【動画】日本でも社内恋愛が禁止になったら・・

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

個別相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

多数の人種、民族、文化、宗教、思想を持つ人々が集まっているアメリカ。

・その中でビジネスを行う企業はつねに公平性を維持しなくてはならない。

・あらゆる面において、差別をするということは絶対に許されない。

そのため、企業の多くが「社内恋愛」を禁止しているそうです。

社内恋愛に限らず、組織においてしかるべき権限を持つ立場にある人が

部下と“親密な”関係になった場合、

人事考課や業務の割り振りなどにおいて「えこひいき」が起こる

(少なくとも、そう疑われてしまう)可能性が出てきてしまうから

主に上司と部下の間で親密な関係になりすぎること自体、

あまり好ましく思われていないそうです。

「社内恋愛」を徹底排除するアメリカの事情

 

もしも、「社内恋愛禁止」が日本の企業にも広がったら、

結婚できない人たちはさらに増えてしまうでしょう。

 

理由は、内閣府の「平成22年度結婚・家族形成に関する調査報告書」

のアンケート「現在の配偶者・恋人と知り合いになったきっかけ」について

の回答にはっきりと見てとれます。

 

1位「職場や仕事の関係」が 24.5%、

2位「学校」が 17.4%、

3位「友人や兄弟を通じて」が 17.0%

4位「インターネット」をきっかけとする人は、男性が 10.0%、女性が 9.6%。なかでも 30 代男性「恋人あり」の「都市」において 18.2%と最も高い。

 

かく言うわたしも職場結婚ですが…

回答者の4分の1が職場や仕事関係でパートナーと知り合ってるんですね。

 

職場や仕事の関係者なら、話しかけようと思えば話しかけられるし、

「お昼ごはん一緒に食べに行こう」とか、

「残業の帰りに一杯飲みに…」とか、

自然な流れで誘うチャンスをつくろうと思えばつくれますよね。

その人がどこに住んでて、出身はどこで、最終学歴は、親兄弟は、趣味は…

などの個人情報も、聞くともなく把握できたりするわけです。

 

なので、社内恋愛が禁止という風潮になってしまったら、

学生時代に恋愛に励めるよう大人が環境づくりをするとか、

紹介を頼めるような交友関係を広げるとか、、

また、人付き合いにそれほど積極的でない独身者は、

今以上にインターネットでの出会いに可能性を求めるようになるかも。。

 

ですが、出会い系サイトや婚活サイト、

大手の結婚相手紹介サービスや、

ネットで申し込んで参加する婚活パーティーなどに参加すれば

理想の結婚相手が見つかるかといったら、、、

そんな甘いものではありません。

 

インターネットで相手探しにチャレンジするのは

わるいことではないと思いますが、

登録者、参加者はしょせん見ず知らずの人なので注意が必要です。

 

いつでも相談にのってくれる人にサポートを依頼し、

婚活から結婚まで安全に導いてもらったほうがいいように思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

個別相談の予約カレンダーはこちら

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』