大事なことをLINEで相談してくる男

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「もうダメだと思います・・・。」

とA子さんから電話がかかってきました。

「どうしたの?」

「はい。実は・・・。」

 

A子さんとBさんは交際をはじめたばかりのカップル。

A子さんはアラフォー、

Bさんは10才ほど年上の超難関大学を卒業された男性です。

なんどか一緒に食事しながら、他愛もない話をしたそうです。

 

ある日、BさんはLINEで、

「結婚して子どもができたらどうする?」

という質問をしてきたそうです。

A子さんは、(そんな大事なこと、なんでLINEで?)と思いつつも、

ポンポンポンとチャットをしてしまい、

最後、ケンカ腰になって万事休す。

「価値観がちがいすぎます。お断りしてください!」

 

……………………………

 

「そんな大事なこと、なんでLINEで?」

わたしも思いました。

 

これまさに、

「忙しくて電話できない。なかなか会う時間を取れない」

が口グセの男性が陥る落とし穴です。

LINEって、スキマ時間にできるし、

直接言いにくいことを言いやすいツールなので、、

 

でも「言いにくいこと」だからこそ、

直接話さなければいけないんです。

子どもができたらどうするか、って、

できるかどうかもわからないことだし、

ましてや、

長年1人暮らしの独身男性が想像出来る状況ではないですよね。。。

お互いに話し合って、歩み寄ることが必要なのに。。

 

そんな大事なことをLINEで質問したら、

相手は当然のように「なんで?」となりますよね。

 

チャットでポンポン会話すればするほど、

お互いの肚(はら)のなかは相手に対する疑問でいっぱいになってきます。

 

(なんで?)VS(なんで?)

 

こうなったら、電話で話したくもないし顔も見たくないという気持ちになって、

ブロックして終わりです。

 

LINEは「現代の縁切り寺」になりえます。

 

・・・A子さんからこの話を聞いて、

何回お見合いしても断られるC君を思い出しました。

「まさか、相手になにか余計なことを言ってるんじゃ…」。

ま、都合の悪いことをわたしに言わないので、知る由もありませんが。。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA