風俗は結婚のオペレーション!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「あなたは、日本には1800万人もの独身者がいて、

交際相手がいない人が6〜7割いるという国の調査結果について、

どう思いますか?」

 

と質問すると、

 

当の独身者は口をつぐみ、

中高年の親たちがケンケンゴウゴウ、

独身者の不甲斐なさについて正論をふりかざします。

 

でも正論を語ってるだけじゃ、子どもは結婚しないんですよ。

 

わたしは未婚の3人の子を持つ母として、

自戒をこめて言わせてもらいます。

「結婚できない子どもを世に送り出したのは、親であるあなたです!」

 

………………………..

 

話はかわりますが。。

わたしは福島の山あいの田舎町で生まれ育ち、地元の高校を卒業した後、

就職のために上京しました。

上京初日、付き添ってきてくれた母とはじめて乗った山手線の

スピードとテンポにビックリし、

たちまち好奇心の目がパッと全開になりました。

 

就職してまもなく、

同じ会社の男性が「つきあってください」と声をかけてきました。

先輩に相談すると、

彼は毎年、新卒採用の女子に声をかけるんだそうで、

「気をつけなさい」と言われました。。

 

が、わたしはそれまで男性と交際した経験がなかったので、

「男女交際」とはどうやるのか一通り見てみたい一心で誘いにのりました。

 

何回かデートすると、

男性とおつきあいすることは意外にカンタンだとわかり、

わかったとたんに彼に別れを告げました。

 

その後は、短期のフランス留学をはさんで、

好きだと思った男性には自分から声をかけ、

何人もの人といろいろな形のおつきあいをしました。

 

 

で、景気がいい時代だったことも追い風になり、

遊びまくりました。

 

六本木や新宿のディスコに出入りし、朝帰りは日常茶飯事。

なんとか個室、キャバレーの楽屋、鶯谷の宿、ラブホテル、ゲイバー・・・

友だちを取っ替え引っ換えして、いろんなところに行きました。

20代前半のうら若いころなので、当然、怖い思いもしています。

 

親は福島、わたしは東京。

親はわたしがなにをやってるのか全くわかりません。

これが親と同居だったら、、、

なんとか個室、キャバレーの楽屋、ラブホテル、ゲイバー、フランス・・・

わたしはなんにも知らないままだったと思います。

わたしの闇の経験はすべて白紙です。

確実に。。

 

いろいろとバカなことをしてきましたが、

結果として、

自分にはもったいないくらいのいい人と結婚して、

山あり谷あり、いろいろな試練を2人で一緒に乗り越え、

もう26年も幸せな家庭生活を営んでいます。

 

……………………………………..

 

話をもどします。

 

お子さんが30代40代になってから、

いきなり、お母さんが「結婚しなさい!」と背中を思い切り押しても、

お子さんはつまずいて転びそうになるばかりです。

 

そんなお子さんはわたしでも受け止めきれません。

 

婚活は自己責任でやらないと、お見合い相手に失礼です。

良い格好しいで、

「母が勝手に申し込んだんです。お見合いも母に言われてきました。」

なんてことポロっと言ってしまうからです。

 

 

 

子どもの性格や能力、生育環境によって大きくちがいはありますが。。

6〜7割の独身者が交際していないということを前提に話をするなら、

16〜17才のうちから、

男女交際は性交渉も、遊びも、風俗も含めて認める、というか、

子どものやることにヤイヤイ口出しをしないでほしいと思います。

 

同居の子どもが20代になったら、怪しい名刺や、

聞きなれない横文字のホテル名の入ったライターを見つけても見ないふり、

無断外泊は何度やっても注意しないこと。。

 

交際経験や女性経験のない息子さんは、疑似恋愛でも風俗でもなんでもいいので、

少しでも結婚したいと思ったときに物怖じしないための経験が必要だと思います。

 

「商売女にはまったらどうするんですか?」

「若いうちに弾みで結婚して失敗したらどうするんですか?」

 

そんなこと親が心配することじゃないんです。

 

遊びにおカネをつかうことは、広い意味で自己投資です。

あとあと、人を見る目という点においてレバレッジが効いてくるかもしれません。

もちろん人によりますよ。。

 

 

お子さんの人生は、お子さん自身で責任を取らなければならないんです。

「息子のこの先の人生を支えてくれる人を見つけてバトンを渡す」

これをどうしたら上手にやれるかということだけを考えて、

親の意向はすこし抑えてほしいと思います。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

結婚したい人はこちらもチェックしてくださいね。

 

カリスマ仲人士100

カリスマ仲人士100

 

仲人募集

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA