この魔法のスキルは何?

ストーリー

 

このスキルは何でしょう?
一度、これが身に付くとこんな力が手に入ります。

たとえば、、、

マーケティングやセールスコピーライティングの反応を劇的に高める、
大勢の見込み客や従業員をモチベートして動かす、
書いた記事をネット上で一気に拡散(シェア)させる、

営業での成果を上げる、
プレゼンテーションで人を魅了する、
「話が面白い」という印象を与え人に好かれる、、、

さてこれは何でしょうか?

このスキルはたくさんのエピソードで知られるように
想像を絶するほどのリターンがあります、、、

にも関わらず、そのスキルは過小評価され、
一部の専門家のためのものだと勘違いされ、
ほんの僅かな人しかそれを習おうとしません。

さて、これは何でしょうか?

ザ・ストーリー

 

【中身を読まなくてもわかる本の要約】

どうすれば、人の心を動かすことができるでしょうか。

映画やテレビの脚本家、小説家、劇作家であれば、誰もが知りたいテーマだと思います。

ただ、今の時代、特定の人たちだけでなく、誰もが知りたい内容かもしれません。
コピーライター、ウェブライター、マーケター、講演講師、セールスマン、ユーチューバー……。

彼らはみな、人の心を動かすテクニックを必要としています。
そのための一つのツールとして、ストーリーを語ることも一般的になってきました。

ところで、あなたは人を感動させるストーリーを創れるでしょうか。
実際に行ってみると、非常に難しいと感じた人も多いかと思います。

例えば、開発ストーリーと共に自社の商品を紹介しようとしても、
なかなかお客さんが反応してくれなかった。
そういう経験があるかもしれません。

どうすれば、人を感動させることができるのか。
それは、映画の脚本であっても、自社の商品紹介であっても同じです。
なぜなら、人が感動するのには“原則”があるからです。

小手先のテクニックやノウハウではなく、人間に普遍的な原則です。
この原則を理解すれば、どんなことにも応用することができます。
本書は映画の脚本に特化した内容ではありますが、あらゆるビジネスに転用できる原則なのです。

著者は世界一影響力のあるシナリオ講師で、
35 名のアカデミー賞受賞者、164 名のエミー賞受賞者を輩出しています。

つまり、それだけ彼の原則には説得力があるということ。
彼の原則は、あなたのビジネスライフに大きな影響を与えてくれるに違いありません。

 

魔法のスキル、ここからチェックしてみてください。

ザ・ストーリー