いやいやつきあうのは失礼

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

婚活をはじめた当初は、

自分の好みに固執した相手選びをするものです。

 

が、会いたいと思って申し込む人からことごとく相手にされず、

かろうじてお見合いを受けてもらっても、

実際に会うと断られる、って、

つづくとかなり辛いですよね。。。

 

でもこれ、ふつうです。

一生懸命取り組むほど陥る状況かもしれません。

 

なぜなら、あなたが会いたいと思う女性は、

他の人からの申し込みが集中してるか、

またはお相手があなたを「どう考えても釣り合わない相手」、

「ピンとこない人」と考えたか。。。

 

そんな人からOKをもらうのは至難の技!

 

 

 

で、せっかくだからと、

自分に申し込んでくれたタイプじゃない人と会うと決め、

お見合いの場所に足を運び、

お相手と顔を見合わせて話す中で、

「いい人そうだな」と思ったとします。

 

これがもしあなただったら、どうお返事しますか?

 

「もう一度会いますか?」

「お断りしますか?」

 

 

 

あなたは

「この人を逃したらつきあえる相手はもういないんじゃないか…。」

という焦りやらなんやらで、

「もう一度会ってみる」と決めるかもしれない。

 

または、自分の好みじゃないからとバッサリ断るかもしれない。

 

その答えが吉とでるか凶とでるかは、

あなたが自分のことを好きかどうかにかかってくると思います。

 

「へ?そんなこと関係あるの?」

「おおありです!」

 

あなたが自分を好きであれば、

あなたが出す答えはいずれにせよ正しいと思います。

 

あなたが自分を嫌いなら、

まずはありのままの自分を許して、

自分を好きになっていくことが必要だと思います。

 

婚活卒業までの時間は人それぞれ。

半年の人もいれば、数年かかる人もいる。

 

何人お見合いしたら結婚相手が見つかるかも人それぞれです。

答えなんかありません。

 

自分はダメだと思ったらその通りになります。

自分は大丈夫と思ったら、やはりその通りになるんです。

 

ただし、、

いやいやつきあうのは相手の方に失礼だということを

頭の片すみにおいてくださいね。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

 

 

 

 

 

「結婚できない病」を治す方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

たった一言で、人生ががらりと変わることがあります。

「あのとき、あの人が言ってくれた言葉ががんばる原動力になった。」

あなたにもそんな一言ありますか?

 

わたしは10年 以上前、

3人の子どもたちの教育費を稼ぐために、

スーパーの惣菜売り場のマネージャーをしていました。

成績がボーナスに直結する成果報酬制だったため、

自分の全精力をかけて必死に働きました。

 

が、毎晩毎晩、売れ残りの惣菜をつまみに、

ボトル半分〜1本のワインを空けないとやってられない

と思うほど追い詰められ、

やることなすこと裏目に出ることも多かったです。

高い給料のためだけに働いてるこの仕事、

自分に向いてないってこともわかってました。

 

 

そんなとき、わたしの下で働くパートさんから、

こんなことを言われました。

 

「元エリアマネが『最高のマネージャー』だって言ってましたよ。」

 

(わたし、最高のマネージャー!?・・・陰で認めてくれてたんだ。)

 

ストレス最高潮のときにもらった

『最高のマネージャー』という言葉だけの、

しかも間接的な評価はわたしを勇気づけてくれました!

 

「もうダメかもしれない。仕事やめたい。」

と何度思ったかわかりませんが、

この一言を思い出して自分を励まし、

さらに成績をあげるため、5年間奮起しつづけました。

 

 

さて、ここで婚活の話にかわりますが。。

だれかの一言で奮起し勇気がわいた、だけではダメです。

行動することがなにより大事!

が、そこで言いわけする婚活者が、ホント多いんです。

 

「仕事で疲れてるので」

「もう若くないので」

「写真が苦手なので」

「親がうるさいからやってるだけなので」

「遠くまでお見合いにいきたくないので」

「柴谷さんはそういうけど、私はこう思うので」

などなど。

 

 

正直、いいかげんの年齢になって、

喉から手が出るほど結婚したいのにできないのは、

「結婚できない病」と言っていいかもしれません。

 

たまにこんな問合せがあります。

 

「結婚相談所って、おカネ払って入会しても、

結婚できるかどうかわからないですよね。

だからどうしようか迷ってるんですよ。」

 

結婚とは、まちがいなくあなたの人生を大きく変える一大事です。

で、あなたを好きになってくれる相手に

出会わなければできないものです。

万一、あなたが異性から敬遠される要素を持っていたら、、、

結婚するのはかなりむずかしいと思います。

 

 

こんな質問してくること自体、

人としてめんどくささを感じさせるので、

末期の「結婚できない病」かもしれません。

 

 

「結婚できない病」を治すためには、

勇気がわいてくる言葉かけをしてくれる人をコーチにつけ、

素直に行動すること。

それが一番の方法だと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

疲れた時に会いたくなる人

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

先日、男性会員のAさんがこんなことを言いました。

 

「仕事で疲れてる時、わざわざ女性とデートしようって、

ふつう思わないじゃないですか。

ボクの理想の女性は、疲れた時こそ会いに行きたくなる人、なんです。」

 

これを聞いたとき、わたしの目からウロコが落ちました。

「なるほど!」

ついでにあなたにも聞いてみたいと思います。

 

「あなたが仕事でイヤなことがあってクタクタに疲れたとき、

会いたくなる人はどんな人ですか?」

見えました?

その人があなたの家で一緒に暮らし、

毎日、お酒と夕食を用意して、

あなたを待っていてくれるとしたら・・・

どう思いますか?

 

 

話は変わりますが、

あるとき、男性会員Bさんがこんなことを言いました。

 

「おつきあいしてるC子さんなんですが、

お見合いの時には『この人はないかな』って思ったんですけど、

なるべく電話で話すようにして、

コンスタントに食事の約束もしているうち、

自分の考えが変わってきました。

彼女と一緒にいると落ち着きます。」

 

 

お見合いで、相手を見かけで判断してしまうのは、

ほんとうにもったいないことです。

 

コミュニケーションがうまく取れれば、

Bさんのように情が湧いてくる場合もあるんです。

 

「疲れた時こそ会いに行きたくなる人」って、

言い換えれば「思いやりのある人」。

 

が、婚活している人たちの大多数に欠けているのは、

相手に対する「思いやり」だと思います。

 

男性も女性も、もっともっと「思いやり」を意識してほしい!

 

「疲れた時、なぜかあなたに会いたくなるんですよね・・」

と言ってもらえる人になってほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

 

 

相づちの打ち方

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

お見合いは一期一会です。

 

あなたのプロフィールに目を止めてもらって、

「会ってみたい」と思ってもらえれば

お見合いのチャンスを与えてもらえる。。

 

「あなたが相手を選んだ」

そんな自分本位な考え方ではなく、

「相手に選んでもらえた」という

感謝の気持ちをもつことが大事です。

 

お見合いのミッションとはなにか知ってますか?

それは「あなたにもう一度会いたい」と相手に思わせること。

 

あなたが相手を気に入るか気に入らないか、

そんなの関係ないんです。

いかに相手を魅了できるか、これがミッション!

 

そのためには3つの「NGな相づち」をしないこと。

 

 

1)なにを言っても「あ、はい!」。

これでは話がスムーズに流れない。

 

2)「ふーん」をひたすら繰り返し、

決して自分から質問しない。

 

3)相手に相づちを打たせる暇を与えず、

ひたすら自分のヒストリーを語り尽くす。

 

どれも口ベタな男性に多いパターンです。

スムーズな会話には程遠いですよね。

 

 

一方、社交的なのになぜか断られてしまう人もいます。

それもしかしたら、「あいづち=自分の話」かも?

 

 

例えば、相手が話しはじめるとすぐにキーワードを見つけて、

自分の話題に変えてしまうんです。

 

話がおもしろいし相手も笑ってくれるので、

相づちがヘタだということに全く気づかないんです。

 

が、相手は自分が話し始めるとすぐ話の腰を折られるので、

モヤモヤしますよね。

自分の話をちゃんと聞いてもらえないって、

いくらお愛想で笑っていたとしても、つまらないものです。

 

 

「あなたにもう一度会いたい」と思わせる

上手なあいづちの真意は相手の話題を盛り上げること!

 

それには2つの方法があります。

 

まず1つ目。

【小さなあいづちは「はひふへほ」】

 

・「テニスで全国大会に・・」→ためいき+「はぁ(尊敬)」

・「クルマの前にいきなり猫が・・」→「ひー!(ビックリ!)」

・「かくし味は味噌」→「ふーん(なるほど)」

・「間一髪で助かって・・」→「へ〜!」

・「電車で席をゆずった学生が・・」→「ほぉ。」

 

2つ目。

【共感するあいづち】

 

・「そうでしたか」

・「そうだったんですね」

・「そうなんですね」

・「そうでしたか」

 

 

交際につながるお見合いをするために、

ぜひ上手な相づちを意識して欲しいと思います!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

おデブは不利

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

今日は耳の痛い話をします。

(注:タイトルを見ただけでムカついた人は

この先を読まないでください!)

 

時代の空気か、

渡辺直美、安藤なつ、近藤春菜、

ゆいP、ゆりやんレトリーバァなどなど、

おデブな女芸人が超人気です。

 

が悲しいかな、、、

こと婚活に関しては、

ぽっちゃりを肥えるアラフォーおデブは

不利でしかありません。

 

極端な話、

年令差、年収、学歴、見た目、住んでる場所など

相手に対する要求を一切せず、

「デブ専ならだれでもOK」の姿勢をつらぬくなら、

なんとかなるかも。。

が、現実にはそんな人、

詐欺師以外にはいないと思います。

 

「なぜおデブは不利なのか?」

という疑問を男性にぶつけてみました。

 

身体を鍛えることが趣味の独身Aさん:

「おデブな女性はだらしない、というイメージで見てしまう。

自分の体重をコントロールできてる男はおデブを選ばないと思う。」

 

長身で肥満気味のBさん:

「クルマに乗った時や並んで座るとき、自分がデカいので、

彼女がぽっちゃりだとキツくていやなんですよ。

それから、女性って結婚すると太る人多いですよね。

結婚前から太ってるってことは、結婚後どこまで大きくなるのか

心配になります。」

 

既婚のCさん:

「婚活でしょ?ぽっちゃりよりも、他のやせてる女性に目がいくと思うよ。」

 

・・・お見合い写真をとるとき、正直、、

ブスならメイクでなんとかごまかしがききますが、

肥満は隠しようがないです。

 

 

あなたが結婚を真剣に考えているおデブ女子なら、

結果にコミットするダイエットを、

今すぐ始めることをおすすめしたいです!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>