【動画】イベント系婚活パーティーをおすすめしない理由

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

うまくいかない婚活の原因「プライド」

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

婚活から結婚に至るまでには5つのステップがあります。

個人差はもちろんありますが、

最初の2ステップは比較的カンタンにクリアできると思います。

 

①出会いの場に行く

②お見合いする

 

むずかしいのはこの後の3ステップです。

 

 

③交際する

④婚約する

⑤結婚する

 

仲人としての醍醐味は②のお見合いから⑤のゴールインまで

いかに上手に後押しするかにあります。

 

いろいろな人の結婚のお世話をしていて、

中でも手がかかると感じることが多いのは、

アラフォー以上の年令の女性と、

親御さんが婚活の主導権を握ってる息子さんです。

 

女性はお相手をひたすら観察する傾向があり、

男性はとにかく受け身の傾向があります。

どちらもプライドが高く、動きは鈍いです。

(あくまで傾向です。人によります。。)

 

「プライドがじゃまをする」

とはよく言ったものだなあと思うこと多々あります。

 

動けない原因の1番は「相手から断られたら自分が傷つくこと」

を恐れてるからかもしれません。

お断りは織り込み済みとして行動してほしいんですよね。

 

また、お見合いを申し込まれた時に、

理想の人じゃないからって、

カンタンに断ってしまわれますが、

まずは会ってみて、

相性が合うのか合わないのかハッキリしなかったら、

仲良くなれるような努力をしてみてほしいんですよね。

 

 

お見合いの場で出会えた人とのご縁を

自らつなぐ努力をやってるうちに、

あなたにピッタリの人がわかる瞬間がくるかもしれません。

 

口下手でパッとしない人ほど、

一緒に生活したらラクかもしれませんよ。

結婚って生活そのものなんですから。。

 

プライドを捨てて素直になりましょう。

素直な人は愛されます。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

相手の心をあなたに引きつける最強の方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

先日、40代後半の男性から問合せがありました。

「会員はどのくらいいるんですか?

何万人とか宣伝してる相談所ありますけど…」

 

確かにコレって、

婚活を始めようと思った 人が

まず思いつく質問ですね。

 

わたしが加盟してる日本仲人協会の会員は

全国で1万人ほどです。

女性はその半数の5千人ほど。

「その5千人の女性の中で、

あなたが選ぶのはどんな女性でしょう?」

「お相手の女性の年令は何才くらいがお好みですか?」

あなたの答えに水を指すようで恐縮ですが、

お見合い結婚するためには、

あなたが希望する女性から

選ばれなければいけないということを

頭の片隅に置いてほしいんです。

意中の人から選ばれる自信、ありますか?

 

 

 

なかなかスムーズに交際が運ばない

30代半ばのA子さんに、

「あなたなら、おカネを持ってる40代男性は

喜んでお見合いするのにな。」

と言ってみたことがあります。

 

すると彼女はこう言いました。

「私は同年代がいいです。

40代後半で独身って、、なんだかいやです。」

 

ですが、

30才のB子さんは43才の彼と、

32才のC子さんも40才の彼と、

42才のD子さんは44才の彼と、

ゴールインしました。

 

「お見合いする」って、

頭で考えるとカンタンなことのようですが、

「相手から選ばれるかどうか」

が大きなポイントになるので、

理想の相手とのマッチングって、、、

思い通りにはいかないことが多いです。

 

 

女性会員が何千人いようと

それぞれ好みがあるので、

あなたが会える人はほんの一握りなんです。

そのわずかな人をスルーせずにお見合いし、

あなたを選んでくれるたった1人の人を

ちゃんと捕まえることができれば結婚できます。

 

 

あなたが選ばれるためには、

相手の心をあなたに引きつけることが必要です。

そのためにどうすればいいのか・・・

例えばこんな状況を想像してください。

 

ある土曜日、あなたはお見合いのため、

先方から指定されたシティホテルのラウンジに行きました。

相手は8才年下で、写真ではスゴくキレイな女性。

 

あなたは前の晩、深夜まで同僚と飲んでいて、

朝なかなか起きられず、

待ち合わせ時間ギリギリに到着!

服装はポロシャツにチノパンです。

(スーツ着てカッコつけるのってダサくね。。)

と自己弁護。

 

待合わせ場所で待ってた彼女は、

写真に映ってた白いワンピース姿。

(だけど、顔は別人じゃね!?)

と思った途端に、あなたの顔はこわばります。

彼女もあなたのクサい体臭が鼻につき、

2人ともテンションは急降下。

会話は当然弾みません。

お互いに「また会いたい」なんてつゆほども思わず、

お見合いは30分で終了!

 

 

 

でも、もしもあなたが・・・

同じラウンジで同じ彼女と

こんな状況をつくったらどうでしょうか?

 

身体にピッタリ合ったスーツ姿で、

ヘアスタイルもビシッと決め、

微かにコロンの香りを身にまとわせて、

待合わせ時間の30分前に到着します。

 

そして、彼女の印象が写真とは多少違ってたとしても

動じずに、

爽やかな笑顔で丁寧にあいさつしたら。。

なごやかな雰囲気で会話も弾むでしょう。

 

で、「あなたにまた会いたい」

と思ってもらえる確率は高くなります。

 

というように、

お見合いする人は同じでも、

あなたの心構えと態度しだいで、

真逆の結果になることがあるんです。

 

相手の表情はあなたの鏡です。

あなたが笑顔なら相手も笑顔。

あなたが仏頂面なら相手も嫌悪感を隠さないかも。

 

相手の心を引きつける最強の方法とは、

爽やかな笑顔です。

 

あなたがお見合いで相手に嫌われないために、

心のこもった爽やかな笑顔の練習をしてほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの結婚相手はだれ?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

40代後半のAさんが結婚相手に望む譲れない条件は

「子どもを産めること」でした。

 

出産適齢期の34才以下の女性はどストライク!

妥協しても30代でなければお見合いしないという方針です。

 

一般的な話。。

30代の女性が40代後半の男性と

お見合いするかといったら・・・

ずば抜けた高条件と

「キセキの1枚」たるお見合い写真がないと

ムリだと思います。

 

Aさんは裕福な家庭に育ち、

高学歴、高身長、1部上場企業勤務と

条件は申し分なかったので

お見合いは難なく組めました。

 

特に40代の高学歴女性からの人気は絶大でした。

が、Aさんは40代女性は全く眼中にありません。

積極的に30代女性に申し込み、

お見合いをこなしました。

 

しかし、若くて可愛らしい女性と交際に入っても、

Aさんが前のめりになると、なぜかお相手は引き、

うまくいきませんでした。

 

で、傷心の日々が続いてたところに、

B子さんが現れました。

 

B子さんはギリギリ30代です。

取り立ててどうということもない女性だったようで、

Aさんは彼女と交際しながら、

同時に他の人ともお見合いしました。

 

「浮気?」

 

いえいえ、浮気とはちがいます!

「この人でいいのか」迷ったとき、

さらにいろいろなタイプの異性に会って

比較するのはアリだと思います。

 

結婚によってあなたの人生は大きく変わるんです。

婚活ってそういうものだと割り切ったほうがいい。

心に引っかかりを持ったまま、

ズルズルと結婚しちゃいけないと思います。

 

 

B子さんとの交際が4ヶ月を過ぎたとき、

Aさんはこんなことを言いました。

 

「彼女は一緒にいてラクな人です。だけど迷ってます。」

 

迷ってた理由は子どもができるかってこと。

 

B子さんとの交際のタイムリミットが近づいてきたので、

先日、Aさんに電話をくださいとメールしました。

 

Aさんの気持ち、B子さんの気持ち、Aさんのお父さんの顔・・

わたしの頭の中をいろいろな思いが駆け巡っているときに、

電話がなりました。

 

ドキドキ。。

 

「B子さんと結婚することに決めました。彼女もOKです‼︎

2人の両親にあいさつに行って大どんでん返しがない限り、ですけどね。」

 

「待ってました、その言葉!!」

 

Aさんのお世話をはじめてからそろそろ1年です。

彼の肩の荷をおろしてあげられてホッとしています。

 

さて、次はあなたの番かも。

あなたの結婚相手はだれでしょう?

Aさんのように思いもかけなかった人かもしれませんよ。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

 

 

婚活に正解はない

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

もうすぐ7月・・今年ももう半分終わってしまいますね。

仕事や生活スタイルによって感じ方はちがうと思うけど、、

今の世の中、時間の流れがスゴく速いと思いませんか?

 

「いい人がいたら結婚したい」

なんてボンヤリ考えていても時間は止められません。

いつまでも若いままではいられません。

女性で言えば、出産にはタイムリミットがあるし、

アラフォー(40才前後)の婚活はアラサー(30才前後)に比べて、

マッチングが何倍もむずかしくなります。

 

時間はリスクです!

 

「結婚したい」と思ったら、

即、婚活に踏み出すことをおすすめします。

 

というところで、

今日は「プロフィール」についてお話したいと思います。

 

婚活と言っても方法はいろいろありますね。

合コン、婚活サイト、婚活パーティーなどなど。

 

中でも、結婚相談所で1対1でお見合いする場合は、

「写真」「年令」「年収」「学歴」「職業」「地域」などの

条件が盛り込まれた「プロフィール」を見て

実際に会うかどうかを決めるので、

「プロフィール」は最も重要なものだと思っておいてください。

内容は正確で、かつ異性の注意を引くような工夫が必要です。

 

さて、結婚希望者のプロフィールは人気度によって、

「人気者」「ふつう」「不人気」というABCランクにわかれます。

 

構成比はこんな感じ。

「人気者」20%=お見合いが組みやすい。

「ふつう」60%=がんばればお見合いが組める。

「不人気」20%=今のままでは・・・。

 

自分の条件は「ふつう」〜「不人気」のほうなんじゃないかと感じたら、

「自己PR欄」に書く内容で挽回しましょう。

 

例えば。。

高年収ではない男性なら、

「持ち家なので住居負担がない」

「家一軒買えるくらいの貯金がある」

「今年は副業収入が見込める」

 

ぽっちゃり体型なら、

「ダイエットがんばっています。写真より痩せています。」

 

1人親家庭で親御さんと同居なら、

「母(父)は結婚のために家を出ることに賛成してくれています。」

 

料理が苦手で食べ歩きが趣味の女性なら、

「旦那さまに美味しい手料理を食べてもらうため、

母から料理を教わっています。」

などなど。。

 

・・・ただし、「自己PR欄」に書いた内容は忘れないでくださいね。

 

「ダイエットがんばっています。写真より痩せています。」

と書いてあるのに、

お見合いで男性にケーキセットを勧められて、

「では、お言葉に甘えて・・」

って注文しちゃダメですよ!

 

あなたの条件によってお見合いの組みやすさの傾向は決まりますが、

条件がよければ全員結婚できるかと言ったら、

そこは全くあたりません。

 

実際、本人が思ってもみなかったような組み合わせのカップルが

誕生することだってあります。

 

婚活に正解はありません。

あなたの努力と行動力でその答えを導きだしてくださいね。

 

 

 

もし今あなたが、

やるべきこと考えることが多すぎて、

心が折れそうな状況なら…

こちらをチェックしてくださいね。

 

シバタニの無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

【動画】7月、大阪で婚活無料相談会をやります!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

【7月大阪出張のお知らせ】悩みはあなたを成長させ・・・

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

「この人だ。」

「お嫁さんが来た。」

A子さんとBさんはお見合いでお互いを一目見て、

そう思ったそうです(2人とも40代です)。

 

何人も何人もお見合いしても

「ピンとくる」ってどういうことかわからずに

悩んでいたA子さんは、

Bさんに出会って、やっと腑に落ちたと言いました。

 

婚活には正解がありません。

お相手にもあなたにも感情があるので、

なかなか思い通りにはいきません。

 

 

が、そんなとき、

過去の失敗の経験や先が見えない不安を一旦リセットして、

前向きに思い悩んでみてください。

 

「前向きに思い悩む?」とは、悩んでいる自分を楽しむことです。

 

悩んで、解決のために努力することで、

人は大きく成長すると思います。

で、成長したあなたに惹かれる人が現れる。。

 

あきらめなければ、A子さんとBさんのように、

思いがけないときにフッと腑に落ちる出会いがあると思います。

 

なにごとも楽しんでいる人には勝てません!

 

「もうダメかも・・。」

そう思ったときこそ、

ぜひわたしのところへ来てお話してみてください。

わたしが、あなたを一生忘れられない

ワクワクの「旅」へとご招待します。

 

………………………………………….

 

日本仲人協会本部のお招きを受けて、来月大阪に出張します!

7月9日(日)13:00〜16:30 「マリッジアドバイザー1日集中講座」(参加費無料)詳細はこちら

7月10日(月)日本仲人協会の月例会

 

※これに合わせて、大阪駅周辺で「婚活無料相談会」を開催します。

7月9日(日)17:00 / 18:00

7月11日(火)10:00 / 11:00

 

婚活がうまくいっていない関西のあなた、

お悩みを話しにぜひおいでください。

お申し込みはこちらから

 

 

 

………………………………………….

 

もし今あなたが、婚活でやるべきこと考えることが多すぎて、

心が折れそうな状況なら…こちらをチェックしてくださいね。

 

シバタニの無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

結婚できる婚活者はコーチを雇う

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

先日、地方在住の40才男性Aさんから

相談の電話がありました。

県の少子化対策課の「出会いサポートセンター」で婚活してるが、

結婚できる気がしないというお悩み。

 

「出会いサポートセンター」は

行政が運営してるという安心感、

そして料金も安いので登録したとのこと。

 

「私の条件で結婚できますか?」

というAさんの率直な不安に、

「あなたをいいと言ってくれる人がいるかもしれないから…」

とセンターの担当者は励ましてくれたそうです。

 

「登録したら、これからお見合いで忙しくなるぞ!」

入会当初のAさんにはやる気と期待がみなぎっていました。

 

・・・ところが現実は過酷でした。

 

というのも、

わざわざ時間を捻出してセンターに足を運び、

何人申し込みをしてもすべてお断り。

しかもルール上、即日即決だそうです。

登録から半年経過しましたが、

女性からのお申し込みが1件もないので、

県の担当部署に男女比率を問合せてみたそうです。

 

「男性:女性=3:1」

 

登録した時点で3倍の競争率です。

しかも当然のことですが、

その中から実年令がより若く、

写真の容姿がいい女性に申込みが集中します。

となると、さらに競争率は跳ね上がるわけです。

 

センターの担当者はAさんのお悩みに対して、

クレーム回避の機械的な対応に終始。。。

 

 

Aさん以外にも、、、

婚活サイト、結婚情報サービス、結婚相談所を渡り歩いた人から

相談を受けることはよくあります。

 

彼らの話を聞いていてふと思ったことは・・・

婚活をどこではじめるかの判断基準が「料金が安いこと」。

これ、共通してるなと。

 

男女交際での成功体験がないまま30才をすぎてしまった人が、

有効なコーチングを受けることなく婚活の最初の1歩を自力で踏み出すと、

人生がめちゃくちゃになる恐ろしい体験をすることがあります。

 

申込みを出しても出しても断られ、

お見合いできたとしても断られ、

やっと交際相手ができたとしても肉体関係になった後に断られ・・・。

 

こんな経験を積み重ねるとどうなるかわかります?

 

姿勢がわるくなり、

ちょっとした一言が刺さって心の中で涙がこぼれ、

人とのメールのやりとりは重い内容ばかり・・

 

中には自信喪失のループに巻き込まれ、

心に深刻な傷を負ってしまう人もいます。

 

 

結婚とは、あなたの人生を大きく変える分岐点です。

 

男女交際での成功体験がない人は、

料金が安くて、不安や不満をためやすい自力婚活はやめたほうがいい。

もちろん、自力でうまくやってる人はいると思いますが、

やっぱり効率はわるいです。。

 

自分で自分を客観視して、

結婚できるまで根気よくがんばるとしたら、

年令が上がるごとに結婚対象者の数が激減していくこともあり、

精神的なダメージとの戦いに・・・ということになる。

それが現実なんじゃないかなと思います。

 

なので、あなたを本当の意味で客観視して、

会話を通してお悩みを解決に導いていき、

最終的に、あなたの自発的な行動を促すことで結婚に導くコーチがいる

結婚相談所を真剣に探したほうがいいかもしれません。

 

コーチは華々しい成果をアピールしてる人である必要はありません。

もちろんなにか成果を出していれば説得力はあると思いますが、

好みや価値観に基づいた本質的な相手選びはあなた自身がやるので、

コーチは導いてくれさえすれば充分なんです。

 

もし今あなたが、やるべきこと考えることが多すぎて、

心が折れそうな状況なら…こちらをチェックしてくださいね。

 

シバタニの無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

【動画】婚活で人気の条件「高収入」とは?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

同類婚とは?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

昨年の調査によると、

浪人生も含めた大学進学率は56.8%で、過去最高。

その内、大学学部の女子学生が占める割合は44.5%で、

こちらも過去最高を更新しています。

文部科学省「平成28年学校基本調査(確定値)の公表について」

 

女性の高学歴化、おまけに晩婚化によって、

万事希望通りの結婚をすることがむずかしくなっています。

晩婚化って、いわゆる結婚適齢期(18〜34才)の後半を過ぎてから

結婚することなので。。。

 

女性は自分と同等か、

それ以上の学歴の男性と結婚したいという「同類婚」、

しかも「上方婚(じょうほうこん)」志向だということは、

結婚希望者をお世話するなかでヒシヒシと感じています。

 

例えば、高校卒や専門学校卒の男性が

大学卒の女性にお見合いを申し込んでも、

「高年収」+「年下」+「イケメン」など、

一定以上の条件がないとほとんど受けてもらえないのが現実です。

(注:絶対ではないですよ。あくまでも一般的な傾向です。)

 

女性側になにかしらのハンデ、もしくは華々しい履歴があって、

お見合いを組むこと自体がむずかしいと本人がわかってる場合は、

自分より低学歴の男性からの申し込みを受けることは受けますが、

「学歴」や「年収」等々にとらわれて

交際にブレーキをかける傾向はあります。

 

義務教育卒、高校卒、専門学校卒の女性たちはどうかというと、

「同類婚」であるとは限りません。

どちらかというと、やはり「上方婚」志向。

教育、趣味、階層、生活水準などが上のクラスの男性に

憧れる傾向があります。

 

一方、男性は「下方婚(かほうこん)」の傾向があります。

とはいっても、一番重要視してるのは「女性の美しさ」。

男性はスリムな美人が大好きです。

その上で、「学歴」「収入」「実年令」が自分よりも下の

女性を選ぶ傾向があります。

 

例えば、飛び抜けて人気が集まりやすい

男性の職業は「医者」「弁護士」「公認会計士」、

学歴は人によって価値観がバラバラなのですが、

一応、「東大卒」「京都大卒」がいいとします。

 

婚活は「同類婚」志向ですから、

これらの男性と同じレベル感がある女性からの

アプローチはもちろんあるでしょう。

 

が、ハイクラスの男性には申込みが集中するので選び放題です。

で必ずしも「同類婚」志向ではありません。

親の意見を参考に、

自分の出世、独立、生まれる子どものことなど

この先の人生を視野に入れて厳しい目で相手選びをするかも、です。。

 

なので、「医者」などいわゆるエリートや高キャリアを目指す女性は、

できれば学生時代に相手を見つけて、

婚約してしまった方がいいと思います。

正直、、彼女らが結婚をする気になってから婚活すると、

イバラの道を歩むことになるからです。

 

とは言っても、結婚は条件だけでできるものではありません。

実際に会って、お互いにお互いをどう感じるのかが一番重要です。

 

いろいろなタイプの人とお見合いして、

相手に対するあなたの素直な気持ちを感じてほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら