500円パーティーの罠

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

「去年の秋、結婚相談所N社のサイトに登録したんです。

その後、12月に非会員でも500円で参加できるパーティーがある

と案内がきたので、『安い!』と思って申し込みました。

ところがパーティー当日、女性のキャンセルが出たため、

パーティーができなくなったと連絡がきました・・・」

 

そう話してくれたのは、

20代後半の会社員Aさん。

 

Aさんは30才までに結婚したいという願望があり、

女性と出会うためのきっかけを探していました。

 

そこで「500円で参加できるパーティー」に飛びついてしまい、

とんでもないトラブルに苦しめられることになります。

 

 

パーティーが中止になったと連絡してきたN社の担当者は、

「個別に女性を紹介しますので事務所にきてください」とAさんを誘導。

 

素直に事務所に行ったAさんは、

美しい女性のプロフィールを何枚も見せられ、

 

「入会時費用は本来1年契約で25万円ですが、

サービス期間中のため契約期間は2年に延長できます。」

と説明され、

(Aさん曰く)過剰に煽られて、

1ヶ月に10人までお見合いメールを送れる

ベーシックプランの契約書にサインしてしまいました。

 

費用はクレジットカードで36回の分割払いにしたため、

手数料を含めると支払い総額は36万円!

 

「Aさん、でこれまで何人の女性とお見合いできたんですか?」

 

「ゼロです。申し込みメールを送っても返事がきたことがありません。

それでなんやかんやおかしいなと思い、

日本仲人協会のホームページで理事長の話を読み、

この人に相談してみようと思い、

理事長に相談メールを送りました。」

 

「理事長はなんて?」

 

「N社のお客様相談窓口や消費者センターに

相談したほうがいいという返事でした。」

 

「わたしのところに相談に来られたのは理事長にすすめられて?」

 

「いいえ。理事長の対応がよかったので、

仲人協会のホームページで紹介されてる仲人さんに相談しようと思い、

自分から柴谷さんに連絡しました。

柴谷さんはN社のこと、どう思いますか?」

 

「わたしの立場でどうこう言える問題じゃないので、

理事長のアドバイスをよく聞かれたほうがいいと思います。」

 

わたしがAさんをお客様扱いせず、

面談の冒頭、「入会に関してはお互いに断る権利がある」

と申し上げたことに、

Aさんはビックリしていました。

 

それにしても、、、

架空とも思える激安パーティーをでっち上げるN社の集客の実態を、

垣間見せられた衝撃は大きかったです!

私とはまるで正反対のやり方、というか手口というか。。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』