お見合いから4ヶ月で婚約した男性の話

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「昨日、自分のお店に親同士集まってもらって、

無事に顔合わせが終わりました。

あと彼女と、いつこっちに引っ越してくるかって相談もしたんで…。

これでもう、シバタニさんに電話することもないかと思います。」

 

電話の主は、昨年7月に入会して、この1月に婚約したAさんです。

 

Aさんは40代の飲食店の経営者です。

お店は1人で切り盛りしています。

これまで脇目も振らず仕事に没頭してきたAさんが

結婚を意識したきっかけは、

婚活してるというお店の常連さんの言葉でした。

 

常連さんはお店にくるたび、

「マスター、結婚しないの?」

としつこく言うんだそうです。

 

「お見合い」とか「婚活」とか、

なにをどうするのかさっぱりわからず、

検索して見つけた「婚活コンシェルジュ」に、

とりあえず面談を申し込んだ、とのこと。

 

Aさんのお嫁さん像は。。

「べつに他に仕事をしててくれてもいいんですけど、

週に1回くらいはお店に顔を出してくれる『おかみさん』がほしいんです」

 

彼は容姿はそれほどよくなく、学歴も高卒だったので、

婚活はきびしいことが予想されました。。。

が、ふたを開けてみたら、意外に女性の反応がよかったんです。

 

彼は高望みをしない素直な人で、

わたしのアドバイスは忠実に実行し、

お相手の女性さえよければ・・・というスタンスが

一貫していたのがよかったのかもしれません。

 

 

婚約者のB子さんは彼より年下の40代の女性です。

昨年9月にお見合いしました。

何度かデートしたのち、

彼は自分のお店の定休日にB子さんを招いて、

心をこめてつくった料理を振舞いました。

11月のその日、2人はお互いに結婚を決めました。

 

結婚を意識したのはお見合いから2ヶ月、

双方の両親の同意を得たのが4ヶ月後です。

 

わたし:

「ご両親はなんて言ってましたか?」

A:「お前がいいならそれでいいだろう、って。」

わたし:

「よかったですね。。おめでとうございます‼︎

B子さんを幸せにしてあげてくださいね!」

A「はい。ありがとうございます‼︎」

 

めでたし。めでたし。。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

おかあさんには内緒

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「今まで、結婚相談所みたいなところに何回も行って、

おカネだけつかって結局結婚できないことを母に怒られているので、

シバタニさんとカウンセリングの約束をしたことは、

母には内緒なんです。」

 

先日、相談にこられた40代前半のA子さんに、

「婚活するにあたって悩んでいることや解決したい問題はなんですか?」

と聞いたところ、お母さんとの問題がでてきました。

 

わたし:

「そうですか。。お母さんはA子さんが悩んでることは理解しつつも、

なにか間違いがあってからでは遅い、と心配されてるんだと思います。

わたしも3人の子の親なので、お母さんの気持ちはわかるつもりです。。」

 

A子:

「・・・運命の人って、ほんとにわかるものなんですか?」

 

わたし:

「わかるかどうか、、、まずはいろいろな人に会うことですね。

その上で、ご自分の直感を信じてください。

『この人かも・・』と思う人がでてきたときに、

お母さんに話して彼に会ってもらいましょう。」

 

………………………………………

「結婚相談」という業界には、

人を人とも思わない悪徳業者が紛れ込んでいます。

業界を代表するN社ですら、行政処分を受けたことがあるという異常さです。

 

 

A子さんが過去に利用した結婚相談所は悪徳だとは思いませんが、、、

大金を払っても、結果として信頼できるいい人と結婚できないうちに

やめてしまえば、

「おまえはなにをやってんのか!?だまされたんじゃないか?」

と親としては思いますよね。。。

 

なんども挫折しながら、

それでも立ち上がって、わたしのところに相談に来られたA子さんに、

わたしはこんなことを言いました。

「お母さんもふくめて幸せにしてくれる男性を一緒にさがしましょう!」

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

なにがわるいのか。。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

何人もの女性とお見合いしてもなかなか交際にすすまないAさんは、

誠実で寡黙ですが、お祭り好きな一面もある好青年です。

なぜ断られてばかりなのか、いまひとつわからなかったので、

彼に質問をしてみました。

 

わたし「お見合いではどんな話をしてますか?」

 

A「お祭りの話とか…」

 

わたし「女性から聞かれることが多いのは、どんなことですか?」

 

A「仕事のことですね。やっぱ、◯◯の仕事してるからダメっていうことなんですかね…」

 

わたし「そんなことないです。Aさんの仕事についてよく思わない人とは

そもそもご縁がないので、気にしないでください。

正社員としてしっかり働いてるんだから、悪いなんてことなにもないです。

人を見下すような人とムリしておつきあいしても、いいことはなにもありません。

Aさんの仕事も人柄も認めてくれて、お互いに支え合える関係になれる人を

あきらめずに探しましょう。

Aさんみたいに口数少ないやさしい人を旦那さんにしたらいいと思うのにな。。」

 

Aさんにこんな話をしたら、ちょっと吹っ切れたみたいで、

なんと!その日のお見合いはうまくいきました。

よかった!!

今後の展開を見守っていきたいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

あなたの人生の分かれ道

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

待乳山聖天の休憩所の壁にかけてある1月のカレンダーに、

こんな言葉が書かれていました。

 

「善いも悪いも よそから来ぬぞ みんなわが身の心から」

 

要は、おなじ現象でも、いいと思うのか悪いと思うのか、

それは受け取り方次第だと言ってるんじゃないかと思います。

 

例えば、婚活でいうなら。。

理想とかけ離れた異性からのお申し込みに対して、

お相手の顔とか、学歴や年収が低いなど、条件が悪いからいやだなと思うのか、

お相手の条件はともかく、お申し込みをいただいたことに感謝するのか、

どう受け取るかはあなたの自由なんですね。

 

不満を持って会おうとしないか、

または会ってみなければ人はわからないからと積極的にお見合いするのか。

これがあなたの人生を決める大きな分かれ道になると思います。

 

お相手のプロフィールを見たときに、あまり気が進まなくても、

わたしのすすめに従ってお見合いしたことがきっかけで、

トントン拍子に結婚した人も実際にいます。

 

婚活でチャンスをつかむのは、

素直で、

どんなこともいい方向に考えようとする人なんじゃないかと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

「プロポーズ成功!」次にすることは?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「プロポーズは受けてもらえましたけど、これから何をやればいいですか?」

「お父さんお母さんに相談されました?」

「ええ。おまえの好きにやれって…」

 

と、A君から相談の電話がありました。

 

プロポーズが成立したら、

結婚に向かってやるべきことをリストアップしましょう。

これは女性ではなく男性がやるんです。

 

「婚約指輪はどうするか?」

「両家顔合わせはいつどこで?」

「どんな結婚式をやるか?」

「結婚指輪はいつどこで買うか?」

「入籍日は?」

「どこに新居を構えるか?」・・・。

 

リストアップしたら、2人でよく調べて話し合い、

お互いの家の事情も加味しながらプランを練っていってください。

 

A君の相談を受けて、

1990年に挙げたわたしと主人の結婚式のことを思い出しました。

わたしたちは同じ職場で働き、すでに同棲していたので、

話し合いはスムーズだったと思います。

 

当時、渋谷の近くにあった「ル・シャン・ド・ピエール」という

一軒家のフレンチレストランのシェフだった主人は、

レストランウエディングのノウハウがありましたので、

結婚式場やホテルなどの業者の、お仕着せで挙げるのではなく、

自分たちの好きなようにレストランでやると、すぐに決まりました。

 

親戚を集めた日中の結婚式は、

当時、半蔵門かその近辺にあった「天厨菜館」で。

夜の結婚披露パーティーは友人知人を集めて、

西麻布にあった「イピゼリ」というイタリアンレストランで行いました。

 

「イピゼリ」は主人が働いていたことがあるお店の系列店で、

シェフ、支配人、スタッフ、みんな友だち。

「天厨菜館」のシェフも主人の友だちでした。

 

……………………

「プロポーズ」「婚約指輪」「両家顔合わせ」「結婚式」・・。

おカネがないからとか、やらなくていいとか言って

省略するカップルもいるみたいですが、

円満な家庭生活を望むのであれば、

あとあと夫婦の間にしこりを残さないために、

やるべきことは多少ムリしてでもやったほうがいいと思います。

 

「プロポーズ」は一言なにか言えばいい。

 

「婚約指輪」は分相応なものでいいし、

お母さんから受け継がれた指輪があれば、

彼女が好きなデザインにリフォームしてもいい。

 

昔なら「結納(ゆいのう)」と言った儀式がありましたが、

今は親御さんときょうだいだけで「両家顔合わせ」の食事会と簡素化。

 

「結婚式」の費用は、お祝い金でだいたい賄えるような計画を立てて、

たりない分は親御さんに頭を下げて用立ててもらう方法も。

 

もう一つつけくわえるなら、

結婚式を挙げる場所は、

毎年の結婚記念日に食事できるところがいいかも。。

 

結婚はいろいろ考えること、決めることが多くてたいへんですが、

あっという間に過ぎるもの。

主導権はあくまでも男性が握っていることを忘れず、

彼女を幸せにするためにがんばってほしいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

カリスマ仲人士100

 

 

直感を信じる

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

昨日は税理士のA子さんと会って、確定申告の打ち合わせをしました。

A子さんはわたしにとってなくてはならない人です。

 

・・彼女とはじめて出会ったのは、

数年前に参加した「すみだビジネスサミット」の懇親会でした。

A子さんはふだん異業種交流会にはでない人らしいのですが、

その時はクライアントに誘われて、たまたま参加したんだそうです。

 

会場はあらかじめ席次が決まった立食形式でした。

A子さんはわたしと同じテーブル。

彼女は人の話をよく聞き、笑顔で上手に相槌をうつステキな人でした。

で、名刺交換をして、税理士さんだったことがわかりましたが、

その場ではお互いに自分のビジネスを売り込むようなことは

一切しませんでした。

 

(実はちょうどその時、わたしは苦手な経理に辟易していました。

親身になって話を聞いてくれる税理士さんを探していたんです。)

 

「この人だ!」

直感が働きました。

その晩さっそく、楽しくお話できたお礼と、

仕事を依頼したい旨書いたお手紙を書いて、A子さんに送りました。

A子さんは喜んで、すぐにお返事をくれました。

 

・・あの時、思い切って手紙を書いて相談に行ってよかったです。

A子さんはウチの家族全体の状況を把握して、

一番有利になる方法を教えてくれるので、スゴく助かっています。

 

A子さんとの出会いは、

自分の直感が正しかったと確信した出来事の1つです。

 

これはお見合いでも言えること!

あなたも自分の直感を信じて、

チャンスが訪れたら、ためらわずに1歩踏み出してほしいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

 

子どもの結婚を心配する親の気持ち

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「シバタニさん…」

先日の夕方、買い物から帰り、ウチの玄関のカギを開けようとしたその時、

不意に背後から名前を呼ばれました。

振り返ると、初老の男性。

 

「・・Aです。」

「あ、ああ、Aさんのお父さんでしたか。こんにちは。お久しぶりです!」

「実は、通勤でこの道を通ってまして。」

「そうだったんですね。」

「ウチの息子、どうでしょうか。」

 

声の主は、わたしの会員Aさんのお父さんでした。

Aさんは教育関係のお仕事をしている40代の方です。

入会のきっかけはお父さんからのご相談でした。

 

「つい先日、息子さんと話した時に、

受験シーズンでお休みが取れないとおっしゃっておられたので、

落ち着いたころに連絡下さいと伝えてあります。

息子さんは誠実で明るくて、お話も楽しい方ですね。

いい感じのお嬢さんからのお申し込みもポツポツあるので、

『Aさんが動けるようになったら逆申し込みをしましょう』

という打ち合わせもしてます。ご安心ください。」

「そうですか…よかったです。息子のこと、今後ともよろしくお願いします。」

「大丈夫ですよ。承知しました!」

 

わたしも成人した3人の子の母親です。

親の心配はよくわかるつもりです。

ご本人の気持ちを結婚からそらすことなく、

タイミングを計りながら、

最終的にステキな伴侶を見つけられるように導いていきたいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

自分の親より大事なもの

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「お父さん、大丈夫?」

「う、うん。なにが?」

「ペットロスってよく言われてるから、大丈夫かなと思って…。」

「・・・わからない。」

昨日、うちで飼ってたウサギのユリちゃんが動物病院で亡くなって、

墨田区清掃事務所に亡骸を引き取ってもらいました。

で今朝、ガランとしたウサギのケージをボンヤリ見ている主人に、

声をかけました。

 

「でも、ユリがいないとさびしいなぁ…」

 

娘にいたっては、

以前亡くしたウサギたちの写真をLINEの壁紙にしてるほどなので、

今回のショックは計り知れません。

 

わたしは正直、動物が苦手です。

主人と娘の悲しみはあんまり理解できてないと思います。

なので、声かけしてなぐさめるだけ。

時が癒してくれるのを待つだけです。

 

こんなとき・・

一人暮らしが寂しくてペットを飼ってる人、

どうなっちゃうんだろうと思います。

 

この頃、つくづく思うことは、

人間にとって世の中で一番大事なことは「家族の支え」だということ。

子ども時代なら、生んでくれた親はもちろん1番です。

大人になったら、

自分と結婚してくれ、自分に子どもを授けてくれた人の支えのほうが

親よりも大事になるんです。

夫と妻がお互いに慰め合い支え合うことで、人は幸せになれるんです。

ウチのウサギをなくして、ふと思ったことはこんなことでした。

 

話は変わりますが、

今朝、A君から「プロポーズ成功‼︎」の連絡がありました!

彼が入会したのはちょうど1年前です。

A君のこの1年間の悲喜こもごもを思い返し、

心からうれしくなりました。

お相手は笑顔がステキなかわいらしいお嬢さんです。

ほんとうによかった!!

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

うまくいかなくても気にしない

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

昨日、ウチで飼ってるウサギの様子がおかしくなりました。

1日食べないし、排泄しないんです。

夕方、いよいよおかしいと気づき、

受付終了30分前に、かかりつけのウサギの病院に電話。

主人はあわててウサギを連れていきました。

 

かかりつけといえども、診察を受けたのは数年前のこと。

現地に到着したら病院はもぬけの殻。

近所の人に移転した場所を聞いて、なんとかたどり着き、

診察を受けられたそうです。

ウサギはそのまま入院になりました。

新しい小動物専門の病院は、

以前より広くなっていそうです。

犬や猫ではなく、小動物専門の病院が

たった数年で広い場所に移転した話を聞き、

思わず、近所のさびれる一方のシャッター商店街を思い出しました。

こんなことからも、

世の中の動きは途方もなく早いスピードで進んでいることを実感します。

………………….

余談はさておき、

婚活って、どんなやり方をするにせよ、

基本うまくいきません。

不意に出会った人や初めてお見合いした人と恋に落ちてゴールインし、

10年20年と円満な結婚生活が営めるなんてこと、

万に一つもありません。

 

みんな、いろんな人とお見合いして、

あの人でもない、この人でもない、

あの人とおつきあいしたかったのになぜ??

・・なんでいつもうまくいかないんだろうと、

理想とはちがう現実、劣等感、不安や悩みにさいなまれています。

 

すべてのことは神様のなせるわざ。

「いままでご縁のなかった人たちはあなたのためにならない人」

そう神様が考えた結果だと、

軽やかに気持ちを切り替えてほしいと思います。

うまくいかなくても気にしないでください。

うまくいかなかったことから学び、

あなたがさらに素敵な人になるための教訓にしてください。

 

今の世の中、自分を信じてコツコツ頑張れば、

潮目が変わるチャンスは、ある日突然くると思います!

 

「この人と結婚するかも!」と直感する人が現れるまで、

ひたすら笑顔でがんばってほしいと思います。

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100

 

 

お見合いでお相手が見つからないと。。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

お見合いの待合わせで、お相手が見つからないことはよくあります。

特に、仲人が立ち会わない本人同士のお見合いで

お相手を見つけられないと悲劇が起こります。

 

待たせてしまったほうはいろいろ言い訳し、

待たされたほうは表にはださないけど、本当はすごく機嫌が悪くなってたり・・。

見ず知らずの他人同士がはじめて会うのが「お見合い」です。

出だしがよくないと結果オーライにはなりにくいです。

 

一方、仲人が立ち会ったときに非常事態が起こったら。。

先に来ている人に着席してもらって、

「もう少し待っててくださいね」と声かけして落ち着かせ、、

お相手の仲人さんに電話して状況を聞いたり、

「この人かな」と思ったら「失礼ですが・・」と声をかけてみたり、

時には「見つけられなくてごめんなさい」と自分の責任にしてみたりして、

なんとか場を取り持ちます。

 

 

お見合いでは、なるべくわかりやすい待ち合わせ場所を指定し、

「目印」をお相手に伝えます。

なのになんで見つからないのかというと。。

 

例えば、

「写真はメイクした美人なのにスッピンで現れ、全くわからなかった」

「写真ではメガネをかけてないのに、当日はかけていた」

「写真はスーツ姿。当日もスーツのはずなのに、チノパンとジャンパーで現れた」

「風邪をひいたらしく大きなマスクをしていた」

「待ち合わせは『店内』なのに、外で待っていた」

 

おまけに、お相手の写真だけ記憶していて目印を覚えてないので、

お相手の目印に気づかなかった、という例も。。

 

 

 

第一印象が悪いとお返事は・・・

「この人と結婚を前提におつきあいするなんて考えられない!」

となりがちです。

 

お見合いではまずは落ち着いて、

待合せ場所や目印などの情報を確認し、

期待を裏切らない服装でおでかけくださいね。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

あなたが今年こそ幸せをつかめますように!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

無料相談の予約カレンダーはこちら

 

カリスマ仲人士100