親が口を挟めば子は苦しむ

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

我が子に婚活をすすめながら、

知らず知らず邪魔をしてる親御さんは多いように思います。

 

先日、Aさんのお母さんから電話がかかってきました。

Aさんは40代の会社員。婚活中です。

 

「ウチのAはなんにも言わないから、今どうなってるのかと思って…」

「あら、そうだったんですね(笑)大丈夫ですよ。やさしそうなお嬢さんとおつきあいされてます。」

「へー、そうなの。なんで言わないのかしら。でどんな人?」

「すらっとした背の高い女性で したね。」

「ウチのAより高いってことない?女のほうが背が高いとちょっとね。。」

「う〜ん、同じくらいだったと思いますけど、、おつきあいを始めてからは特に連絡がないので見守ってるところです。」

「そうなの。お嫁さんは◯◯で◯◯な人がいいんだけど。」

「ええ、ええ。Aさんは大人の男性なので大丈夫だと思いますよ。

しばらく静かに見守ってあげましょう。」

「わかりました。よろしくお願いします。」

 

わたしも人の子の親なので、口を出したくなる気持ちはわかります。

 

 

が、結婚適齢期を過ぎた子どもにとって、

親がお相手に対して思ったことを口に出せば出すほど、

婚活はやりにくくなるんです。

 

Aさんのお母さんに限らず、

親御さんから言われる要望で一番多いのはこれです。

 

「お嫁さんは子どもが産める年齢の人がいい」

 

孫の顔を見たいという気持ちはわかります。

わかりますが、40代の独身男性がお相手の年齢をグッと絞り込んで

うまく結婚できるかと言ったら・・・むずかしいかもしれません。

 

 

わたしたち仲人の間でまことしやかに言われていることがあります。

それは、「婚活でOKがもらえる年の差=年収÷100」。

 

つまり、1000万の年収がある男性なら10才年下でもOK、

600万なら6才下まで。

400万円なら4才下まで・・・。

 

もちろん、絶対そうかといったらそうじゃないと言いたいですが、

若い女性に聞いてみてください。

年齢差と年収についてどう思っているのか、と。

 

婚活はお相手に選ばれなければ始まりません。

なので、子どもが婚活を始めたら口をはさまず否定せず、

ただひたすら信じて見守ってあげてほしいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』