結婚相談所にとって都合のいい人

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

「私は婚活歴30年、10ヶ所以上の結婚相談所を渡り歩き、

婚活パーティーも300回以上参加しました。

もうどうしたらいいのか…」

 

ある日、50代後半の男性Aさんから電話がかかってきました。

切羽詰まった様子で、会って話を聞いてほしいと言うので、

先日、面談しました。

 

待合せ場所に現れたのは、

清潔感のあるこざっぱりとした服装の

ごくふつうのおじさんでした。

 

某国家資格を持ち、学歴もあり、そこそこ資産もあり、

誠実とやさしさがモットーというAさんは、

特になんの問題もないように思いました。

が、私に求められている回答を導き出すために、

質問しながらAさんの状況を深堀していきました。。

 

<今、婚活は継続してるんですか?>

「この2年は3ヶ所の結婚相談所で婚活してます。

合わせて百何十人申し込みましたけど、お見合いできたのは5人で、

全部交際にはいたりませんでした。」

 

<今までで一番長続きした交際を教えてください?>

「成婚退会したあと破談になってしまったことがあります。

あとは婚活パーティーでカップリングした方と半年。

どちらもなぜ断られたかわかりません。」

 

<これほど努力しても結婚できなかったことについてどう思ってますか?>

「やっぱり、自分の年収の低さが原因だと思います。

あたまもハゲてるし…」

 

<年収?お仕事はなにを?>

「賃貸経営の自営業ですが、空室が多く食べていけないので、

資格を生かして働きに行ってます。」

 

 

<今の相談所に登録してる写真はどんな?>

「証明写真です。免許証みたいな…。」

 

わたしは運転免許証の写真を見せてもらいました。

目の前にいる人はとてもやさしくて感じのいい人なのに、

写真のその人はかなりこわい顔でした。

まま男性は当然ですよね。

証明写真なので。。

 

<なんでこんなこわい顔の写真をお見合い写真にしてるんですか?>

「結婚相談所の人が写真はそれでいいって言ったから…」

 

・・気を取り直して次の質問へ。

 

<5人お見合いされたとき、立ち会いはありましたか?>

「立ち会いってなんですか?

仲人さんに立ち会ってもらったことなんてありません。」

 

<今まで婚活にいくらつかいましたか?>

「1000万近いです。

だからもう結婚はあきらめて一生独身でいたほうがいいのかどうか、

柴谷先生に話を聞いてもらいにきたんです。」

 

・・・問答をつづけているうち、

Aさんの話の中に、結婚相談所に都合のいい言い訳が

そこここと混じりだしました。

 

「そもそも成婚率は5%ですよね。そこになんとか入ろうと頑張ってきた。」

「女性は年収は500万とか条件を入れて検索するんですよね。

だから自分は検索に引っかからずお見合いも組めないんです。」

「自分はハゲてるから不利」などなど。

 

で今も、数枚のプロフィールを郵送してもらうために、

◯◯会に毎月1万円払ってる、、、

ってなんですか??

 

<結論>

濡れ手で粟のような商売に絡め取られて、

相談所に都合のいい言い訳を自らの口で語っているようでは、

結婚はムリだと思います!

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』