あなたはしつこくないから。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

 

お見合いで楽しくお話しして、

2人とも「もう一度会ってみたい」となり、

電話でデートの約束をしました。

この交際が順調にいくのかどうかを占うカギは

その後のコミュニケーションの取り方にあります。

 

立ち止まってしまう原因の多くは、

「お相手から連絡がこない」ということ。

 

とくに、女性慣れしてない男性は

デートの約束をしたことで安心してしまい、

連絡しなくなるんですね。

 

これはよくない!

お相手の女性に不安を与えます。

 

「ほんとうは私なんかに興味がないんじゃないか」

「私よりもステキな女性とお見合いしてるんじゃないか」

 

こんなことをモンモンと考えさせてはいけないんです。

が、男性の方も経験がないことをやってるわけなので、

まったく悪気はないんです。

 

モンモンとしたら、モンモンとしたほうから連絡すればいいんです。

だって、どちらも相手からの連絡を待ってたりするので。。

 

「そんな、、電話なんかして迷惑じゃないですか?」

「女性の私から連絡したら、しつこいとか思われませんか?」

 

って、なにを言ってるの?

 

交際に入ったってことは、

お互いにお相手を気に入ってるわけで、

気に入ってる人から電話がかかってきたら

どんな気持ちになるか想像してみてください。

 

例えば、あなたが男性なら。。

 

ある日、仕事が終わって、

ヘトヘトに疲れて家にたどりつき、

食卓に惣菜と第3のビールを並べて、

風呂に入ろうかどうしようか考えてる時、

プルル・・プルル・・ピッ!

 

「もしもし、田中さんのケータイでよろしいでしょうか?」

「あ、はい。。」

「こんばんは(*^^*)。私、昨日お会いしたハナコです。うふふ・・。」

 

ハナコさんのちょっと鼻にかかったかわいい声が

電話口から聞こえてきたら、

あなた、どんな気持ちになりますか?

 

 

もし、あなたが女性なら。。

 

同居の両親と妹と一緒に夕飯を食べているとき、

プルル・・プルル・・ピッ!

 

「もしもし、ハナコさんのケータイでよろしいでしょうか?」

「はい。そうですが…。」

「今すこし、お話できますか?」

「あ、ちょっ、ちょっと待ってください…。」

 

昨日お見合いした田中さんからの電話。

両親の視線を避けるように、あわてて自分の部屋に飛び込む。

 

「すみません。お待たせしました(*^^*)」

 

男性から電話がかかってくるなんて何年ぶり?

どんな気持ちですか?

 

 

お相手に脈がある限り、

あなたからの電話はしつこくなんてない。

うれしいんですよ。

どんどん電話して、頻繁に夕食を共にして

はやく仲良くなってください。

 

お見合いで出会った人たちはみんな結婚を焦ってます。

このチキンレースを抜け出すのは、手数をかけられる人です。

 

あなたはそもそもがしつこくないから、

仲人の傘の下で、

むしろしつこくしてほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

未婚率はもっと上がる!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

先日、面談をした40代の男性Aさんとこんな話をしました。

 

A「『結婚してない人は4人に1人だ』となにかで読みました。自分も・・・」

 

わたし「そうですね。いま、男性の生涯未婚率は23%なんだそうです。

その仲間入りをしたくないAさんと同じ思いの人、いっぱいいますよ。

ところでAさんは、どんな人をお嫁さんにもらって、どんな家庭を作りたいんですか?」

 

A「ああ、あんまり考えたことがないです。でも以前に入院したことがあって、そのとき身の回りの世話をしてくれる人がいるといいなと思いました。」

 

わたし「そうですよね。入院とかたいへんなときに『Aの嫁さんはよくやってくれる』って周りの人に言われるような人を見つけたいですね。」

 

 

<参考>生涯未婚の男性23%、女性14%、2015年最高更新(共同通信)

 

さて昨日、日本仲人協会の月例会で、理事長がこんな話をしました。

 

「『生涯未婚率』とは50歳になった時点で一度も結婚していない人の割合です。

いまは50才すぎてから結婚する人も増えていますが、一方で、

未婚の40代の人たちがこれからドンドン婚活して結婚するかといったら・・・、

ふつうは年令が上がるほど結婚に対する意欲はなくなっていきますので、

これから未婚率はもっと上がると思います。

統計の基準年令を60才にする日がくるかもしれません。」

 

 

40代で婚活をしてる人たちは多いのですが、

自分にぴったりの人を見つけるのは、

年令が上がるほど難しくなっていきます。

が、中途半端にやめると、ほぼまちがいなく生涯未婚の仲間入りです。

それがいやなら、結婚できるまであきらめないでほしいと思います。

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

 

【動画】今、あなたに必要なものは?

 

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

 

 

あなたは「保険」ですか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「ルリ子ー!俺は、俺は君のなんだったんだーーー?」

「・・・保険。」

 

このセリフ、聞き覚えあります?

そうです!

保険のビュッフェ」のCM「プロポーズ篇」ですね。

 

雲ひとつない青空が広がる休日のデート。

白パンに紺のジャケット、知的なメガネが印象的なクールなナイスガイが

ルリ子を海辺に誘う。

キラキラ波打つ浜辺をルリ子、つづいて彼がゆっくりと散歩。

 

「ルリ子さん。」

思い切ったようにルリ子を呼び止める彼。

 

「なに?」

と言って振り返るルリ子。

 

「結婚してください。」

彼が差し出した両手の中には小さな赤い箱。

 

「ハイ。」

 

するとそこに、グレーのパーカーに白いヘルメットの男が

原チャリで土手に急行!!

 

「ルリ子ーーー!」

血相を変えてあわてふためき、

土手の上から転がるように駆け下りてきた男。

 

「俺は、俺は君のなんだったんだーーー?」

「・・・保険!」

 

悲報であって朗報でもある、このCM。

あなたはルリ子と振られた男性の人間模様をどう思いましたか?

 

 

・・・あなたももしかしたら、誰かに保険扱いされてません?

 

例えば、

ズルズルと何年もつきあっているけど一向に結婚の話がでない、とか、

相手の気持ちが読めない、とか、

親兄弟や友だちに紹介してくれない、とか、

単純にセフレであるとか。。

 

あなたと交際相手の間にモヤモヤがあるなら

「保険」を疑ったほうがいいかもしれません。

 

一度、相手にあなたの気持ちをハッキリ伝え、

あなたは彼彼女のなんなのか確認したほうがいいと思います。

 

それでもモヤモヤが解消されないなら、

その人はそもそもご縁がない人なんだと思います。

いつまでも執着していては不幸になる一方です。

 

結局、恋愛相手と結婚相手はちがうんです。

 

保険扱いされてると感じたら、

あなたの幸せのために、その関係に終止符を打ってください!

 

で、仕切り直しの婚活に踏み出し、

あなたが一緒にいて安らげる生涯の伴侶を探して欲しいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

【動画】だからダメだったのかあ。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

 

 

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

 

<カリスマ仲人士100>

40男が20代の女性と結婚できる!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

わたしの本を読んだことをきっかけに相談してこられる男性が、

ボチボチ増えてきました。

 

彼らの話を聞いてみると、

一番多いお悩みは、

婚活サイトで知り合った女性と交際に至らない、ということ。

次に目立つのは、

40才前後の男性が20代の女性に振られて傷ついてるケース。

 

知り合う場所は、職場や取引先であったり、社会人サークルなど。

 

あらためて考えてみれば、

独身の40男の頭の中は20代のまま止まってるんですよ。

なので、恋の対象になるのは、

身近で目にすることが多い、若くてピチピチした女性に決まってますよね。

これはもうわかる!

 

が、彼女らを口説き落とすためには、

独身の40男は若い女性からどう見られてるのか、

一旦考えなきゃいけません。

 

「年の差?ありです。」

 

と言われたとしても、真に受けて喜んじゃいけません。

リップサービスの可能性大です!

なぜなら、職場やサークルで居ずらくならないようにと配慮してるから。

 

あなたが本気になればなるほど、彼女らは引くでしょう。

なぜ、って。。

 

・20代30代の彼女と同年代の男性とあなたを比べてください。

おそらく見た目で負け!

・デートの支払いは割り勘、ってなに!?

・「子どもが欲しい?」って結婚にガツガツしすぎ!

 

引かれる理由は人によっていろいろ。。

が、結局振られたならあっさりあきらめることです!

 

あなたを好きじゃない人のことをいつまでも考えていても、

思いだして落ち込む時間は、あなたに悪影響しか与えません。

 

気持ちを切り替えて、

あなただけを待ってる、この世でたった1人の運命の人を探してください。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

ウソつく人と結婚できますか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

(写真と本文は関係ありません)

 

 

おはようございます。シバタニです。

「おかあさん、有村架純ちゃんが出てる朝ドラおもしろいよ!」

娘にすすめられ「ひよっこ」を見始めました。

 

ドラマの舞台は昭和39年の東京オリンピック前の北茨城。

「んだっぺ〜」

言葉のなまりは、わたしが生まれ育った福島県を思い起こさせます。

なつかしくて、ドラマにはまってしまいました!

 

ドラマのセリフにつられて、

ついつい「んだっぺ〜」と言ってしまうと、

娘がわたしのイントネーションをまねて「んだっぺ〜」と復唱。

 

北茨城は福島県のおとなりなので、

よく似た言葉を話します。

 

例えば、「しがだねえない(仕方ないね)」のように、

「かきくけこ」の発音は「がぎぐげご」になり、

「たちつてと」の発音は「だぢづでど」などなど。

いわゆるズーズー弁です。

 

わたしが高校を卒業して就職のために上京したとき、

肌に染みついたズーズー弁は恥ずかしく、

必死で標準語をしゃべって自分を取り繕ったものです。

 

が、東京育ちの娘は「方言はかわいい」と言って覚えようとします。

「なまりがかわいい」って、なんか新鮮な驚きでした。

 

 

言葉のなまりやコンプレックスを含めて、

わたしという人間が好きだと認めてくれてる

主人や子供たちのおかげで、

わたしは自信をもって生きられています。

 

 

 

話は変わりますが、

入会面談のときに、こんなやりとりがよくあります。

 

わたし

「登録記載事項、例えば、学歴、婚歴、年収などに誤りがあると

重大な違反になります。」

 

Aさん

「重大な違反?」

 

わたし

「そうです。ちょっと考えてみてください。

例えば、AさんがおつきあいをしていたB子さんと

婚約しようと決心したとき、

B子さんのプロフィールに書かれていた学歴は

「青山学院大学卒業」。

なのに実は「青山学院大学中退」とか、

「青山学院女子短大卒業」だったとしたら、

どう思いますか?」

 

Aさん

「そのくらいいいと思いますよ。」

 

わたし

「・・・よくありません。

ダメだと思います。

夫になるかもしれない人に、

平気でウソをつく人間は信用できません。

信用できない人と結婚しても幸せになれません。

なぜなら、言葉はわるいですが、

『だまされた』という事実は一生ついてまわるからです。

そんな忌まわしい人とは関わってはいけないと思います。」

 

Aさん

「言われてみればそうですね。」

 

 

なまりを隠して取り繕う程度ならまだかわいいと言えますが、

結婚前提の交際相手の履歴にウソは許されません。

 

あなたはウソつく人と結婚できますか?

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

 

 

 

だからダメだったのかあ。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

先日、わたしのYouTube動画を見たという男性から電話がありました。

 

「婚活サイトっていうんですかね、3つぐらい登録してて、

女性と会うことは会ってるんですけど、そのあと続かないんですよ。

なんでですかね・・。」

 

「なんでって、それはケースバイケースなので

原因はコレとはいえませんが、

お見合いでどんな会話をしてるんですか?」

 

「ああ、、初対面の女性ってみんなしゃべらないじゃないですか。

だからずっと自分がしゃべってるような感じです。」

 

「そうですか…。失礼ですが、あなたのご年令は?」

 

「4◯才です。」

 

「いつごろから婚活サイトで?」

 

「田舎の母が、自分が30才の頃に『結婚しろ』と言ってきたんですが、

その頃、お見合いとか結婚とか全く考えてなくて…、

でも、ずっと言われてるうちに、だんだん結婚しなきゃな、と思って、

それからですね。」

 

「直近で会った女性はどんな女性でしたか?」

 

「あ、それは母の知り合いの紹介でお見合いした人なんですが、

年令とか、どんな人とかもうわすれました。

あそこでやったな、って場所だけはおぼえてるんですけど…。」

 

 

 

服装、場所選び、会話など。

わたしは彼に、女性からOKをもらうためにはどうすればいいかを、

カンタンに教えました。

それと、「女性はしゃべらないから自分がしゃべる」

という思い込みはキケンだということも。。

 

「そうか。だからダメだったのかあ。」

 

腑に落ちてよかったです!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

やっと会えました!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

昨年8月、東京の西新宿で開催された「親御様の婚活セミナー」に

参加された70代のあるお母さんがいました。

 

わたし「長野県からわざわざ・・・。」

お母さん「はい。東京で1人暮らしの息子をどうしても結婚させたくて、

日本仲人協会の新聞広告を見て、いてもたってもいられなくなって来ました。」

 

お母さんは45才になってしまった息子さんを

結婚させるために一生懸命でした。

が、「息子にだまって参加したので…」

と入会は一旦保留になりました。

 

その後しばらくして、

お母さんからの連絡がないことを思い出し、

電話をしてみました。

 

「あれから息子さんとお話しできましたか?」

「はい。他のところでお見合いが決まりまして、

もしそれがダメだったら、あなたにお願いしようと思ってるんですが・・。」

「そうですか。お見合いが決まってよかったです!いいご縁になるといいですね。」

 

 

それから数ヶ月後、

突然、お母さんから電話がかかってきました。

「息子が帰省するので、あなたのことを話してみようと思うんですが、

大丈夫でしょうか?」

「はい。大丈夫ですよ!」

 

実際、わたしは息子さんがどんな人なのか全くわからなかったので、

期待せずに流れにまかせていました。

 

で、先日、その息子さんから電話がかかってきて、

翌日会うことになり、面談しました。

 

「やっと会えました!お母さんによく似ていらっしゃいますね。」

「あ、はい。よく言われます。母似なもんですから・・。」

 

わたしはお母さんが書いた息子さんの履歴書を、本人に見せました。

「これ、母が書いた、、とっててくださったんですか!?」

 

どんな男性だったかは、あなたのご想像にお任せします!

 

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>

 

 

 

「週間大衆ヴィーナス」に柴谷の記事が掲載されました。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

朝からなんなんですが。。

4月4日発売の「週間大衆ヴィーナス」の136ページに、

わたしへの取材記事が掲載されました。

 

 

「婚活コンシェルジュの柴谷かをる氏が熱血指導!

『婚活パーティーでモテる裏ワザ』」

 

 

母が見ました!

 

 

主人も見ました!

 

 

婚活パーティーに興味がある男性諸君は、

4月4日発売の「週刊大衆ヴィーナス 2017年5月4日号」

をご覧ください。

 

【注‼︎】ただし、、この雑誌をアマゾンで検索すると、

「あなたへのおすすめ」にエロ本がズラーッと並ぶことがあるので、

検索はあくまで自己責任でお願いします!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

<カリスマ仲人士100>