私の評価は星5つ。お相手は?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

最近婚活をはじめた大手銀行勤務のA君に

女性からのお申し込みが殺到しています。

 

これまで女っ気のない生活をしてきたため、

A君にとってはまさに人生がバラ色に変わるかのような体験!

それでも「いやいや、ビギナーズラックじゃないですか」とご謙遜。

 

受身ばかりでもなんなので、

「会ってみたい女性に申し込んでください」と

お見合いの申し込みをしてもらったところ、

受けてもらえたのは10人のうち1人だけ。

これはほぼ平均値なので、少ないというわけではないんです。

まさに「思う人には思われず、思わぬ人には思われて」ということ。

 

さて早速、A君の申し込みを受けてくれた5つ年下のB子さんと

実際にお見合いしました。

 

お見合いでのB子さんの第一印象をA君に聞いてみると、

「実物は写真と違いました(笑)」

「ま、ま、ちがいましたね」

(わたしもお見合いに立ち会ったのでB子さんを拝見してます)

「B子さん、私にゴディバのチョコをくれましたよ」

「へ?スゴい、、気合いが入ってますね。」

 

結果的に、B子さんは感じのいい明るい人だと言いつつ、

「写真とゴディバ」というエサに釣られる形にモヤモヤ。。

 

「そんな、デートしたからってすぐ結婚しなきゃいけないわけじゃないので、

女性との交際を楽しんでみたらどうですか?」

 

「そうですね。B子さんにもう一度会ってから判断したいと思います。」

 

仲人のわたしからB子さんを見ると、、、

とにかく履歴のいい男性を求めるあまりのやりすぎ感は否めませんが、

一生懸命さという点では可愛げがあると思います。

 

お見合いは当人にとって人生の一大事なので、

お相手に対してとかく近視眼的にアラ探しをしたり、

多少見下したりしがちなんです。

 

例えば、知らず識らず、

「私のプロフィールは星3つだけど、人柄は星5つ!」というスタンスで、

お見合い相手を点数化するかもしれません。

 

Cさんはプロフィール上の学歴、年収、ビジュアルが「星5つ」だけど、

実際に会ったらフィーリングは「星1つ」だからお断り!、とか。

(その前にCさんからお断りだった…残念。。)

 

Dさんのプロフィールは「星3つ」だから会うかどうか迷ったけど、

実際に会ったら感じ良さが「星4つ」!!、とか。

 

誰もが他人から批判されたくない、

むしろ評価してほしいと思ってるんです。

 

なので、お見合いではいろんな想定外のことがありますが、

あえて大人の対応をしてほしいと思います。

お相手に対して気になることを許しているうちに、

もしかしたら、あなたに心境の変化が起こるかもしれませんよ。

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたがクリスマスまでに幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』