(5分)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

28才男性会社員の結婚が決まりました!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

昨年5月にわたしの結婚相談所に入会した28才の男性が、

入会から1年5ヶ月で、

3才年下の女性との結婚を決めました!

 

彼は関西でトップクラスの大学(〜大学院)を卒業後上京し、

大手外資系コンサルティングファームに就職。

その後、国内のファームからお誘いがあり転職、

そこからさらに条件が良い外資系企業に転職するなど非常に有能。

性格は明るくて親しみやすく、

コミュニケーション能力抜群の男性です。

 

20代の若さで自ら仲人型の結婚相談所に入会する男性は少ないので、

彼に入会の動機について聞いたことがありました。

 

「私の職場には30過ぎた独身の先輩が多いんですよ。

私はああはなりたくない、早く結婚したい。

かといって仕事が多忙なので、

婚活を手伝ってもらえる仲人さんにお願いすることが

一番の近道かと思いまして…」

 

確かにこの1年5ヶ月の間、

超多忙な職場で仕事をしながら転職活動のち転職、

転居、退社後に英語スクールに通うようになるなど、

彼の生活はめまぐるしく変化しました。

 

その中での婚活は時間的にも精神的にもたいへんだったと思います。

 

婚活スタートから1年後に

かけがえのない彼女を見つけ、

すれ違いがちな交際の中で粘り強く信頼関係を築き、

最終的に結婚が決まってほんとうによかったです!

 

お二人の末永いお幸せを願っております。。。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その4:温泉とマッサージの話>

おはようございます。シバタニです。

その4で台湾旅行記を終わりにしたいと思います。

 

 

今回の旅の目的は吉方位に行って大地のパワーを吸収し、

自分の運気を上げることです。

なので、2日目のフリータイムには温泉に行くことを決めてました。

場所はこのブログで紹介されている「北投」。

台北から電車のMRTに乗ればカンタンに行ける温泉街です。

(ちなみにブログで紹介されている「百樂匯溫泉飯店」は

現在閉鎖されているようです)

 

 

(MRT「新北投」駅から外に出たところ)

 

「温泉街」へ行くには駅を出て右方向の交差点を左折し、

公園に沿って坂道を上るだけ。

 

わたしが日帰り入浴で利用した温浴施設は2軒。

(タオルを2本持っていったほうがいいです)

 

1)熱海大飯店(白温泉:弱酸性単純泉)入浴料300元(1,140円)

2)瀧乃湯(青温泉:強酸性硫鉱泉)入浴料150元(570円)

 

*どちらも駅から徒歩5分圏内です。(1元=3,8円で計算)

 

熱海大飯店

公園に沿って坂道を上っていくと(「瀧乃湯」を通り過ぎる)

熱海大飯店がすぐに見つかります。

 

 

正面入り口から入って、フロントのスタッフに、

「こんにちは。日帰り温泉に入れますか?」

と日本語で話しかけたら「大丈夫」とのこと。

料金を払ってチケットを受け取り、階段で地下2階にある温泉へ。

 

温泉の受付係は日本語が全くわからず、

身振り手振りで案内してくれました。

 

フロント横の鍵付きロッカーに荷物を入れ、タオルを持って、

休憩スペースのトイレで用を済ませてから大浴場へ。

 

靴を脱いで靴箱に入れ、更衣室で服を脱ぎ、

ゴツゴツとした玉砂利でできた浴槽脇で

備え付けのシャンプーとボディソープで身体を洗ってから入浴。

 

40〜43℃の弱酸性単純泉は掛け流しで、

日本の温泉と変わらない気持ちよさ。。。

平日の午後、利用客はわたしの他に2〜3人しかいませんでしたが、

みんなストロー付きのドリンクを大浴場に持ち込んでいました。

 

 

瀧乃湯

新北投駅と熱海大飯店の中間地点にある「瀧乃湯」。

 

「瀧乃湯」の庭には、大正12年4月に

皇太子殿下(昭和天皇)が立ち寄られたことを記念する

石碑がありました。

 

さて、フロントで料金を払って中に入ると、

鍵付きのロッカールームは着替える人で大混雑!

大浴場の定員は30名と書かれていましたが、

たぶん満員御礼の状態でした。

 

大浴場には「低温」と「高温」2つの浴槽があり、

浴槽の奥にたくさんのプラスチックの椅子が置かれ、

一見、温泉に浸かっている人より

椅子に腰掛けて休む人の方が多かったです。

トイレは大浴場にあります。

 

ここは熱海大飯店とはちがい、

シャンプーとボディソープなどはありませんが、

簡易なパウダースペースに、

大きな鏡と無料のドライヤーが設置されていました。

 

さて、掛け湯をして入浴しようとしたら

「低温」は人がいっぱいで入れず、

意を決して「高温」に入りました。

熱いっ!!!!!

心臓はバクバク、、、

お湯が目に入ったとたん、ビリビリとスゴい刺激があり、

思わず浴槽から上がってシャワーで目を洗いました。

 

これで椅子に腰掛けて休んでいる人が多い

理由がわかりました。

その後、「低温」「高温」交互に入って、

刺激的な温泉を堪能しました。

 

温泉であったまったあとは初めての「台湾マッサージ」へ。

 

ホテルに置いてあった「台湾ナビマガジン」に載っていた

「大台北養生館」のクーポンをつかうことにしました。

 

18時までのタイムセール

特価699元(2,656円)←定価999元(約3,800円)

足裏30分+全身30分+肩首マッサージ+足湯=90分。

 

「大台北養生館」では30代とおぼしき

清潔感のある男性が担当してくれました。

①更衣室でステテコに履き替える。

②リクライニングチェアに座り、お茶を飲みながら、

ピンク色のお湯が入った足湯器で足湯5分。

②蒸しバスタオルで足を包み、片足ずつ念入りにオイルマッサージ。

足裏の痛い箇所で身体の弱っている部分がわかるそう。

わたしは「心臓」「耳」「脳」とのこと。

確かに、一人で外国をうろうろしてたら弱りそうなところです。

③いくつかのベッドが置いてある3階に移動

(2階のベッドはお客さんで満室)

うつ伏せになり全身マッサージ。

④1階に降りてお茶を飲んで、ステテコを返却しておしまい!

 

台湾のマッサージは安くて丁寧で最高です!!

温浴+マッサージの効果で、身体が信じられないほどほぐれました。

 

<まとめ>

数年前に1人で上海を旅行したことがありますが、

緊張感が半端なかったことを覚えています。。。

ひとりで海外旅行をするなら日本人にやさしい台湾がおすすめです。

 

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その1:お金の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その2:ホテル(一楽園大飯店)の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その3:ホテルの朝食とB級グルメの話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その3:ホテルの朝食とB級グルメの話>

おはようございます。シバタニです。

台湾2泊3日のツアーにはホテルの朝食がついていました。

ワンテルホテル(一楽園大飯店)のロビー。

ヴィーナス像の奥が朝食会場のレストラン

 

朝食は好きなものを好きなだけ食べられるバイキング。

料理名のプレートには日本語もあります。

 

(2日目のわたしの朝食)

 

バイキング会場に並んでいたものは。。。

「おかゆ」「おかゆ用惣菜6種」「白飯」

「日替わりスープ」「日替わり炒め物2〜3種」

「日替わり揚げ物」「日替わりフルーツ」

「食パン」「コーヒー」「ホットミルク」「お茶」「ジュース」など。

 

土地勘がまったくない場所へのひとりツアーに

朝食がついているのはホントありがたいです。

 

朝食後、試しに西門町を歩いてみたら、

セブンイレブンとか24時間営業のマッサージ店以外、

ほとんどのお店が閉まっていました。

お店がオープンして街が賑わい出すのは

午前11時以降のようです。

 

営業している小さなカフェや食堂はメチャ混みで、

やはり、言葉がわからない日本人が一人で

行列に並べる状況ではなかった。。。

 

この旅行中、自分ひとりで食べる食事は4回だけなので、

台湾ナビなどのブログを参考に

あらかじめ食事するお店を決めていました。

(当日のレートは1元=3,8円)

 

1日目の夜は梁記嘉義鶏肉飯

2日目の昼は阿宗麵線

2日目の夜は建宏牛肉麵

3日目の昼は桃園空港のフードコート。

 

地元で人気の食堂「梁記嘉義鶏肉飯」

参考にしたのはこのブログ

場所はMRT「松江南京」駅徒歩5分くらい。

MRT「松江南京」駅から地上に出たら右方向に進む。

 

1つ目の路地「松江路90巷」と書かれたプレートの

矢印通り右折して直進すると、右手にお店の看板が見えてきます。

 

 

(店内の様子)

 

お店の入り口に立っている案内役の男性に「日本人です」と言うと、

日本語のメニューと注文票+ペンを渡して席に誘導してくれる

 

(わたしが注文した料理)

手前左:魯肉飯 35元

細かく刻んで甘辛く煮込んだ豚肉のミニどんぶり飯。

奥:ブロッコリーのニンニク炒め 50元

手前右:鶏肉と海藻のスープ 50元

 

3品合計135元(513円)は料理が運ばれてきたときに、

テーブルで会計しました。

ヘルシーで栄養バランスが良く、

これぞ台湾というお味で「メチャうまっ!」でした。

 

2日目の昼は大人気の阿宗麵線

(お店の場所は西門町の地図の真ん中右よりの④)

 

(このカウンターで注文し、お店の前で立ち食いです。

注文は「小椀」「中椀」「大椀」のどれかを指差すだけでOK!

 

(わたしが注文した大椀)

大で70元(266円)、小で55元(209円)

カツオだしを効かせたとろみのあるスープで

そうめんのような細い麺を煮込んだ料理(柔らかいモツ入り)。

やみつきになる美味しさです!

トッピングのパクチーが苦手な人は、

注文時に「パクチー抜きで」と言うと抜いてくれます。

 

(お店の前のスペースに設置されたセルフの調味料。

チリ、ガーリック、ビネガーの3種類)

 

2日目の夜は、

世界的ミシュランガイドのビブグルマンで紹介された

建宏牛肉麵

 

(24時間営業のお店は大勢のお客さんで賑わっていました。)

 

牛肉麺の写真を撮り忘れました。。。

こちらのブログそのままの料理です。

建宏牛肉麵

店員さんに日本語で注文しても通じます。

麺が運ばれてきたらテーブル会計。

牛肉麺(中)は100元(380円)

消費税を気にせず払えるのはスゴくラク!

 

柔らかい牛肉がこれでもかというほどゴロゴロ入ってて、

手打ちの太い麺はこしのあるうどんのようで食べ応えがあります。

おいしかった〜!

 

最終日の昼は桃園空港で。

 

わたしが乗る飛行機の搭乗口は「B8」でしたが、

フードコートは反対方向の「B4」にありました

 

まだ手元に残っていた台湾のお金をつかいました。

牛肉麺セット240元(912円)

(手前左:厚揚げとゆで卵入りの麺、手前右:牛肉の甘辛煮、

奥左:甘酸っぱい種ぬき梅、奥右:オクラのとろみあんかけ)

 

滞在中、いろいろと安くて美味しいものを食べられ満足です!

 

次回は温泉とマッサージの話です。

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その4:温泉とマッサージの話>

 

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その1:お金の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その2:ホテル(一楽園大飯店)の話>