オタクの結婚【家、ついて行ってイイですか?】

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

先日、ウチの娘が「家、ついて行ってイイですか?」(テレビ東京)

の番組スタッフに声をかけられたそう。

 

「ウチのお母さん、『家、ついて行って・・』好きで見てますけど、

たぶんダメだと思うので、ごめんなさい!」って、

娘はわたしに連絡せず断ったそうです。

 

で、その様子がオンエアされると言ってたので、

(もしかしたら今回⁉︎)と思い、

昨夜、「家、ついて行ってイイですか?」を見ました。

 

 

 

さて昨日の番組では。。

深夜、表参道駅前を歩いていた、

頭のてっぺんがハゲた落ち武者のようなヘアスタイルの

おじさん(46才)のくだりに目が釘付けになりました。

 

 

「家、ついて行ってイイですか?」

「いいですよ。ウチの奥さんが番組大好きで、

見つけたら引っ張って来いって…」

 

「どんなお仕事?」

「日本の若者をダメにする、

アニメとかゲームとかのショップを

秋葉原でやってます。」

 

「人を雇って?」

「はい。1000人くらい。」

 

「年商おいくら?」

「230億ですね。」

 

「お店の名前って?」

「『とらのあな』っていうんですけど。」

「えーーっ!!!」

 

「奥様はどんなお仕事?」

「イベント企画会社を経営してます。」

 

てことで、

まさかの『とらのあな』社長が網にかかったんですね!!

 

番組スタッフが根掘り葉掘り聞いていくなかで、

2人の馴れ染めがクローズアップ。

 

「家、ついて行ってイイですか?」

【「表参道克服するため!」表参道に住むオタクの男性】@表参道駅

 

ご主人は高校を卒業した後、23才という若さで、

『とらのあな』というお店を秋葉原にオープン。

1店舗3億円のショップを多店舗展開するのと同時期に、

大学に入りなおす。

 

で、学生生活の中で、

のちに奥様となる美人女性に出会い、

食事に誘うなど猛アプローチ!

 

13才年下の奥様は当時、

彼に対して生理的にムリだったそう。

(チューできない、この人とはないな)って。

 

 

ところが、彼女の手に水虫ができたことから、

事態は結婚に向かって急展開!

 

甲斐甲斐しく手当をしてくれた彼に、

彼女はこう思ったそう。

 

「水虫の私ですら好きになってくれる人は、

この人しかいない。

私が事故にあってどんな姿になっても、

病気になっても、

人間じゃなくゴキブリになっても・・・

結婚、この人だったらできる!」

 

奥様は料理が下手なので、

毎日の食事はご主人がつくっているそう。

 

・・わたしはウンウンうなづきながら、

テレビに見入ってしまいました。

 

「そうだよ。そうそう…」

 

そこで、婚活中のあなたに言いたいこと。

 

お見合いのたった2時間で、

「結婚はない」なんて判断は早すぎる。

お見合いのたった2時間で、

なにを見極めようとしてるんですか?

 

完璧にあなたを満足させてくれる人なんか、

この世にはいないんですよ。

 

 

『とらのあな』社長夫婦の馴れ初め、

まさに事実は小説よりも奇なり、ですね。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

婚約寸前で破談になった理由

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

先日、他の結婚相談所で婚活してるという

50代男性Aさんのお悩み相談を受けました。

 

筋トレしてるのか筋肉隆々。

満面の笑顔で、まあまあ男前。

彼はバツイチでお孫さんもいます。

 

Aさんは相談所で紹介された10才年下の女性と

2ヶ月半交際。

主にLINEで連絡を取り合い、

デートは10回を越え、

自分の分譲マンションに連れてきて、

経済的にはなんの心配もないことを説明したそうです。

 

で、2人とも結婚の意思を固めたと思っていたのに、

ある日突然、彼女からLINEをブロックされ、

担当仲人から交際終了を告げられました。。。

 

あまりのショックに現実を受け入れられず、

モヤモヤしたまま日々を過ごしているそうです。

 

 

彼女からの最後のLINEは、

「明日、親にあなたのことを話して成婚退社する」

でした。

 

まさにまさに、成婚は目前と思われる文面です。

なので、Aさんは彼女の親の反対で破談になった

と思ってるんです。

 

わたしはいくつか質問してみました。

 

わたし「彼女の親御さんにあいさつに行きましたか?」

 

Aさん「行ってませんが、彼女は親に

私のプロフィールを見せてるはずです。」

 

わたし「親御さんは彼女の近くに住んでるんですよね。

どんな男とつきあってるのか心配してると思うので、

結婚の約束をしたらすぐにでも、

親御さんにあいさつに行くべきではなかったかと思います。」

 

Aさん「・・・」

 

わたし「ところで、彼女の住所を知ってますか?」

 

Aさん「いえ。近くまで送って行ったことはありますが…」

 

わたし「???」

 

 

Aさんは結婚した経験があり、

お子さんも結婚してお孫さんまでいるのに、、、

 

結婚するためにやるべき大事なことをすっ飛ばして、

一人で有頂天になってたんですね。。

 

 

厳しいようですが、、、

住所を教えてくれない人と

結婚できると思ってるって、

なんなんですか?

 

 

「相手に拒否されたらどうしよう」

「嫌われたくない」

という不安感や自信のなさで、

言うべきことやるべきことをやらないと、

Aさんのような悲劇を引き起こすことがあります。

 

 

嫌われるも何も、、、

家族関係を含めてお互いをさらけ出し、認め合い、

信頼しあわないと、

幸せな結婚はできないと思います。

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

【動画】あなたの直感は勘違い!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

【動画】考え込んでしまうあなたへ

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

【動画】息子の婚活がうまくいかない

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

【動画】親戚のお葬式

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

親戚のお葬式

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

親戚のおじさん、おばさんの訃報を間接的に聞いた時、

あなたはお葬式に参列しますか?

 

きっと、亡くなった人と自分との関係性の濃さ薄さを思い返し、

仕事を休もうか否か、

急な出費を計算したり、

お通夜、告別式、どちらに出るか出まいか、

いろいろな迷いが瞬時に頭を駆け巡ると思います。

 

あなたの親御さんの意見は、

「ムリしなくていい」かもしれません。

 

ですが親戚ならば、

お通夜も告別式も出た方がいいと思います。

 

なぜなら、それは「あなたのルーツ」をリアルに確認できる、

またとない機会だからです。

 

お父さんやお母さん、どちらかの親戚一同が集まる場では、

知らないおじさん、おばさんから声をかけられるでしょう。

 

「◯◯ちゃん、大きくなったねえ。おばちゃんのこと憶えてる?

おばちゃんは◯◯ちゃんのお母さんの従姉妹なの・・・」

 

「おお、◯◯か!大きくなったあ。立派になって…今どんな仕事やってんだ?」

 

 

(この人が母からよく名前を聞いてたあのおばさんなんだ…)

(自分が小さい時、ああ、ああ、そんなことがあった…)

 

 

お父さんやお母さんのおじさん、おばさん、兄弟姉妹、いとこ、はとこ。

大勢の親戚の中で幼いときの記憶を呼び覚まし、

あらためて自己紹介をし合い、

大人になった自分と親戚との絆を結び直すまたとない機会。

それが親戚のお葬式です。

 

親戚のお葬式があったら、

あなたは親ごさんについて参列したほうがいいと思います。

あなたのお父さん、お母さんや家族が亡くなったとき

どうすればいいか一連の流れを学習できるし、

親戚に顔見せすることで、

いざという時に力になってもらえるからです。

 

 

 

 

 

「お通夜には「御霊前」と書いた不祝儀袋に、後ろ向きにお札を入れる」

「不祝儀の金額や御花料は前回の親戚の葬式にならう」

「お焼香はこうする」

「施主はこの立場の人が務める」などなど、

経験しなければ、あなたはずっと知らないまま。。。

 

遠方住まいで参列できないなら、

思いを込めた弔電を打ってもいい。

あなたの存在を認識してもらうために。

 

 

あなたの親御さんが亡くなったときに困らないように、

まずは結婚して身を固めることも大事!

 

 

結婚相手とはあなたを支え守ってくれる

かけがえのない存在だということを、

親戚のお葬式であらためて目の当たりにすると思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

婚活相談会@大阪は満席になりました!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

9/10の婚活相談会@大阪は
お陰さまで満席になりました!

 

大阪、神戸のみなさん、

大阪でお会いできるのを楽しみにしています!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

あなたの直感は勘違い?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

お見合いで「この人と結婚する!」という直感が働いた、

という話は女性からよく聞きます。

男性からはいまだ聞いたことがありません。

 

でも、直感が働いたからって、

自動的に結婚できるわけないですよね。

2人で乗り越えなければいけない問題を

1つ1つ解決していかなければなりません。

 

例えばこんなこと。

 

・お相手の親御さんに認めてもらえるか。

・2人の子どもについてどう考えているのか。

・お互いの仕事と住む場所はどうするのか。

・家計はどちらが管理するのか。

・結納はするのか。

・結婚式はいつどういう形で、

費用負担はどうするのか・・・などなど。

 

2人の生活を始めるにあたって、

細かいことをよく話し合って、

お互いに歩み寄ること。

お互いに歩み寄るためには

お相手の欠点を許して補い合うことが肝心です。

 

 

 

「この人と結婚する!」というあなたの直感は、

もしかしたら、あなたのエゴから生じたものかもしれません。

お相手をあなたの思い通りにしようとしてできないなら、

その直感は勘違いです。

 

お相手を思いやり、

お相手のために出せる力を惜しみなく出してこそ、

あなたの直感は本物になると思います。

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

あと半年で入籍したい。だけど・・

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

「来年の3月の誕生日までに入籍をすることを目標に活動を始めたのですが、このままでは3月どころかほんとに結婚できるのか不安でなりません。」

というお悩み相談をメールで受けました。

 

この方は現在、某結婚相談所で初めて紹介された方と

交際を始めたばかりとのこと。

進展が遅いことに不安を感じ、

別の方とお見合いさせてほしいと言うに言い出せず、

悩み苦しんでいるようです。

 

目標は「来年の3月の誕生日までに入籍」。。

ならば、逆算すると遅くても12月までに

「この人!」と思えるお相手を選ぶ必要があります。

 

「この人!」を見つけたら、

12月〜3月のタイムスケジュールは、例えばこんな感じ。。

 

週に2日とか3日一緒に食事し、

会えない時は電話でたわいもないおしゃべりをし、

双方の親御さんに紹介しあって親の意見を聞き、

クリスマスにはディナーとお泊りデートを楽しみ、

大晦日のカウントダウン〜初詣をともに過ごし、

これら一連のイベントのどこかでプロポーズ!

 

2月は結婚式場の見学と予約、

マンションの内覧会や住宅展示場などを見学に行き、

結婚について具体的な話をすすめる。

で3月の誕生日に入籍!!!

 

なので、いま交際してる人に気持ちが向かないなら、

この9月〜12月はいろいろなタイプの人と、

イヤっていうほどお見合いしたほうが

いいのではないかと思います。

「この人とほんとうに結婚してもいいの?」

という不安がよぎったら、

交際と同時進行で他の人ともお見合いしてください。

比較して進めていけば、おそらく「この人」がわかるはず!

 

ってカンタンに言ってますが、

婚活はあなたのメンタルを上に下に揺さぶります。

どちらかというと下振れのほうが多いんです。

 

なので、結婚したいと思う相手が思うように見つからず不安を感じたら、

思い切って、あなたと相性が合う仲人に乗り換えましょう。

 

晴れて結婚が決まるその日まで、

マンツーマンで支えてもらってください。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら