【動画】どんな服を着ると好かれますか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

【動画】結婚までの道のり、見えてますか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

県の婚活支援で結婚できるでしょうか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

婚活支援に力を入れてる地方自治体、多いですよね。

 

1対1のお見合いのほか、

業者とタイアップした恋活イベント、パーティー、セミナーなど

出会いの場を沢山盛り込んだホームページを見るとやる気が出てきて、

登録したらすぐに結婚できそうな気がしてきますよね。

しかも躊躇なく払える料金なので安心です。

 

 

先日、県の婚活支援センターに登録して半年以上たつけれど、

まだ1人もお見合いできていないという

40代の男性Aさんからご相談がありました。

 

どんな状況なのかというと。。

 

◆自前の端末で、ウェブ共有の会員リスト(写真なし)が見れるので、

「気になる人」「申し込まない人」それぞれマークをつけ、

「新入会」「おそらく交際中」、またお断りすると順番が変わるなど、

動向を細かくチェックしてる。

 

◆予約してセンターに出向き、

写真付きの会員リストを閲覧して、制限時間内で制限人数まで申し込む。

 

◆申し込んだ相手全員に断られたら、次の予約をする。

が、予約の間隔などにも制限があり、

担当者に「少し休んだら…」と制されるようになってきた。。。

 

 

「なぜ申し込んでも申し込んでもお見合いできないんでしょうか?」

 

考えられる答えは3つあります。

 

①女性から登録条件でふるいにかけられてしまうから。

その割合は。。

 

「人気者」20%

「ふつう」60%

「会いたくない人」20%

 

女性は基本、受け身です。

自分から申し込むのはおそらく「人気者」だけ。

「ふつう」レベルの男性からの申し込みに対しては、

受けるかどうしようか悩みます。

「会いたくない人」は無視。

 

逆に「人気者」にターゲットを絞る女性たちも、

うまくいかない現実に悩んでいると思います。

 

②面識のない男性と「1対1で会って話す」行為の前には、

高い高いハードルがある。

 

なので、条件的にハンデがある人ほど、

「会ってみたい!」と思ってもらえる写真を登録すべきと思います。

 

③窓口の担当者はクレームを嫌う。

・役所の担当者はクレームが大嫌いなので、

本音を隠し、当たり障りの無い対応に終始します。

 

・問合せに関して「登録者数」は即答できますが、

肝心の「成婚者数」は答えないでしょう。

正直に公表すると、これまたクレームを呼ぶので。。

 

 

地方自治体の婚活支援で結婚できないとは言いません。

 

ただ、機械的なシステムの中で結婚相手を見つけるというのは

相当むずかしいと思います。

 

 

これを釣りに例えるなら。。

 

魚がいっぱいいる漁場という評判を聞きつけて、

大きな期待に胸を膨らませて釣りに行ったとします。

「いっぱいいるんだから1匹くらいカンタンに釣れるだろう」って。

 

あなたは釣り上げたい魚がわからず、やみくもに行動。

 

まったく食いつかないエサをつかったり、

的外れの場所に釣り糸を垂らしても、

雑魚がチラチラ寄ってきては逃げ、

美味しそうな魚は姿を現しません。

時間ばかりを浪費し、あなたは途方にくれる。

 

ネット検索のグーグル先生に聞いた情報をつなぎ合わせても、

やっぱり釣れないものは釣れないんです。

 

なので、いずれ結婚したいと思っていても

打つべき手がわからないなら、

プロの仲人の指導を受けることをおすすめします。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

 

イベント系婚活パーティーをおすすめしない理由

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

先日、お見合い立ち会いから1時間も経たないうちに、

お見合いした本人のA子さんからLINEがありました。

 

(今、お電話してもいいですか?)

 

「今」という言葉になにやらいやな予感がし、

すぐにこちらから電話しました。

 

A子「今、お見合い終わったんですが…」

 

A子さんが話す、お見合い相手がとった驚愕の行動に、

開いた口がふさがりませんでした。

 

 

お相手の男性はこんなことを言ったそうです。

 

「あなたについてる霊が見える。

よければ1回500円で除霊しましょうか。」

 

霊が見えた彼はA子さんに注文を聞かず、

勝手に「◯◯◯2つ」とドリンクをオーダーしたそうで…。

 

A子さんはあまりの異様さにショックを受けていました。

 

わたしはただちにお相手の仲人さんに連絡して、

お見合いにふさわしくない話題と態度だった点について、

事実確認を申し入れました。

 

後日、先方の仲人さんから、

「初めてのお見合いで何を話題にしたら喜んでいただけるかとの思いが先行して大変緊張してしまったとのこと。猛省を促しました。今後、厳しく指導して参ります。」

というような謝罪があり、

A子さんに報告して安心してもらいました。

 

 

さて、話は変わりますが、

イベント業者が不特定多数の人を集客して行う婚活パーティーで、

猛アプローチの末カップリングした場合、

その相手にはよくよく注意してほしい、

と思うような相談が増えています。

 

わたしはイベント系の婚活パーティーに関わったことがないので、

事実確認のしようがありませんが、

40才過ぎた独身女性は特に用心したほうがいいと思います。

 

例えば、遊び目的の男性はこんな行動をとるようです。

 

自分をよく見せかけ、

甘い言葉でマメに誘い、

さんざん結婚を匂わせ、

奪えるものを奪ったあとにポイ捨て。。

男の辞書に「責任」なんて言葉はない。

 

婚活パーティー後の交際は自己責任です。

正確な素性がわからない男に

心身ともにダメージを負わされてしまったとしても、

高額な金銭を騙し取られてない場合、

訴える場はありません。

相談しようにもだれに相談していいのかわからず、

前向きになりたい自分と自信を失った自分とが対峙し、

もがき苦しむことになります。

 

結婚相手を見つけるために参加した婚活パーティーで、

たまたま知り合ったたった一人の男のせいで、

結果として結婚をあきらめたなんてことがあったら、

本末転倒ですよね。

 

なので、どんな輩が紛れ込んでるかわからない

イベント系の婚活パーティーは、

早く結婚したいと思ってるあなたにはおすすめできません。

 

なにかいやなことがあったら、

仲人を通じて相手に事実確認ができる

結婚相談所での婚活をおすすめしたいと思います。

 

一度ついてしまった心の傷はそうカンタンに治せないから。。。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

 

 

結婚支援をする本当の意味

(↑写真はイメージです)

 

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

(ウチの次男の後ろ姿)

 

 

おはようございます。シバタニです。

わたしには3人の子どもがいます。

3年間勤めた会社を退職し、

この春、全寮制の学校に入学するため家を出た長男。

社会人になったばかりの次男も福岡配属となり、

先日、家を出て行きました。

残る大学4年の娘は就活中。

 

大人になった子どもが巣立つときは、

母として自立が必要になるときでもあります。

 

見捨てられるような、

置き去りにされるような、

そんな淋しさが身にしみるけど、

まだ見ぬ世界に果敢に挑戦する子どもの将来を見据え、

自制心を発動させないといけません。

 

家を出る子を送り出すようになってはじめて、

昔のことに思いを馳せるようになりました。

 

わたしは姉弟3人の長子です。

福島県の高校を卒業後に上京して以来、

東京に住み着いています。(妹と弟も同様。)

 

子どもがみんな家を出て行ったあと、

母は酒乱だった父と2人暮らし。

娘2人が結婚するまで片親になってはいけない、

という信念のもと、

父の暴力に耐え、我慢に我慢を重ねました。。

 

淋しさを押し殺して子どもを送り出した

あのときの母の気持ち、

今なら少しわかります。

 

 

話はかわりますが。。。

「自分」って父と母につくられるもの。

父と母が受け継いできた遺伝情報、それぞれの価値観、

考え方や行動が「自分」を形づくっていきますよね。

あなたもわたしもそう。

 

で、大人になって結婚して子どもができると、

家族との関わりによって、

新たな「自分」がつくられていくんです。

 

 

はるか昔から、

人は人を産み育て、

その子がまた産み育て・・・

これを繰り返してきた末に「あなた」がいるんです。

 

何代も前の昔のご先祖から、

おじいちゃん、おばあちゃん、

お父さん、お母さんとつながって、

あなたが今ここに存在している。

 

あなたがそのつながりを次の世代に繋ぐかどうか、

あなたが新しい家族との関わりから
あらたな「自分」を発見できるかどうか、

もうほんとにあなた次第。

 

わたしは毎朝、仏壇に手を合わせ、

おじいちゃん、おばあちゃんと亡き父に

感謝の気持ちであいさつしています。

 

ここまで生きてこられたのは神様仏様のおかげさま。

昔の人にご恩を返さなければと思うようになりました。

 

わたしがやるべきご恩返しは。。。

 

「結婚したいけど、どうしたらいいかわからない」

と悩んでるあなたに、幸せな結婚をしてもらいたい。

できるなら子どもを育てて、

あなたにも親の気持ちを噛みしめてもらいたい。

 

これだと思いました!

 

 

わたしたちの子どもや孫の世代が困らないように、

絶えないように。。

 

結婚して幸せになりたい人、

子どもを育てる醍醐味を味わいたい人のために、

これからも微力を尽くしていきたいと思っています。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

 

うまくいかない婚活の原因「プライド」

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

婚活から結婚に至るまでには5つのステップがあります。

個人差はもちろんありますが、

最初の2ステップは比較的カンタンにクリアできると思います。

 

①出会いの場に行く

②お見合いする

 

むずかしいのはこの後の3ステップです。

 

 

③交際する

④婚約する

⑤結婚する

 

仲人としての醍醐味は②のお見合いから⑤のゴールインまで

いかに上手に後押しするかにあります。

 

いろいろな人の結婚のお世話をしていて、

中でも手がかかると感じることが多いのは、

アラフォー以上の年令の女性と、

親御さんが婚活の主導権を握ってる息子さんです。

 

女性はお相手をひたすら観察する傾向があり、

男性はとにかく受け身の傾向があります。

どちらもプライドが高く、動きは鈍いです。

(あくまで傾向です。人によります。。)

 

「プライドがじゃまをする」

とはよく言ったものだなあと思うこと多々あります。

 

動けない原因の1番は「相手から断られたら自分が傷つくこと」

を恐れてるからかもしれません。

お断りは織り込み済みとして行動してほしいんですよね。

 

また、お見合いを申し込まれた時に、

理想の人じゃないからって、

カンタンに断ってしまわれますが、

まずは会ってみて、

相性が合うのか合わないのかハッキリしなかったら、

仲良くなれるような努力をしてみてほしいんですよね。

 

 

お見合いの場で出会えた人とのご縁を

自らつなぐ努力をやってるうちに、

あなたにピッタリの人がわかる瞬間がくるかもしれません。

 

口下手でパッとしない人ほど、

一緒に生活したらラクかもしれませんよ。

結婚って生活そのものなんですから。。

 

プライドを捨てて素直になりましょう。

素直な人は愛されます。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

【動画】うまくいかない婚活の原因「プライド」

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

婚活で陥りやすい「高望み」と 「選り好み」

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

結婚相談所を渡り歩いてる人や

相談所をかけ持ちしながら婚活してる人からの

問合せが増えてきました。

中には、30代前半から婚活をはじめてはや10年、

という方もいました。

 

大なり小なり、みんな、婚活疲れを起こしてます。

なぜそんなに長いこと決まらないのか、、、、

ほんと、由々しき問題です。

 

強いて言うなら、彼らにはそれぞれこんな傾向が。。

 

男性は結婚相手を探してる女性から選ばれにくい低条件、

もしくは見た目や性格に難あり。

女性は出産適齢期を過ぎた年令ながら

「高望み」と「選り好み」が激しい。。

 

とはいうものの、

登録してる相談所の計らいでお見合いだけは組めてるようです。

 

時折、この「お見合いだけは組めてる」ウラに、

結婚相手紹介業界のタブーがあるように感じて

ゾッとすることもあります。

 

 

さてさて、はやく結婚して幸せになりたいと思うなら、

まずは「高望み」と「選り好み」という高い壁を

乗り越える必要があります。

 

人間だれしも結婚相手には多くを望みます。

 

「年齢差はそれほどなく、

身長も学歴も収入も高く、

実家の近くに住んでくれて、

共働きをしたいので家事育児能力がある人で、

全然怒らない優しい人を希望します。」

 

こんな男性が女性の数だけいればいいんですが、

んなわけないんです。

いたとしても極めて少数です。

で、少数のいわゆるハイスペック男性めがけて、

ほとんどすべての女性の申し込みが殺到するんです。

 

で、「高望み」と「選り好み」に走りやすいアラフォー美女が、

年令差プラマイ5才のハイスペック男性に選ばれるかといったら、、、

結婚適齢期の若い女性にはとうてい勝てないのが現実です。

 

一方、平凡な条件の40代50代の男性が

「実年令が若くてかわいい女性」ばかりに申し込んでも、

彼女らと同年代のハイスペック男性には勝てないと思います。

 

 

旅行先に例えればわかりやすいかも。。

 

異性を引きつけるプロフィールの人は、

例えば、「ハワイ」「ロンドン」「ニューヨーク」「パリ」。

 

華やかで人気があり、

おカネがかかり、

格差があったら緊張は半端なく、

長期滞在はムリ。。。

 

一方、異性にスルーされてしまうプロフィールの人は、

「交通の便がわるい民宿」「観光地ではない海辺」「秘境の温泉場」。

 

宣伝が下手なため見過ごされがちで、

人気がないので空いてる。

リーズナブルな料金以上の

あたたかいおもてなしの心があり、

何度でも行きたくなる。。

 

 

 

 

この世でたった一人の、

あなたを幸せにしてくれる結婚相手を

はやく見つけるために、

「高望み」と「選り好み」から卒業する勇気を

持ってほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

失恋から立ち直り、すばやく結婚を決めた男性の話

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

社会人サークルで知り合った20代の女性を好きになり、

デートや食事に誘うなどアプローチを試みた結果、

失恋してしまった会社員のAさん(39)は、

拙著「男のための絶対に結婚できる超婚活術」

を読んだことをきっかけに、本格的な婚活を始めました。

 

 

Aさんは爽やかな風貌、性格は素直で前向きです。

お見合いは難なく組めました。

でなんと2ヶ月で10人とのお見合いをこなし、

7才年下のB子さんを見出しました。

 

お見合い時のB子さんについては

とりたててどうということもない印象でも、

他の9人の女性たちと比較したときに、

「結婚するならこの人」と思ったそうです。

 

それから交際は順調に進み、

親御さんにもB子さんの紹介をすませました。

お互いの印象はよかったみたい。。

 

失恋したあの日からまだわずか3ヶ月ですが、

もう婚約まであと1歩です!

 

よかった。よかった。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

 

相手の心をあなたに引きつける最強の方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

先日、40代後半の男性から問合せがありました。

「会員はどのくらいいるんですか?

何万人とか宣伝してる相談所ありますけど…」

 

確かにコレって、

婚活を始めようと思った 人が

まず思いつく質問ですね。

 

わたしが加盟してる日本仲人協会の会員は

全国で1万人ほどです。

女性はその半数の5千人ほど。

「その5千人の女性の中で、

あなたが選ぶのはどんな女性でしょう?」

「お相手の女性の年令は何才くらいがお好みですか?」

あなたの答えに水を指すようで恐縮ですが、

お見合い結婚するためには、

あなたが希望する女性から

選ばれなければいけないということを

頭の片隅に置いてほしいんです。

意中の人から選ばれる自信、ありますか?

 

 

 

なかなかスムーズに交際が運ばない

30代半ばのA子さんに、

「あなたなら、おカネを持ってる40代男性は

喜んでお見合いするのにな。」

と言ってみたことがあります。

 

すると彼女はこう言いました。

「私は同年代がいいです。

40代後半で独身って、、なんだかいやです。」

 

ですが、

30才のB子さんは43才の彼と、

32才のC子さんも40才の彼と、

42才のD子さんは44才の彼と、

ゴールインしました。

 

「お見合いする」って、

頭で考えるとカンタンなことのようですが、

「相手から選ばれるかどうか」

が大きなポイントになるので、

理想の相手とのマッチングって、、、

思い通りにはいかないことが多いです。

 

 

女性会員が何千人いようと

それぞれ好みがあるので、

あなたが会える人はほんの一握りなんです。

そのわずかな人をスルーせずにお見合いし、

あなたを選んでくれるたった1人の人を

ちゃんと捕まえることができれば結婚できます。

 

 

あなたが選ばれるためには、

相手の心をあなたに引きつけることが必要です。

そのためにどうすればいいのか・・・

例えばこんな状況を想像してください。

 

ある土曜日、あなたはお見合いのため、

先方から指定されたシティホテルのラウンジに行きました。

相手は8才年下で、写真ではスゴくキレイな女性。

 

あなたは前の晩、深夜まで同僚と飲んでいて、

朝なかなか起きられず、

待ち合わせ時間ギリギリに到着!

服装はポロシャツにチノパンです。

(スーツ着てカッコつけるのってダサくね。。)

と自己弁護。

 

待合わせ場所で待ってた彼女は、

写真に映ってた白いワンピース姿。

(だけど、顔は別人じゃね!?)

と思った途端に、あなたの顔はこわばります。

彼女もあなたのクサい体臭が鼻につき、

2人ともテンションは急降下。

会話は当然弾みません。

お互いに「また会いたい」なんてつゆほども思わず、

お見合いは30分で終了!

 

 

 

でも、もしもあなたが・・・

同じラウンジで同じ彼女と

こんな状況をつくったらどうでしょうか?

 

身体にピッタリ合ったスーツ姿で、

ヘアスタイルもビシッと決め、

微かにコロンの香りを身にまとわせて、

待合わせ時間の30分前に到着します。

 

そして、彼女の印象が写真とは多少違ってたとしても

動じずに、

爽やかな笑顔で丁寧にあいさつしたら。。

なごやかな雰囲気で会話も弾むでしょう。

 

で、「あなたにまた会いたい」

と思ってもらえる確率は高くなります。

 

というように、

お見合いする人は同じでも、

あなたの心構えと態度しだいで、

真逆の結果になることがあるんです。

 

相手の表情はあなたの鏡です。

あなたが笑顔なら相手も笑顔。

あなたが仏頂面なら相手も嫌悪感を隠さないかも。

 

相手の心を引きつける最強の方法とは、

爽やかな笑顔です。

 

あなたがお見合いで相手に嫌われないために、

心のこもった爽やかな笑顔の練習をしてほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら