成人した子どもたちを連れて故郷のお墓参りへ。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

秋分の日。

同居の老母、主人、20代の子どもたちをつれて、

福島県石川郡にある亡き父、そして父方と母方、

3カ所のお墓参りをしました。

 

父は生前、学法石川高校の住み込み用務員でした。

高台から「学法…」を眺められる墓地を気に入って購入し、

59才で亡くなってこのお墓に入ってから

今年で23回忌になります。

皆でお墓をキレイにし、お花とお線香をあげ、

新しい塔婆を立てました。

 

次に、住所もわからない山奥にある父方の先祖代々の 墓地へ。

わたしは子どもの頃によくお墓参りをしていたのですがうろ覚えで、

母の記憶を頼りになんとかたどり着きました。

主人と子どもたちを連れてきたのは初めてのことです。

 

昔、この墓地にはこんもりと土を盛っただけのお墓が点在していて、

「この盛り土は○○じいちゃんでこっちは○子、そのとなりは○○だ…」

と教える両親についてまわって順番にお線香をあげたものです。

 

今は立派な墓石がいくつも建てられていました。

 

わたし:

「これはわたしが大好きだった『わんかだげっちょ』の

巳之吉じいちゃんとばあちゃんのお墓。」

 

子ども:

「わんかだげっちょってどういう意味?」

 

わたし:

「巳之吉じいちゃんはわたしが子どもの頃、『わんかだげっちょ』、

つまり、わずかだけどって言って、

20円とか100円とかおこづかいをくれたのよ。

じいちゃんは何十組もの縁談をまとめた人だったらしい。」

 

子ども:

「ふ〜ん。お母さんとおんなじことやってたんだね。」

 

お墓の横にある墓碑名を見ながらしみじみと、

亡くなった伯父伯母やいとこの話をしました。

 

最後に、浅川町のお寺にある母方の先祖代々のお墓へ。

ここは自由につける釣鐘があり、

わたしの子どもたちは「鐘をついたことを覚えてる」と。。。

 

 

父の23回忌を機に、

普段なかなか行けない先祖代々のお墓めぐりをしましたが、

自分のルーツを子どもに自覚させ、

親が亡くなったときにどうするかを考えさせる

いい機会になったなあと思います。

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

誕生日

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

昨日は私の55歳の誕生日でした。

私を産んでくれた母と
日々支えてくれる主人、
良き人に育ってくれた
3人の子どもたちに感謝

人は結婚によって次代を繋いでいく。
「家族が幸せの源泉」
そんな思いを新たにしました。

これからも結婚希望者の願いを叶えるべく、

仕事に邁進していきたいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

母の傘寿のお祝い

おはようございます。シバタニです。

4月29日は母の80才のお誕生日でした。

私の妹弟家族も集まって、
傘寿のお祝いをしました。

母は来月勤務先を退職します。
元気に長生きしてほしいです。。

 

左から主人、娘、母、わたし。

 

 

 

 

 

失敗しようがやったほうがいい理由

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

この春、自由学園の最高学部を卒業し、

某企業に就職することが決まっている次男が

突然、春休みにイギリスに1週間行くと言い出しました。

 

 

中国東方航空のチケットをすでに買い、

自由学園卒業生のツテを頼って1人旅するそうです。

 

 

「どういう計画なの?」

「イギリス在住の◯◯さんに『春休みにおいで』と誘われたから…」

という行き当たりばったりのずさんな計画。

おカネはギリギリ。

海外に行ったこともないのに!?

と正直、ビックリしました。

 

「なにかあったら親が尻拭いしなきゃいけないのよ。

クレジットカードに海外旅行傷害保険がついてるか確認してね。

救援者費用がついてれば迎えに行けるから。」

 

「航空料金に含まれてるから大丈夫。」

 

「ああ、そう…」

 

 

 

 

一難去ってまた一難、じゃないけど。。

長男が会社を辞めて学校に入り直すと言い出しました。

もうすでに、某専門短大から入学に関する書類が届いています。

 

 

わたしは若い頃、フランスに半年ほど留学したことがあります。

その他、シンガポール、イタリア、スペイン、ソ連時代のモスクワ、上海などへの旅行経験もあります。

主人は若い頃、料理修行のためフランスに4年ほど滞在してました。

不法就労もやったみたいで、いろいろ苦労しています。

 

なので、主人もわたしもなにごとも経験だと思っています。

子どもがやりたいということに関しては、基本、反対しません。

援助できないときは援助もせず、自分の責任でやらせます。

 

主人とわたしの背中を見て育ってきたせいか、

ウチの子どもたちは、みんな行動が先です。

失敗しようとどんな結果になろうと、

やりたいことはストレートにやったほうがいいと思っているので、

できる限り応援していきます。

 

 

この調子で、、

ゆくゆくは結婚相手と孫の顔を見せてほしいなと思っていますが・・・。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

来年の抱負。たった1人の妹のこと。

おはようございます。シバタニです。

今年もあとわずかですね。。。

今朝、食堂テーブルの上に、わたしに宛てた母の手紙がありました。

わたしには2つ違いの妹と5つ違いの弟がいます。

3人兄弟です。

妹は離婚して、ウチの子と年齢の近い3人の子どもを育てています。

弟は1周り年下の妻と幼い2人の子をもうけ

円満な家庭生活を送っています。

 

………………

 

わたしは強い性格、妹はわたしの言動に対して我慢する性格です。

母の手紙には、仲違いした3つのターニングポイントが書かれていました。

・父が亡くなったときのこと。

・妹が子育てに悩んでどうしようもなくなったときのこと。

・そもそもわたしが妹を見下していること。

 

わたしにとっては記憶があるようでないようなことも。。

ただ、事実はわたしと妹が決定的に疎遠だということ。

 

母の長い長い手紙には、一枚一枚大きく×がつけられていました。

わたしと同居している母。

わたしの主人と子どもたちに大切にされている母。

 

母はわたしにこの手紙を渡そうかどうしようか、

悩んで悩み抜いた様子が手にとるようにわかりました。

 

普段、えらそうなことを言っているわたしですが…

実は、妹と母をこんなにも深く傷つけている残酷な人間なんです。

 

来年の抱負。

「母の願いを叶えます。

78歳の母が生きているうちに、妹との長年の確執を解決します。」