男がワリカン!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

婚活中の女性がお相手との交際をやめようと思う

きっかけはいろいろありますが、

わかりやすいのは「ワリカン」です。

 

「ちょっとご相談があります」

と女性からわたしにかかってくる電話の

多くがワリカン問題。

 

 

【A子さんの場合】

 

「38にもなって、はじめてのデートでワリカンって、なくないですか?

おカネの価値観がちがうと思うのでお断りしてもいいですか?」

 

「ちょ、ちょっと待って。

あなたがお相手のことを少しでもいいなと思うなら、

はじめてのデートは彼の行動を観察する時間だと思ったほうがいいです。

ああこの人ってワリカン主義なんだ、とか、

全然気が利かない、とか見えたでしょ。

てことは女性慣れしてない男性だと、そこまで観察する・・」

 

「だからあの年まで独身だったってことですか?」

 

「まあまあ、そこはお互い様だけどね。

彼、ワリカンが女性の気持ちを大いに削ぐってことに気づいてないと思う。

なので、次のデートから教育できる余地があるかどうか試してみて。」

 

「わかりました。とりあえずまた会ってみます!」

 

【B子さんの場合】

 

「彼、仕事めちゃくちゃ忙しい人なんです。

でもその合間を縫ってデートに誘うことは誘ってくれるんですが、

わたしにあんまり興味ないのかな、って思うんです。」

 

「なにかいやなことが・・?」

 

「いいえ、とくには…。

ただ、いつも淡々と2人で食事するだけで、、、

結婚したらどうこういう話をしても、僕はこうしたいというだけで、

君と一緒に…とか、私を含めた将来図が見えてこなくて…、

でしかもお会計は毎回ワリカンなんです。」

 

「彼、42よね。

それだけ忙しかったらおカネつかうとこないから、

貯金はいっぱいあるかも。

なのにここは俺が払っとく、とか言わないの?」

 

「はい。なんだか、なんのためにつきあってるのかわからなくて…」

 

 

【C子さんの場合】

 

「毎日まめに連絡くれるしステキな人だと思うんですが、

彼、56にもなって、婚歴もあって年収も結構あるのに、

デート代は毎回ワリカンなんです。」

 

「いやだったら、いつでも交際終了できますよ。」

 

・・・実例はここまで。

 

結婚を希望する独身男性諸氏へ。

「結婚前提の交際のミッションって、なんなのかわかりますか?」

まずはお相手と仲よくなり、安心感を与えることです。

 

あなたと同年代の妻帯者は、

何十万円というお給料を生活費としてまるまる奥さんに渡し、

毎月3万とか5万とかの昼食代を含めたお小遣いを、

奥さんからもらって生活してる、という人が多いと思います。

 

もし、それがいやでこれまで独身を貫いてきたんだったら、

考え方をまるっきり変えなきゃ結婚なんてできません。

 

彼女を釣り上げたいなら、

見返りを求めず惜しみなく与えてください。

 

 

あなたと彼女の心の距離を縮め、

その関係を結婚まで一気に持って行きたいなら

「ワリカン主義」から卒業しましょう!

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』