失敗しようがやったほうがいい理由

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

この春、自由学園の最高学部を卒業し、

某企業に就職することが決まっている次男が

突然、春休みにイギリスに1週間行くと言い出しました。

 

 

中国東方航空のチケットをすでに買い、

自由学園卒業生のツテを頼って1人旅するそうです。

 

 

「どういう計画なの?」

「イギリス在住の◯◯さんに『春休みにおいで』と誘われたから…」

という行き当たりばったりのずさんな計画。

おカネはギリギリ。

海外に行ったこともないのに!?

と正直、ビックリしました。

 

「なにかあったら親が尻拭いしなきゃいけないのよ。

クレジットカードに海外旅行傷害保険がついてるか確認してね。

救援者費用がついてれば迎えに行けるから。」

 

「航空料金に含まれてるから大丈夫。」

 

「ああ、そう…」

 

 

 

 

一難去ってまた一難、じゃないけど。。

長男が会社を辞めて学校に入り直すと言い出しました。

もうすでに、某専門短大から入学に関する書類が届いています。

 

 

わたしは若い頃、フランスに半年ほど留学したことがあります。

その他、シンガポール、イタリア、スペイン、ソ連時代のモスクワ、上海などへの旅行経験もあります。

主人は若い頃、料理修行のためフランスに4年ほど滞在してました。

不法就労もやったみたいで、いろいろ苦労しています。

 

なので、主人もわたしもなにごとも経験だと思っています。

子どもがやりたいということに関しては、基本、反対しません。

援助できないときは援助もせず、自分の責任でやらせます。

 

主人とわたしの背中を見て育ってきたせいか、

ウチの子どもたちは、みんな行動が先です。

失敗しようとどんな結果になろうと、

やりたいことはストレートにやったほうがいいと思っているので、

できる限り応援していきます。

 

 

この調子で、、

ゆくゆくは結婚相手と孫の顔を見せてほしいなと思っていますが・・・。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

来年の抱負。たった1人の妹のこと。

おはようございます。シバタニです。

今年もあとわずかですね。。。

今朝、食堂テーブルの上に、わたしに宛てた母の手紙がありました。

わたしには2つ違いの妹と5つ違いの弟がいます。

3人兄弟です。

妹は離婚して、ウチの子と年齢の近い3人の子どもを育てています。

弟は1周り年下の妻と幼い2人の子をもうけ

円満な家庭生活を送っています。

 

………………

 

わたしは強い性格、妹はわたしの言動に対して我慢する性格です。

母の手紙には、仲違いした3つのターニングポイントが書かれていました。

・父が亡くなったときのこと。

・妹が子育てに悩んでどうしようもなくなったときのこと。

・そもそもわたしが妹を見下していること。

 

わたしにとっては記憶があるようでないようなことも。。

ただ、事実はわたしと妹が決定的に疎遠だということ。

 

母の長い長い手紙には、一枚一枚大きく×がつけられていました。

わたしと同居している母。

わたしの主人と子どもたちに大切にされている母。

 

母はわたしにこの手紙を渡そうかどうしようか、

悩んで悩み抜いた様子が手にとるようにわかりました。

 

普段、えらそうなことを言っているわたしですが…

実は、妹と母をこんなにも深く傷つけている残酷な人間なんです。

 

来年の抱負。

「母の願いを叶えます。

78歳の母が生きているうちに、妹との長年の確執を解決します。」