子どもを期待されても困る。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

おはようございます。シバタニです。

 

あるとき、40代前半のA子さんに

40代半ばの男性からの申し込みを

ラインで取り次いだところ、

折り返し、お断りのラインが返ってきました!

 

「家族を増やせる可能性が限りなくゼロに等しいのでお断りします。」

 

・・・『家族を増やせる可能性』ってどういう意味かしら?

男性の写真を見て性欲が萎えた??

 

どう受け取ったらいいかわからず、

A子さんに電話で話を聞くことにしました。

 

 

「家族を増やせる可能性が限りなくゼロって、

どういうふうに考えたのか教えて?」

 

「それは…、あの人の自己PRに

こんなことが書いてあったじゃないですか。

『家族みんなでスポーツしたり、旅行に行ったりしたい。

『家族みんなが笑っている家庭』が理想です。』って。

私はもう年齢的にダメだと思ってるので、

子どもを期待されても困るからです。」

 

「そうだったのね…。」

 

ラインって便利だけど、

本当の気持ちは伝わらないですね。

あたりまえのことですが、

直接話せばわかりあえると改めて思いました。

 

で、A子さんに話したことはこんなこと。

 

「プロフィールの自己PRは仲人が書くんだけど、

婚活をやってくなかで、

本人の考えはだんだんと変わってきてる可能性があるの。

自分のプロフィールをそんな一々見ない人が多いから、

そんなこと書かれてるなんて忘れてるかもしれないし…。」

 

とは言うものの、

A子さんは申し込みを受けようとはしませんでした。

 

 

プロフィールの彼、やさしくていい感じの男性なのに、

先方の仲人さんが書いた作文のために

お見合いを受ける気がしなくなったって、

もったいない気がします。

 

 

そもそも、40代半ばの男性が

40代前半の女性に申し込んできた時点で、

子どもを持ちたいと強く思ってはいないと思うのですが、

どうでしょう?

 

 

 

なので、異性に敬遠される要素がないかどうか、

あなたも自分のプロフィールを点検してみてほしいと思います。

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』