お願いできてますか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

おはようございます。シバタニです。

婚活で一番むずかしいことはなにかといったら、

いい意味で「人の注意を引くこと」。

 

結婚相談所の会員リストを上からバアーッと見てみます。

まず目に入るのは写真。

女性のリストに男性のような人が混じってたら、

二度見します。。。

いやいや、そんなクレームを言いたくなることではなく、

たくさん並べられたリストの中で、

どの写真に目が止まるのか、

さらに「この人に会ってみたい」と思うのかを

あらためて考えてほしいんです。

それでは質問です。

「どんなプロフィール写真をアップすべきですか?」

正解は、

「あなた史上最高にキレイに撮れた写真をアップ!」。

コレできてない人多いけど、

異性の注意を引くためにスゴく大事なことなんです!

 

写真の明るさ、背景、服装、表情…

写真の枠に映るすべてに気を配ってください。

 

さて、あなたの写真が人の注意を引けるクオリティーで、

年収、学歴、身長体重、職業などまあまあ好条件なら、

通常の2倍3倍のペースでお見合いが組めると思います。

 

ここからが肝心です。

お見合いのミッションは、

「あなたにまた会いたいとお相手に思わせること」。

 

異性慣れしてない人が、

「手ぶら」「丸腰」「ありのまま」でお見合いに臨むと、

お相手がよほど物好きか下心がない限り、

ほぼほぼ撃沈します。

 

じゃあ、「あなたにまた会いたい」って

思ってもらうにはどうしたらいいのかって、

気になりますよね。

 

その答えは繰り返しになりますが、

いい意味で「お相手の注意を引くこと」です。

 

考え方の基本は、

人は常に自分のことしか頭にないことに注目して、

そこをうまく突いていくこと。

 

要は、お相手がいやがることをしない、言わない、

「お相手に興味を持ってる」それをうまく伝える、ってこと。

実はそうむずかしいことでもないんですよ。

 

さて、お見合いが無事に終了。

お互いにお相手に興味をもち、

また会うことになりました。

 

この段階で大事なことは、

コミュニケーションのつなぎ方です。

 

お相手がどんな人なのか、

どんな生活をしてるのか、、、

ほぼわからない状態で連絡を取り合うんです。

ここから早く仲良くなるためには、

できるだけ頻繁に会うこと!

会えない時はできるだけコマメに電話で話すことが必要です。

 

LINEは便利ですが、

お相手が理解不能なメッセージを送ってしまったりすると

一瞬で関係が壊れますし、

コピペでいくらでも拡散できるので、

ホント、つかい方には十分に気をつけてほしいと思います。

 

話を戻します。

コミュニケーションをコマメにつなぐためには、

「質問」と「お願い」を上手に繰り出すことが重要です。

 

つまり、お相手の頭の中に、

四六時中あなたのことを考えてる状態を作り出すってこと。

 

例えば、こんなお願いをする。。。

「次のデートの日、どこに行きたいか考えててくれる?

じゃあ、また明日電話するね。おやすみ…。」

 

 

ここまでのプロセス。

あなたはできてましたか?

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』