多忙な弁護士のお母さんから婚活の依頼が。。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

電話で話す母

(写真は本文とは関係ありません)

 

おはようございます。シバタニです。

今日は参議院議員選挙ですね。

わたしは仕事のため投票所に行けそうもなかったので、

先日、期日前投票を済ませました。

通りの掲示板に貼られた選挙ポスターを見ながら思ったことがあります。

だれに投票するかを決める時、

選挙公約以前に写真のクオリティが大事だということ。

ビジュアルから感覚的に読み取れる情報は、感情を動かします。

人は感情に動かされて行動するものなのです。

 

================

 

話はかわりますが。。

わたしに結婚のお世話を依頼してこられる 方には、

スタジオでプロフィール写真を撮っていただくようにお願いしています。

選挙ポスターの例でもわかる通り、

はやく結婚相手を決めるためには、

異性に好感を持ってもらえるような写真が絶対に必要なんです。

。。。

「異性の会員リストを検索して会ってみたい人を選ぶ」ところから

婚活が始まります。

スクロールして見られる、検索リストに載っている情報とは、

「写真」「年令」「身長体重」「最終学歴」「年収(男性のみ)」「職業」「婚歴」

程度です。

趣味も家族構成も、どんな人かも「詳細情報」というボタンを押さなければ、

まったくわかりません。

なので、この時点でなにかひっかかる要素がないと

「詳細情報」のボタンを押してもらえないんです。

 

 

つまり、検索画面をスクロールしているとき、

最初に目に飛び込んでくる「顔写真」が非常に大事ということです。

異性の注意をひくような魅力的な写真をアップして、

「詳細 情報」をバンバン押してもらえれば、お見合いは比較的ラクに組めるんです。

 

================

 

あるお母さんから、息子さんについて相談を受けました。

「弁護士の息子は東北の震災支援活動や、出張で全国を飛び回り、

息つく間もない忙しさです。。

このままほっておいても結婚できる気がしないんです。」

「そうですよね。忙しい男性こそ、忙しい合間をぬって婚活したほうがいいです。

毎日の食事のこと、身の回りのこと、なによりどんな時も支えてくれる妻がいれば、

仕事にも身が入りますし。。」

「そうなんです。その通りです!」

「お見合いに関してはわたしが先んじて段取りしますので、

ご本人にはお相手を決めていただくだけです。

息子さんさえやる気があるなら、チャッチャッと進めていきますよ。」

「わかりました。ぜひお願いします。」

 

==============

 

で、ある朝、そのお母さんから電話がありました。

「息子が風邪をひいて、今日仕事を休んだので、面談をお願いしたいんですが。。」

「ご子息さまの具合は大丈夫ですか?

わたしのほうは、午前中から会員さんたちの写真撮影があるため、

恵比寿に詰めてまして、午後◯時に恵比寿までお越しいただけるなら

面談もできますが、、、」

「息子はたいしたことないので大丈夫だと思います。

なにしろ忙しくて、なかなか時間がとれないので…先生、写真撮影なんですか?

写真も撮らなくちゃと思っていたので…

なんとか入れてもらうことはできませんでしょうか?」

。。超多忙な弁護士さんが体調を崩して仕事を休んだってことは、

今日1日ゆっくり休ませてあげたほうがいいのでは、と思いつつ、

グイグイ攻めてくるお母さんの迫力に押しきられました。

 

「では、最後の方の撮影が終わる◯◯時に、続いて撮影できるか、

スタジオに確認して折り返します」

「はい。今日しかない感じなので、よろしくお願いします。」

 

スタジオ予約が取れ、

お母さんに連絡し、

さらに息子さんの体調を確認。

お母さんはあくまでも「連れて行きます」と言っていましたが、

2時間ほど経過したころ、電話がかかってきました。

「息子、やっぱり具合が悪くて、行けそうもありません。申し訳ありません。」

「わかりました。大丈夫です!

写真は自然な笑顔でとれたほうがいいので、

息子さんが元気になられたときに、またご連絡くださいね。」

 

=============

 

わたしは、24才と21才の息子、20才の娘を持つ母親なので、

このお母さんの一生懸命な気持ちがよくわかります。

本人の努力が一番なのはもちろんですが、

お母さんが必死になってバックアップしたからこそ、

息子さんは弁護士さんになれて活躍できているのだと思います。

 

あなたが独身女性なら、

30才すぎた息子の婚活を一生懸命にやるお母さんの息子なんて

イヤだと思うかもしれませんが、

 

このお母さんなら、息子さんのために必死でお膳立てして、

いざ結婚相手が決まったら、お嫁さんには口出ししない人のような気がします。

同じ親として、

彼がステキなお嬢さんをはやく見つけられるように、

全力で支援していきたいと思います。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

仲人募集バナー1

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA