相手がその気か見分ける方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

お見合いでお互いにどう思うかは、正直、だれにもわかりません。

 

立会いのわたしから見てお似合いだと思っても、

ダメな場合はいっぱいあります。

 

お見合いのときに話が合ってもお断りされることはあるし、

メルアドまで聞いてきた相手から先に断られる、なんてこともあるし、

1時間程度で一方的にさっさと話を切り上げられ、

断られるかと思ったら「交際したい」という返事がきたり、

沈黙の時間が多かったにも関わらず、

なぜか「もう一度お会いしたい」という返事がきたり、、

かと思えば、

お互いに「このひとかも・・」とピンとくるカップルも。。

 

ホントに実際に会ってみないと、

2人の気持ちがどう動くかわからないのです。

 

ただ、結婚前提のおつきあいとなると、

気持ち的には「いい人」だと思っても、

なにか条件的にムリがあったりすると交際は成立しません。。

 

ですが、交際にコマを進めてからなら、

相手があなたを気に入ってるかどうか見分けるのは比較的カンタンです。

 

あなたに興味があれば、

電話で話したりデートしたりは徐々に頻繁になっていくはず。

 

メールやLINEでのやりとりがスムーズにいかない、

電話で話したいと言っても「忙しい」とか言われ、

コミュニケーションがうまくとれず、ストレスがたまるなら、

その交際は早々にやめたほうがいいと思います。

 

だって電話のことでいえば、

気に入った 異性から電話があったらうれしいでしょう?

 

電話で笑いあいながら楽しく話したあと、

「おやすみ。また明日!」

って言って電話を切ると。。

とたんに明日の電話が待ち遠しくなるはず。

 

かけるほうは、ちょっとドキドキするかもしれないけど、

彼女がかわいい声で、

「こんばんは!お疲れ様です。」

って言ってくれたら

うれしいでしょう。

あなたの孤独な生活に一筋の光がさすようなひととき、ですよね。

 

なので、あなたと電話で話すことや会うことを二の次にするなど、

あなたのために自分の時間をさしだそうとしない相手は

脈がないと思ってまちがいないです。

 

その気がない相手にしがみついても、

あなたの大切な時間とおカネのムダにしかなりません。

気持ちを切り替えて、別の人とお見合いしたほうがいいと思います。

 

あなたにピッタリの結婚相手を見つけるためには、

あなたのタイプに固執せず、

仕事以外の時間はあなたのためにつかってくれる人を

見極めることが大事だと思います。

 

<追伸>

昨日、Aくんから

「今日、入籍しました!」

と電話がありました。

 

お見合いから半年で、彼女は彼の姓になりました。

「役所で名前よばれて、結婚したんだって実感がわきました。」

 

Aくん、おめでとう。。

ホント、おめでとうございます!

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

異性を見る目を養う方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

今日のタイトルを見て、

「なぜ異性を見る目を養う必要があるの?だまされないため?」

と思いましたか?

 

それは、だまされないため、でもありますけど、、、

異性を見る目を養い、

あなたと相性がピッタリ合う人を選ぶことができれば、

結婚して幸せになれるからなんです。

 

わたしは若い頃、何人もの男性と交際をしました。

殴られたり頭からビールをかけられる、

みたいな暴力的な恋愛も経験しています。

で、23、4才の頃、ごちゃごちゃした恋愛はすべて精算して、

結婚に向かって舵を切り直し、

当時、恋愛感情がなかった主人と成り行きで結婚しました。

あれから26年。

いろいろありましたが乗り越えて、幸せな家庭生活を営めています。

わたしが結婚して幸せになれたのは、

若い頃の男性経験が、主人を選ぶ目を養ったからだと思っています。

 

 

「じゃあ、どうやればいいの?」

 

例えば、合コン、社会人サークル、婚活パーティー、お見合いなど、

異性と出会える場所に積極的に参加して、

まずはいろいろなタイプの人と話すことです。

社会人サークルや合コンは、

あなたの友人、知人が男女の間を取りもつので

スゴくいいと思います。

 

合コンがむずかしい年令になってしまってる、

または、大勢の中で孤立しがちな人は、

仲人さんの仲介で1対1のお見合いをしたほうがいいと思います。

 

仲人さんのアドバイスを聞きながら、

取っ替え引っ換え1対1のお見合いを繰り返すと、

場の雰囲気にのまれなくなり、

お相手とのフィーリングが合うかどうか感じられるようになります。

 

あなたにとって、とびきり若くてキレイな人は

おそらく恋愛してみたい相手。

でも結婚相手にするなら、

若くてキレイなだけではダメだということを

身をもって実感していただきたい。

 

積極的にいろいろなタイプの人と出会うことで、

あなたにぴったりの結婚相手を見極める目を養ってください。

モテる必要はありません。

大多数の異性はあなたとご縁がない人なので、

振られ続けても気にしないでください。

 

あなたを待ってるたった1人の人を見つけるまで

あきらめないでほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

婚活で高収入重視はキケン!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「恋は盲目」と言われるように、

恋愛結婚は「好き」「愛してる」という

ブレーキがきかない感情からはじまります。

 

「お金なんかなくても『あなた』がいれば何もいらない」

「『あなた』がそばにいてくれれば、どんなことも耐えられる」

 

こんな美しいセリフ、

読者のあなたもどこかで聞いたことがあるかも。。。

 

たとえ『あなた』に年令、学歴、婚歴、職業、年収など

諸々の条件に不安な要素があったとしても、

親兄弟の反対にあったとしても、、

それらすべてを跳ね返すほどの愛の力を感じてるということなんですね。

 

ですが、相手に執着するような恋愛感情はいつか覚めます。

覚めても、、、

ともに白髪が生えるまで一緒に生活できるなら

最高の人生だと思いますが、

必ずそれ相応の忍耐も必要。。

 

 

一方、お見合い結婚はお相手のプロフィールを見るところから

はじまるので完全に覚醒しています。

 

シンプルな話、人気のあるお見合い相手はというと。。

男性の好みは「実年令が若いこと」と「写真が美人」。

女性は男性の顔写真はもちろん重視しますが、

「高学歴」「高年収」「高身長」など、とにかく履歴がいい人。

 

ですが、現実的に釣り合うお相手を見つけられれば、

交際をしながらお互いに歩み寄って結婚に至ることができます。

もちろん、愛情はゼロベースから育んでいくことになります。

 

さて、お見合いの相手選びでは、

男性の年収をどうみるかがポイントになります。

 

自らのスペックを顧みず、

200万とか300万とか低い年収の男性からの申し込みを

すべて無視する女性は少なくないです。

 

女性はどうしても自分より年収が高い男性に目がいきがちですが、

あまりにも高年収にこだわるのはキケンです。

 

プロフィールに書かれている年収は今現在のもの。

だれしも今後どうなるかわからない世の中です。

 

自営業の人に関しては、

申告した年収と生活実態はまるでちがうかもしれません。

 

給与所得の他にも預貯金や株式など持ってる人もいるだろうし、

余談ですが、資産を相続できる人かもというところも含めて、

目先の年収に惑わされないほうがいいと思います。

 

「夫の年収が高ければ生活はラク」かもしれませんが、

夫婦に大切なのは相性です。

 

これ、お見合いしてみればわかります。

 

人の印象って、人が変わればかわるんです。

例えば、Aさんに対して、

B子さんの印象は「ステキな人」だったとしても、

C子さんの印象は「感じがわるい人」ってことありますよね。

 

あなたにも仲良くしたい人と、

関わりたくない人っているでしょう。

それぞれの人に同じ態度で接すること、普通はできないと思います。

 

プロフィールを読み込んでつくりあげた「彼」はほぼ偶像です。

実際に会ったときに、

あなたとフィーリングが合うかどうかが決め手になるんです。

 

なので、お見合いで幸せな結婚をしたいなら、

年収や諸条件ににとらわれず、

いろいろなタイプの人と会って話すことが大事だと思います!

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

婚活で一喜一憂しない方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

男子校育ちで、女っ気のない職場に就職しはや十数年。

いよいよ40代が近づいてきたある日、

カップリングパーティーのチラシを見た上司が勝手に申し込み、

よくわからないままパーティーに参加してきたAさんは、

その後、お見合いした4人目の女性と交際に入りました。

あれからわずか3ヶ月、もう婚約目前です。

 

一方、お母さんのすすめで婚活をはじめた42才のBさんは、

育ちがよく穏やかで口ベタな男性。

女性との交際は未経験。

お見合いではほとんど断られ、

一時、わたしへの連絡を絶ったほど落ち込んだ時期がありました。

 

それでも、過去結婚した男性たちの事例をいろいろ話し、

「Bさんは全然わるくないです!

結婚したらいい旦那さんになると思うのになぁ。

見る目のない女性とはご縁がないんですよ!」

と励ましつづけました。

 

お見合いの人数が10人を越えた頃、

Bさんの女性への対応が明らかに紳士的に変わり、

なぜか申し込みがポンポン入ってくるようになりました。

でやっと、、、C子さんと巡り会えました!!

 

婚活の経過は個人差があります。

 

お見合いでは気に入った人から断られ、

気に入らない人を断り、

1回デートして終了、

ある日突然返事がこなくなる、とか、

「お断り」「お断り」「お断り」「お断り」・・・・

「お断り」だらけの人、実際います。

 

が一方、婚活をはじめた途端ストンと腑に落ちるように

くっつくカップルもいます。

 

 

「うまくいくと思ったのに、なんで・・??」

と思っても引きずらない、一喜一憂しないことが大事です!

 

ダメだったらすぐに気持ちを切り替えて、

次の人とのお見合いに向かいましょう。

 

「神様は試練の先に、あなたにピッタリの人を待たせてる」

この言葉を信じてがんばってほしいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

キャバ嬢と結婚したい?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

先日、某週刊誌の編集者と話してたときのこと、

「ウチの部内にキャバ嬢に入れ込んじゃって『結婚したい』って言ってる人いるんですよ。いいんですかね。」

 

この話、まじめに考えてみたいと思います。

 

キャバ嬢さんのミッションとは。。

「お客さんに自分を好きになってもらい、

おカネを気持ち良くつかってもらうこと。

ファンが増えれば増えるほど大成功!」

 

あくまでビジネスです。

が、そこは男と女。

お酒が介在して、お客さんとディープな恋愛に至ることもあると思います。

お互いに本気になって「結婚」の方向へ向かったら、

クリアしなければいけないのは「親の承諾」です。

 

「自分たちが好き合ってるんだから、親は関係ないだろ!」

 

いえいえ、大いに関係あります!

 

なぜなら、結婚とは両家が血縁になることだからです。

まず結婚式には両家の親がそろって出席することが必要です。

結婚に反対している親が欠席すれば「不吉」な未来を予言します。

 

「じゃあ結婚式はしない」

となればお嫁さんはどんな気持ちになりますか?

 

で、子どもが生まれても、親とのぎくしゃくした関係がつづいたら。。。

 

なので、キャバ嬢だろうが何嬢だろうが、職業はなんであれ、

あなたのお母さんとなかよくできる人ならいいと思います。

 

両家の親が結婚に賛成してくれれば、

幸せになる場面がいっぱい生まれます。

 

結婚式でも涙を流して祝ってくれるでしょう。

孫が生まれたら、たいへんなときに手伝ってもらえるでしょう。

孫がおじいちゃん、おばあちゃんにかわいがってもらえれば、

あなたもお嫁さんも幸せです。

 

キャバ嬢と結婚したいなら、

彼女があなたを結婚相手とみなしているのか確かめ、

プロポーズの前に、両方の親ごさんにあいさつに行くことです。

戸籍謄本の交換もお忘れなく。。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

お見合いで一喜一憂しない方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

あなたの心は曇っている

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「お見合いで結婚相手ってわかるものなんでしょうか?」

というご質問がありましたので、

そのことについて考えてみたいと思います。

 

最初に紹介された人、せめて2〜3人会った中から選んだ人と交際して

そのまま結婚までいけたら、

という腰が引けたインスタントな婚活を考えてる人は

お見合いで結婚するのはむずかしいかもしれません。

 

大手の結婚相談所のCMのように、

「あなたの趣味は?」

「僕の趣味は◯◯。」

「わたしも!他にも共通点が・・・」

「僕たち気があうかも!!」

で即結婚式!

という展開は妄想です。夢物語です。

 

実際に結婚まで行き着く婚活はもっと複雑なもの。

日々、あなた自身のメンタルとの戦いなんです。

 

お見合い結婚は、数多くの「お断り」の山の上にあります。

山の5合目くらいまで登ると、みんな葛藤します。

やめようかどうしようか、疲れたからしばらく休みたい、と。

ここで山を降りたら終わりです。

休んだら婚活する意欲が再び戻るまで何年もかかります。

なので、いくら辛くても悲しくても人に見せる顔は笑顔を保ち、

「結婚」という頂上まで諦めず登ることが大事です。

 

頂上であなたを待ってるのは、

あなたに会うために反対側から登ってきた運命の人です。

出会ってわからないわけありません。

「この人と結婚するかもしれない」って。。。

 

「人は心が曇っていると、良い道がそこに示されていても、それに気が付かないことが多いのではないでしょうか。」(待乳山聖天のニュースレターより)

 

心の曇りを取り払い、疑わず迷わず、

運命の人に出会うまでやりきることが大事だと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

結婚がいいものとは思えません。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

わたしのブログの読者の方から

こんなコメントをいただきました。

 

「結婚が、そんなにいーものなら、離婚するひとはいないと思うのは、私だけなのかな。一度はしたらいーと思うけど。あとは自己責任。」

 

結婚したカップルの3組に1組が離婚する世の中です。

厚生労働省の平成28年人口動態統計の年間推計によると、

婚姻数621,000人に対して、離婚数は217,000人。

ちなみに我が国の人口は、1億2千5百万人。

 

「ハネムーン離婚」から「熟年離婚」に至るまで、

こんなに多くの人が離婚してるのは事実です。

が、それでもわたしは1度限りの人生、

1度でも結婚を経験したほうがいいと思っています。

 

1つ屋根の下で夫婦が支え合いながら暮らすといろんなことがあります。

 

あなたの健康を願っておいしい食事を用意してくれる妻。

あなたが悩んだ時、ちゃんと話を聞いて共感してくれる夫。

 

みたいな幸せな場面が多くある一方で、

 

結婚後、性的不一致がわかった、とか、

妻は怒り出すと手がつけられなくなる、とか、

どんなときも仕事を優先する夫とのケンカが絶えない、とか、

夫が失業してしまった、とか、。。。

 

結婚ってもとは他人同士が一緒に住むんですから、

トラブルなく永遠に平和で幸せなんてことはありません。

が、いいこともわるいこともすべては

人間として成長するために必要で、必然なんだと思います。

 

さらに子どもができたら、親としての愛情や責任感があふれてきます。

子どもを立派に育てるためには、

お父さんお母さんの協力が絶対に必要です。

子どもの希望を叶えるために思い切った決断を迫られ、

かなりムリしなければならないこともあると思います。

 

独身のあなたは結婚とはリスク、いいものではないと思うかもしれないし、

独身のまま人生を全うする生き方を否定もしません。

それも立派な生き方だと思います。

 

わたしが呼びかけているのは、

「いい人がいたら結婚したい」と思っていながら、

なかなか行動できない人たちです。

 

結婚は人として成長するための1つの大きな経験です。

ましてや、子どもを生み出すことは

あなたに幸せを与えるだけでなく、

先祖や親への恩返しであり、

社会に貢献することでもあります。

 

最後にわたしの投稿記事へのコメントを

もう1つ紹介したいと思います。

 

「高校の同級生の息子さんが40歳前後で二人とも独身でした。ご両親はもう諦めていました。ところが長男さんがあるキッカケで結婚されたら、その幸せそうなのを見て、弟さんも結婚したくなり、お見合いをすることになったので、お父さんもお見合いの席に出ることになり、昨年の同窓会に出席出来なくなったと連絡がありました。

今年の同窓会では、どうなったか聞くのが楽しみです。

生まれたからには、一度は愛し愛される結婚を経験する事は人間を大きくすると思います。」

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

独身の部下に対する上司の本音

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

先日、異業種交流会で名刺交換した男性から

こんな相談を受けました。

 

「職場でまわりがポツポツ結婚していく中、

独身のまま40前後まで残ってしまっている

部下が何人かおりまして、

仕事に身が入らなくて困ってるんです。

それとなく、本人たちに聞くと『出会いがない』ってことで…。

結婚結婚ってあんまり言うとセクハラになってしまいますからね。

どうしたものか・・・。」

 

世間には同じことで悩んでいらっしゃる上司の方、

きっと多いと思います。

 

「結婚について他人にとやかく言われる筋合いはない」

とご本人たちは思ってるかもしれないので、

ホント、むずかしい問題ですよね。

 

なにか事情があって全く結婚する気がない人については、

腫れもの扱いのまま一切かまわないほうがいいと思います。

無理強いはできません。

 

が、「いい人がいたら結婚したい」と言ってる部下がいるなら、

本人との距離感をはかりつつ、

だれかを紹介できるチャンスがあれば

手助けしてあげてほしいと思います。

 

例えば。。

わたしが配布したチラシを見て

「カップリングパーティー」に申し込んできた

38才の男性Aさんの話をしたいと思います。

仕事は某企業の研究職です。

彼曰く、

「親からも会社からも『早く結婚しろ』と言われてまして、

今回のパーティーの申込書は会社の人が書いて出したんです。」

 

まるでジャニーズ事務所への応募みたいですね。

余談ですが、かの事務所へ本人自ら応募したのは、

NEWSの手越祐也君くらいだそうです。

 

それはさておき、Aさんはパーティーに参加した後、

何人かと1対1でお見合いして1人の女性と交際に入りました。

 

先日電話したとき、話の流れで、

「双方の親御さんへのごあいさつはなさったんですか?」

と聞くと、

「まだです。彼女と相談して日にちを決めたいと思います」

との答え。

 

ここまでの話でもうおわかりでしょうが、

会社の人が「カップリングパーティー」に申し込んで

強制的に参加させられなかったら、

Aさんと彼女とは出会うことがなかったんです!

 

しかも申し込みからたった2ヶ月で、

結婚を前提とした「彼女」ができたなんて!!

Aさんの周囲の人はみんな喜んでると思います!

 

職場の人間関係とタイミングがよければ、

監督の采配で逆転ホームランを打つみたいなことができるんです。

 

独身の部下の結婚、

なかなかむずかしい問題ではありますが、

うまくいけば本人もその親御さんも、

会社のためにもなることかもしれません。

 

世の上司の方、余計なお世話にならない程度に

部下の結婚問題にも取り組んでいただきたいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

「墨田区『地域クラウド交流会』」に参加しました!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

昨夜、「地域クラウド交流会」なるイベントに参加しました。

主催は第一勧業信用組合、後援は墨田区など、協賛は「サイボウズ」。

定員100名(?)のところに170名近くの参加者が押し寄せ大盛況!

WBC「日本VSイスラエル」戦の夜、これはなかなかの成果じゃないかと。。

 

イベントの趣旨は2つ。

1)5名の起業家のプレゼンを聞いて応援したい人に投票。

で、投票数1位のプレゼンターに参加者1人あたり500円を

賞金として差し上げる、ということ。

賞金を仮に計算すると、500円×170名=85,000円弱。

1位に輝いたのは、農業体験のイベントを企画した鉄板焼きの店主の方。

5名の方それぞれご自分の事業に情熱があり、すばらしかったと思います。

 

2)参加者同士の異業種交流会。

飲食なし、椅子もない広いホールの中で自由に行き来し、

お互いに名刺交換。

掲示板や呼びかけなど、名刺交換のしかけがいくつかありました。

が、わたしの場合、「結婚相談所」という微妙な立ち位置なので

おいそれと声かけはできません。

それがあらかじめわかっていたのでチラシを持参しました。

チラシを持参すると主催者が参加者全員に配ってくれるという親切さ。

これまたすばらしい!!

すると、、

チラシ持参の人は自動的に「応援し隊」にはいることになっていて、

各自2分間のプレゼンを促されました。

突然のむちゃぶりです。

わたしはとっさに、2分ジャストでこんな話をさせていただきました。

 

……………………………………….

わたしは墨田区で「お見合い結婚の応援」をしています。

墨田区にお世話になって10年が過ぎ、

子ども3人を育て上げる中で「少子化」を身にしみて感じてきました。

わたしは「押上◯◯町会」です。

ウチの子供会では10年前、行列をつくって集団登校をしていました。

ところが現在は小学生を持つ子どもの世帯は1世帯になり、

子供会は休会に追い込まれました。

お祭り自体も「子供神輿」も盛り上がっていません。

 

世間では「子育て支援、子育て支援」と言いますが、

「子育て支援」の前に「結婚支援」が必要だとわたしは思っています。

 

1人でも多くの独身の方が結婚し、子どもを産み育てていくことが、

墨田区に笑顔と元気をもたらすのです。

 

日本の人口ピラミッドは、もはや「逆ピラミッド」ですが、

本来のピラミッドに戻すには「結婚支援」が必要なんです!

 

 

働き方改革に関しても「副業」が必要だという意見があります。

「仲人」という仕事は会社をやめなくてもできる、

「結婚支援」という社会貢献をやりたい方にピッタリの「副業」です。

 

本日みなさまのお手元にお配りしたチラシをご覧いただければ幸いです。

ご清聴ありがとうございました。」

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら