お見合いで勘違いしやすい3つのポイント

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

お見合いでは、2人がお互いに「また会いたい」と思ったときがチャンスです!

1回目のデートで次会う約束ができるか?

2回目はどうか?

3回目は・・・。

徐々に徐々に仲よくなりながら、結婚へ向けてコマを進めていきます。

これはいうほどカンタンではないけれど、

あなたの勘違いに気づくだけで、うまくいきやすくなるんです。

 

なので、今回はお見合い初心者のために、

勘違いしやすい3つのポイントをお教えしたいと思います。

 

1つ目は、「お見合いは相手を採点して白黒つける儀式じゃない」。

相手の心をいかにつかむか、いかに好きになってもらうか、それが大事!

 

「話が盛り上がらないから…」と言ってサッサと断る人がいかにも多い。。

緊張している者同士が2人で話したって、盛り上がるはずないんです。

ましてやあなたは最初から疑り深い面接官の顔をしてるし・・・。

一旦、相手の目であなたを見てください。

警戒心で武装した異性と楽しくお話しできますか?

 

2つ目は「お見合いは人気投票ではない」。

 

女性なら「ちょっと背は低いけど顔は好みだし、公務員だからうちの親も納得!」。

男性は「料理が苦手なところは気になるけど、かわいくて明るいのでぜひ!」

 

・・・「あの人ならおつきあいしたいです!!」とあなたが言っても、

申し込みに返事がこない。

お見合いしたら断られる。

交際に進んでも、ある日突然ダメになる。

 

こんなこと山ほどあります。

断られるのは当たり前のことだと割り切ってくださいね。

だって、あなたが結婚できるのはたった1人だけ。

つまり、1万人の会員の中で9,999人をあきらめて、

1人だけ選ぶということなんですからモテる必要はないんです。

 

お断りの理由は大雑把に言うと3つです。

1)顔が好みじゃない。

2)条件が合わない。

3)気が合わない。

でしょ!

 

 

3つ目は「お見合い結婚はコミュニケーションがキモ」。

お見合いで話がめっちゃ盛り上がって、

「すごく楽しかったので、あの人としばらくおつきあいします」

となっても、いざおつきあいが始まると、

すぐ冷めてしまう場合があります。

例えば、

必要以上に気に入られようとして相手に振り回される、とか、

性格が似すぎてる、とか、

直接しゃべろうとせず、メールとかラインで会話してるうち

些細なことにカチンときたから、とか・・・

まあ、いろいろあります。

 

そんなとき相手を試すようなことをするのは

恋愛の1つのパターンですが、

結婚相手にすることじゃありません。

 

試すんじゃなくて、自分から誘ってみてください。

なにか不満があるなら相手とよく話し合って、

ダメだと思ったら自分から断る。

関係が深まってきたら、

「わたしはもう他の人とはお見合いしません」と宣言して、

相手を安心させるのもいい方法です。

 

心していただきたいこと3つ、もう一度おさらいします。

1)お見合いは相手を採点して白黒つける儀式じゃない。

2)お見合いは人気投票ではない。

3)お見合い結婚はコミュニケーションがキモ

 

人をうわべで判断せず、思いやりをもって、

ゼロベースから愛を深める努力をしていただきたいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

 

カリスマ仲人士100

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA