どの業界に行きたいの?(就活用の写真)

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

先日、大学4年の娘をつれて、

ふだんわたしが婚活写真の撮影をお願いしているスタジオに行きました。

就活用の写真を撮ってもらうためです。

 

でまず娘がカメラマンに聞かれたことはこれ。

 

「どの業界に行きたいの?」

 

娘はわたしの顔をチラチラ見ながらモジモジしていました。

わたしには聞かれたくないようでした。

 

「どこだってお母さん反対しないから大丈夫よ。

やりたいことに挑戦すればいい。」

 

と言うと、娘はオズオズと答えました。

 

「あ、はい。◯◯系で。。」

「わかりました!」

 

娘はプロのヘアメイクさんにメイクしてもらい、

撮影に臨みました。

 

撮影後、仕上がった何十枚もの写真の中から

1枚だけ選ぶ作業があります。

 

「歯を見せた満面の笑顔の写真は、美容か販売系。

まじめで地味な印象の写真は、公務員とか金融系・・・。」

 

写真を差しながら説明するカメラマンのことばには

説得力がありました。

 

カメラマンが選んだ写真は「なんでこれがいいの?」と思うような写真。

娘がいいと思った自分の顔とわたしがいいと思った写真もちがっていて、

スゴくおもしろかったです。

 

今回、就活用と婚活用の写真はハッキリちがうこと、

また、就活は業界によって印象を変える必要があることや、

第三者が選ぶ就活写真は本人が選ぶものとちがう、

ってこともわかりました。

 

最近メイクをはじめたばかりの娘の顔は、

色とりどりでやりすぎ感がありました。

 

が、この日を境に上品でナチュラルなメイクに変化しました。

センスあるプロに教えてもらうとこんなにちがうんだ、

と驚くばかりです!

 

たかがプロフィール写真とあなどるなかれ。

目的を達成するためには顔写真が重要だということを

あらためて学びました。

 

プロの親身なアドバイスで人生がかわる。。

あなたにもなにかの折に思い出していただければ幸いです。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら