【動画】彼女ともっと親密になる方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

彼女ともっと親密になる方法(5分)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

28才男性会社員の結婚が決まりました!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

昨年5月にわたしの結婚相談所に入会した28才の男性が、

入会から1年5ヶ月で、

3才年下の女性との結婚を決めました!

 

彼は関西でトップクラスの大学(〜大学院)を卒業後上京し、

大手外資系コンサルティングファームに就職。

その後、国内のファームからお誘いがあり転職、

そこからさらに条件が良い外資系企業に転職するなど非常に有能。

性格は明るくて親しみやすく、

コミュニケーション能力抜群の男性です。

 

20代の若さで自ら仲人型の結婚相談所に入会する男性は少ないので、

彼に入会の動機について聞いたことがありました。

 

「私の職場には30過ぎた独身の先輩が多いんですよ。

私はああはなりたくない、早く結婚したい。

かといって仕事が多忙なので、

婚活を手伝ってもらえる仲人さんにお願いすることが

一番の近道かと思いまして…」

 

確かにこの1年5ヶ月の間、

超多忙な職場で仕事をしながら転職活動のち転職、

転居、退社後に英語スクールに通うようになるなど、

彼の生活はめまぐるしく変化しました。

 

その中での婚活は時間的にも精神的にもたいへんだったと思います。

 

婚活スタートから1年後に

かけがえのない彼女を見つけ、

すれ違いがちな交際の中で粘り強く信頼関係を築き、

最終的に結婚が決まってほんとうによかったです!

 

お二人の末永いお幸せを願っております。。。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その4:温泉とマッサージの話>

おはようございます。シバタニです。

その4で台湾旅行記を終わりにしたいと思います。

 

 

今回の旅の目的は吉方位に行って大地のパワーを吸収し、

自分の運気を上げることです。

なので、2日目のフリータイムには温泉に行くことを決めてました。

場所はこのブログで紹介されている「北投」。

台北から電車のMRTに乗ればカンタンに行ける温泉街です。

(ちなみにブログで紹介されている「百樂匯溫泉飯店」は

現在閉鎖されているようです)

 

 

(MRT「新北投」駅から外に出たところ)

 

「温泉街」へ行くには駅を出て右方向の交差点を左折し、

公園に沿って坂道を上るだけ。

 

わたしが日帰り入浴で利用した温浴施設は2軒。

(タオルを2本持っていったほうがいいです)

 

1)熱海大飯店(白温泉:弱酸性単純泉)入浴料300元(1,140円)

2)瀧乃湯(青温泉:強酸性硫鉱泉)入浴料150元(570円)

 

*どちらも駅から徒歩5分圏内です。(1元=3,8円で計算)

 

熱海大飯店

公園に沿って坂道を上っていくと(「瀧乃湯」を通り過ぎる)

熱海大飯店がすぐに見つかります。

 

 

正面入り口から入って、フロントのスタッフに、

「こんにちは。日帰り温泉に入れますか?」

と日本語で話しかけたら「大丈夫」とのこと。

料金を払ってチケットを受け取り、階段で地下2階にある温泉へ。

 

温泉の受付係は日本語が全くわからず、

身振り手振りで案内してくれました。

 

フロント横の鍵付きロッカーに荷物を入れ、タオルを持って、

休憩スペースのトイレで用を済ませてから大浴場へ。

 

靴を脱いで靴箱に入れ、更衣室で服を脱ぎ、

ゴツゴツとした玉砂利でできた浴槽脇で

備え付けのシャンプーとボディソープで身体を洗ってから入浴。

 

40〜43℃の弱酸性単純泉は掛け流しで、

日本の温泉と変わらない気持ちよさ。。。

平日の午後、利用客はわたしの他に2〜3人しかいませんでしたが、

みんなストロー付きのドリンクを大浴場に持ち込んでいました。

 

 

瀧乃湯

新北投駅と熱海大飯店の中間地点にある「瀧乃湯」。

 

「瀧乃湯」の庭には、大正12年4月に

皇太子殿下(昭和天皇)が立ち寄られたことを記念する

石碑がありました。

 

さて、フロントで料金を払って中に入ると、

鍵付きのロッカールームは着替える人で大混雑!

大浴場の定員は30名と書かれていましたが、

たぶん満員御礼の状態でした。

 

大浴場には「低温」と「高温」2つの浴槽があり、

浴槽の奥にたくさんのプラスチックの椅子が置かれ、

一見、温泉に浸かっている人より

椅子に腰掛けて休む人の方が多かったです。

トイレは大浴場にあります。

 

ここは熱海大飯店とはちがい、

シャンプーとボディソープなどはありませんが、

簡易なパウダースペースに、

大きな鏡と無料のドライヤーが設置されていました。

 

さて、掛け湯をして入浴しようとしたら

「低温」は人がいっぱいで入れず、

意を決して「高温」に入りました。

熱いっ!!!!!

心臓はバクバク、、、

お湯が目に入ったとたん、ビリビリとスゴい刺激があり、

思わず浴槽から上がってシャワーで目を洗いました。

 

これで椅子に腰掛けて休んでいる人が多い

理由がわかりました。

その後、「低温」「高温」交互に入って、

刺激的な温泉を堪能しました。

 

温泉であったまったあとは初めての「台湾マッサージ」へ。

 

ホテルに置いてあった「台湾ナビマガジン」に載っていた

「大台北養生館」のクーポンをつかうことにしました。

 

18時までのタイムセール

特価699元(2,656円)←定価999元(約3,800円)

足裏30分+全身30分+肩首マッサージ+足湯=90分。

 

「大台北養生館」では30代とおぼしき

清潔感のある男性が担当してくれました。

①更衣室でステテコに履き替える。

②リクライニングチェアに座り、お茶を飲みながら、

ピンク色のお湯が入った足湯器で足湯5分。

②蒸しバスタオルで足を包み、片足ずつ念入りにオイルマッサージ。

足裏の痛い箇所で身体の弱っている部分がわかるそう。

わたしは「心臓」「耳」「脳」とのこと。

確かに、一人で外国をうろうろしてたら弱りそうなところです。

③いくつかのベッドが置いてある3階に移動

(2階のベッドはお客さんで満室)

うつ伏せになり全身マッサージ。

④1階に降りてお茶を飲んで、ステテコを返却しておしまい!

 

台湾のマッサージは安くて丁寧で最高です!!

温浴+マッサージの効果で、身体が信じられないほどほぐれました。

 

<まとめ>

数年前に1人で上海を旅行したことがありますが、

緊張感が半端なかったことを覚えています。。。

ひとりで海外旅行をするなら日本人にやさしい台湾がおすすめです。

 

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その1:お金の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その2:ホテル(一楽園大飯店)の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その3:ホテルの朝食とB級グルメの話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その3:ホテルの朝食とB級グルメの話>

おはようございます。シバタニです。

台湾2泊3日のツアーにはホテルの朝食がついていました。

ワンテルホテル(一楽園大飯店)のロビー。

ヴィーナス像の奥が朝食会場のレストラン

 

朝食は好きなものを好きなだけ食べられるバイキング。

料理名のプレートには日本語もあります。

 

(2日目のわたしの朝食)

 

バイキング会場に並んでいたものは。。。

「おかゆ」「おかゆ用惣菜6種」「白飯」

「日替わりスープ」「日替わり炒め物2〜3種」

「日替わり揚げ物」「日替わりフルーツ」

「食パン」「コーヒー」「ホットミルク」「お茶」「ジュース」など。

 

土地勘がまったくない場所へのひとりツアーに

朝食がついているのはホントありがたいです。

 

朝食後、試しに西門町を歩いてみたら、

セブンイレブンとか24時間営業のマッサージ店以外、

ほとんどのお店が閉まっていました。

お店がオープンして街が賑わい出すのは

午前11時以降のようです。

 

営業している小さなカフェや食堂はメチャ混みで、

やはり、言葉がわからない日本人が一人で

行列に並べる状況ではなかった。。。

 

この旅行中、自分ひとりで食べる食事は4回だけなので、

台湾ナビなどのブログを参考に

あらかじめ食事するお店を決めていました。

(当日のレートは1元=3,8円)

 

1日目の夜は梁記嘉義鶏肉飯

2日目の昼は阿宗麵線

2日目の夜は建宏牛肉麵

3日目の昼は桃園空港のフードコート。

 

地元で人気の食堂「梁記嘉義鶏肉飯」

参考にしたのはこのブログ

場所はMRT「松江南京」駅徒歩5分くらい。

MRT「松江南京」駅から地上に出たら右方向に進む。

 

1つ目の路地「松江路90巷」と書かれたプレートの

矢印通り右折して直進すると、右手にお店の看板が見えてきます。

 

 

(店内の様子)

 

お店の入り口に立っている案内役の男性に「日本人です」と言うと、

日本語のメニューと注文票+ペンを渡して席に誘導してくれる

 

(わたしが注文した料理)

手前左:魯肉飯 35元

細かく刻んで甘辛く煮込んだ豚肉のミニどんぶり飯。

奥:ブロッコリーのニンニク炒め 50元

手前右:鶏肉と海藻のスープ 50元

 

3品合計135元(513円)は料理が運ばれてきたときに、

テーブルで会計しました。

ヘルシーで栄養バランスが良く、

これぞ台湾というお味で「メチャうまっ!」でした。

 

2日目の昼は大人気の阿宗麵線

(お店の場所は西門町の地図の真ん中右よりの④)

 

(このカウンターで注文し、お店の前で立ち食いです。

注文は「小椀」「中椀」「大椀」のどれかを指差すだけでOK!

 

(わたしが注文した大椀)

大で70元(266円)、小で55元(209円)

カツオだしを効かせたとろみのあるスープで

そうめんのような細い麺を煮込んだ料理(柔らかいモツ入り)。

やみつきになる美味しさです!

トッピングのパクチーが苦手な人は、

注文時に「パクチー抜きで」と言うと抜いてくれます。

 

(お店の前のスペースに設置されたセルフの調味料。

チリ、ガーリック、ビネガーの3種類)

 

2日目の夜は、

世界的ミシュランガイドのビブグルマンで紹介された

建宏牛肉麵

 

(24時間営業のお店は大勢のお客さんで賑わっていました。)

 

牛肉麺の写真を撮り忘れました。。。

こちらのブログそのままの料理です。

建宏牛肉麵

店員さんに日本語で注文しても通じます。

麺が運ばれてきたらテーブル会計。

牛肉麺(中)は100元(380円)

消費税を気にせず払えるのはスゴくラク!

 

柔らかい牛肉がこれでもかというほどゴロゴロ入ってて、

手打ちの太い麺はこしのあるうどんのようで食べ応えがあります。

おいしかった〜!

 

最終日の昼は桃園空港で。

 

わたしが乗る飛行機の搭乗口は「B8」でしたが、

フードコートは反対方向の「B4」にありました

 

まだ手元に残っていた台湾のお金をつかいました。

牛肉麺セット240元(912円)

(手前左:厚揚げとゆで卵入りの麺、手前右:牛肉の甘辛煮、

奥左:甘酸っぱい種ぬき梅、奥右:オクラのとろみあんかけ)

 

滞在中、いろいろと安くて美味しいものを食べられ満足です!

 

次回は温泉とマッサージの話です。

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その4:温泉とマッサージの話>

 

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その1:お金の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その2:ホテル(一楽園大飯店)の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その2:ホテル(一楽園大飯店)の話>

おはようございます。シバタニです。

2泊3日の台湾ひとりツアーで旅行会社から指定されたホテルは

「一楽園大飯店(ワンテルホテル)」です。

場所は「台湾の原宿、渋谷」と称される活気ある街、西門町にあります。

ホテルの正面玄関を出て右方向に進み、4つ目の交差点を左折すると

MRT西門駅に行けるので1人歩きには絶好の場所!

旅行会社に感謝です‼︎

 

ちなみに、西門町は「シーメンディン」と読むそうですが、

台湾の漢字は日本人でも見当がつきやすし、

そこらじゅうに日本語表記があるので、

中国語がわからなくても困ることはほぼないと思います。

 

(一楽園大飯店(ワンテルホテル)のロビー)

 

 

このホテルは日本人の宿泊客が多いので、

フロントのスタッフに日本語で話しかけても大丈夫です。

日本語ペラペラの人とカタコトの人が交代で勤務していますが、

なんとか通じます。

 

(わたしが泊まった部屋。清潔です)

 

(机の引き出しに、Wi-Fiのパスワードや注意書き等の案内(日本語)あり)

 

(備え付けのスリッパ。パジャマは置いてないので要持参です)

 

 

(バス&トイレルーム)

 

 

(タオル、バスタオル、ドライヤーあり)

 

(トイレに貼ってある注意書き。

グーグル翻訳アプリで翻訳すると↓)

「トイレに何も投げ込まないでください。」

で、便器の横に大きなゴミ箱があります。

デカデカと書いてあるので、

使用済みのペーパーはゴミ箱に入れてましたが、、、

 

空港や駅のトイレにはこんなプレートが貼ってあります↓

翻訳すると↓

台湾ではもともと使用済みのトイレットペーパーは

大きなゴミ箱に捨てる習慣があり、

今でもその習慣は残っているので

観光客としては迷うところですが、

トイレットペーパーは便器に流すことが奨励されています。

間違って流しても、

ペーパーを便器から拾ってゴミ箱に入れなくても大丈夫です

(実際わたしがやりました)。。。

 

 

 

(石鹸、シャンプー、ボディーソープ、歯磨きセットあり)

 

(シャンプーとボディーソープ。

台湾の人はコンディショナーを使わないらしいです)

 

(練り歯磨きはキャップの尖った部分で穴を開けてから使う)

 

(冷蔵庫の上にミネラルウォーター、ティーバッグ(烏龍茶とジャスミンティー)

と空のポットあり。)

 

*水道の蛇口から出る水は飲めないと説明されたので、

歯磨きのときにもミネラルウォーターをつかいました。

 

(ホテルの廊下に、日本語の説明文付きの

セルフサービスの給湯器が設置されています。

部屋からポットを持ってきてここでお湯をくみ、

部屋でお茶を淹れました。)

 

 

部屋のテレビはケーブルTVになっているので

電源ボタンを押しただけでは映りません。

 

まずは、リモコン右上の「TV」ボタンを押します。

次に、テレビの上に乗っているチューナーに向けて、

リモコン左上の「MOD」を押すとテレビが映ります。

 

リモコン3列目の「節目表(番組表)」のボタンを押して選局します。

日本のドラマやアニメのチャンネルもあります。

 

 

次回は「一楽園大飯店(ワンテルホテル)」の朝食と

わたしが食べたB級グルメについてご紹介したいと思います。

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その3:ホテルの朝食とB級グルメの話>

 

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その1:お金の話> 

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その4:温泉とマッサージの話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その1:お金の話>

 

こんにちは。シバタニです。

先日、方位取りのため2泊3日で台湾温泉旅行に行ってきました。

 

「台湾は日本語が通じるから大丈夫よ〜」と噂には聞いていましたが、

なにが大丈夫なのか実際に行ってみなければわからないですよね。

なので、行くと決めた当初はけっこう不安でした。

 

まずはツアーを選ぶ基準

 

1人参加可能で自由度が高い格安ツアー(1人で温泉に行きたい)

成田空港からの出発は日中(身体の負担を少なく)

空港からホテルまで現地スタッフの往復送迎付き

(方向音痴なので迷うのが心配なのと現地情報がほしいので)

 

で見つけたのはこのツアー。

 

[ツアー名]
★彡午前出発&夜帰着★彡人気のキャセイパシフィック航空で行く 西門町近くの一楽園大飯店指定 台北2泊3日 往復送迎&朝食2回付♪子供割引あり♪《燃油代込》
[期間]3日間
[航空会社]キャセイパシフィック航空(香港のフラッグキャリア)
[ホテル]ワンテル・ホテル(一楽園大飯店)
[旅行代金】 39,800円(燃油サーチャージ含)

他にかかる費用は、

【一人部屋追加料金】9,000円(2泊分)
【成田空港施設使用料】2,610円 +現地空港税2,000円が必要

ということで、旅行会社に支払った代金は¥53,410。

 

【日程表】
*時差は1時間:東京14時→台北13時。
スマホに表示される時刻は自動的に切り替わります。
<1日目 >
成田発、空路台北へ。
キャセイパシフィック航空(機内食あり)
東京(成田)(10:00発) ⇒ 台北(桃園)(12:45着)
到着後、ホテルへご案内。
<2日目 >
朝食はホテルのレストランでバイキング。
終日フリー
<3日目 >
朝食はホテルのレストランでバイキング。
ホテルチェックアウト後、民芸品店に立ち寄り空港へ。
台北発、空路成田へ。
                                
キャセイパシフィック航空(機内食あり)
  台北(桃園)(16:15発) ⇒ 東京(成田)(20:35着)
(キャセイパシフィック航空・1日目の機内食・
メインはソーセージとスクランブルエッグ)

 

ひとりで台湾に行くなら絶対にWi-Fiが必要と思い、

Wi-Fiルーターのレンタル料金を調べました。

 

まずはCMで認知度が高い○○トのWi-Fiと

カード会社経由で「おトク」なWi-Fiを調べたところ、、、

4G /に安心補償スタンダード をつけた料金が4000円前後。

 

これは高いんじゃないかと思ってネットサーフィン。

で、ギガ制限なしの「台湾データ」を見つけ料金を算出すると、

3日で2,370円。安っ‼︎

早速申し込もうとしたら、わたしが出発する日は予約でいっぱい・・・。

 

次に「フォートラベルGLOBAL WiFi」という会社を見つけ、、、

4G LTE(モバイルバッテリー+安心保証付き)3日で合計2,220円。

即、申し込みました!

結局最安値で契約でき、

台北でもストレスフリーでサクサク動いたので、

超おトクだと思います。

 

(便利なスキミング防止機能付きパスポートケース)

 

(パスポートケースを開けたところ。

nanacoカードの場所にクレジットカードを入れ、

内ポケットにパスポート、白い紙は航空チケット)

さて、台北滞在費ですが、、

台湾に着いてから空港内の銀行窓口で

とりあえず1万円両替しました。

1万円=2,650元。

つまり1元=約3,8円です。

(1万円を両替したら2,650元)

 

 

自分ひとりで食べる食事は4回だけ。

(1日目夜、2日目昼夜、3日目昼)

わたしはチープにB級グルメで済ませ、

電車のMRTの駅の窓口で

悠々カード(日本のsuicaと同じ)を買って200元チャージ。

電車移動とコンビニでの買い物につかい、

滞在中なんだかんだでちょうど1万円使い切りました。

 

(最終的に残った小銭は13元)

 

 

 

(悠々カード。2泊3日の滞在なら200元チャージで十分)

 

 

日本に帰る前に悠々カードに52元残っていたので、

ホテル近くのセブンイレブンでチョコレートを買って

ほぼ使い切りました。

 

ちなみに、初めて台湾に女ひとりで(自由行動で)行く場合は、

空港からホテルまで現地スタッフの往復送迎付きは必須だと思います。

 

往路は6人の日本人女性観光客(わたしの他に2人組みと3人組)が

迎えのワンボックスカーに乗り込みました。

往路では台湾滞在で注意すべき点について話があり、

例えば、「トイレにはなにも流せない」「MRT車内では飲食禁止」等。

復路では空港の発券機で航空券を発券してくれました。

 

話し言葉が聞き取れない外国では

小さなことでまごつくことが多いので、

現地スタッフのアドバイスは非常に助かりました。

 

また、大きなスーツケースをもたず、

手荷物サイズのキャリーケースを持って旅行すると

空港で荷物を預ける手間がはぶけ、

時間短縮になるのでおすすめです。

 

 

次回は「ワンテル・ホテル(一楽園大飯店)」での

滞在についてご紹介したいと思います。

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その2:ホテル(一楽園大飯店)の話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その3:ホテルの朝食とB級グルメの話>

50代女、はじめての台湾ひとりツアー<その4:温泉とマッサージの話>

【動画】お見合いの立会いとは?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

お見合いの立会いとは?(4分10秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

【動画】判断に迷ったとき・・

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

判断に迷ったとき・・(2分30秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

【動画】自分を守るために家族をつくる

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

自分を守るために家族をつくる(2分17秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

【動画】自信をつけるための考え方

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

 

自信をつけるための考え方(2分53秒)

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら