苦しみから抜け出す方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

苦しみから抜け出す方法

おはようございます。シバタニです。

 

「親には言わないんでほしいんですが、実は・・・」

 

1人の女性とお見合いが決まった途端に、

申し込みも受諾もやめてしまったA君。

 

「最初にお見合いする人と結婚までいくことはほとんどないので、

あと3、4人お見合いを組みたいと思っています。

できればあと◯人申込んでください。」

 

わたしがラインでメッセージを送ると、

いつも答えは同じ。

「わかりました。」

で、やんない。

これを何回か繰り返したある日、

A君から電話がかかってきました。

 

「親には言わないんでほしいんですが、実は連絡をとりあってる女性がいまして、、」

「そうだったんですか!いいじゃないですか!で、何才の方なんですか?」

「10才下です。」

「・・・いいと思いますよ。では、現時点で、

お見合い相手よりもその方との距離が近いわけですから、

そっちを本命にすすめていきましょう。」

「だいじょうぶですかね。。」

「だいじょうぶです!わたしのミッションはA君を結婚させることです。

日本仲人協会の会員をムリに押し付けるつもりはないので、

その方との交際を様子見しながら進めつつ、

こっちに良さそうな人がいたらお見合いする、ということにしましょう。

あくまでもA君の気持ちを優先します。」

 

…………………………….

 

A君は長男で、ほかの兄弟は結婚して子どもがいます。

 

このごろ、親御さんからの依頼で結婚のお世話をするケースが多いのは、

A君と同じような立場の30代40代のご長男です。

 

弟妹が先に結婚して子どもができると、

親御さんがあわててわたしの元に駆け込んでくるのです。

 

わたしは成人した3人の子どもの母なので、

親御さんの気持ちがよくわかります。

ときには主人や息子に話を聞いて参考にしつつ、

親御さんと本人とは別々のパイプをつないで、話をすすめていきます。

 

 

「ウチの親、暴走するので困っちゃいますよね。」

「今まで女性とつきあったこと?告白?・・・ないです。」

「今、仕事が忙しくて、、お見合いはやります、やりますけど。。」

「ちゃんと彼女に電話してるか?・・あ、あ、はい。。」

 

彼らとコミュニケーションをとりながら感じた共通点があります。

「こんな自分が、本当に結婚できるんだろうか。」

という表面にはあらわれない不安、というか苦しみに近い気持ちです。

 

「こんな自分だから女性に好かれない」んじゃなく、

「こんな自分だから女性の支えが必要なんだ」

と考えを切り替えてほしいんですね。

 

自分で彼女くらい見つけられなきゃ男じゃない、とか、

マザコンは敬遠されるだろ、とか、

思わなくていいんです。

 

あなたが「結婚できない」という苦しみから抜け出す方法は、

今だけ、親や仲人の助けを全面的に借りること。

 

親御さんが「子どもであるあなたへの愛」というバトンを、

奥さんになる人に渡すことができたら、

わたしたちの役目は終了なんです。

 

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

 

カリスマ仲人士100

カリスマ仲人士100

 

 

仲人募集バナー1

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA