結婚相手候補は徹底的にリサーチしろ!

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

「わたし、生まれてから1度も男の人とつきあったことがなくて…」

「あ、そうなの。。」

「それで、だれかと知り合えないかと思って、遊覧船に乗ったんだ」

「遊覧船?なんでそんなとこ。。」

「うん。。で声かけてきた人がいて、まじめそうに見えたから、そのあと食事に行ったの。」

。。。

昨日、浅草の待父山聖天(まつちやましょうでん)に、自転車でお参りに行きました。

お参りが終わって自転車置き場に行くと、

20代後半?30代の女性二人が、台東区のレンタル自転車を動かしながら、

こんな会話をしていました。

。。。

「それでどうしたの?」

「その人から、つきあってほしいって言われて、2?3回食事に行ったんだけど、

なんか、どういうの…なにも感じないんだよね。どうしようかなと思ったけど、やめた…」

。。。

彼女の心の動き、わかります?

わたしはスゴく共感できた。。

「素性がわからない<行きずりの人>、しかもなにも感じない人とはおつきあいできない」

って、あたりまえのことですよね。

でも、もし。。

彼女をナンパした彼が女慣れしてて、ベッドインまでしてたら、

話は別だと思います。

 

……………….

昨日、「デート商法で男3人逮捕」というニュースが伝えられました。

「婚活サイトで知り合った女性にマンションの購入を勧め、

不動産販売会社に仲介したとして、警視庁生活経済課は19日、

不動産コンサルティング会社の元実質的経営者ら男3人を

宅建業法違反(無免許事業)容疑で逮捕したと発表した。。」

 

この事件。こんな手口です。

「都内の30代女性は2011年秋、婚活サイトでS容疑者と知り合った。

デートを重ね、互いを愛称で呼び合うようになり、

S容疑者からは「仲良くしていこう」などといったメールが連日届いた。

間もなくマンションの投資話を持ちかけられた。

「将来のためになる」「節税にもなる」。

何度も説得され、販売会社を仲介された。

必要書類などもS容疑者に細かく指示され、

出会って4カ月後には約3000万円のマンションを契約していた。

ところが、購入後、S容疑者と会う回数は減り、メールもほとんど来なくなったという。

この女性を含む男女26人は14?15年、

「恋愛感情につけこんでマンションを不当に購入させられた」として、

マンション販売に関わったコンサルタント会社や銀行などに

損害賠償を求める集団訴訟を東京地裁に起こした。

そのうち8人はS容疑者らから勧誘を受けていた。』

………………..

「婚活サイト」と「結婚相談所」の区別がつかない方が多いのですが、

まったくちがいます!

「婚活サイト」は、いわゆる「出会い系」です。

ネットで男女が直接メール交換をして、2人だけで出会うシステムです。

業者は仲介しません。

一方、「結婚相談所」はわたしのような仲人(なこうど)が、

リアルに面談して、素性のはっきりした結婚希望者同士を引き合わせます。

仲人は会員の代理人を務めますので、

個人情報を伏せたまま、安心安全に婚活できるのです。

……………………

 

カンタンに入会できて、

だれにも知られずに彼氏彼女をつくることができる手軽さが受けて、

婚活サイトを利用している人は多いのですが、

先の事件のように、ダマされて被害者になる人もいます。

 

 

ウチの25才になった長男に、

「婚活サイトってどうなの?」と聞いた時、

「お母さんはわからないんだから、知ったかぶりで、いいとかわるいとか言う権利はないよ。

俺の先輩で、婚活サイトを利用して結婚できた人いるし…。」

長男も婚活サイトや婚活パーティーを利用したことがあるようなので、

たまに経験談を聞いたりしています。

 

なので、

婚活サイトはすべて悪いとか、危ないとか決めつけるつもりはありません。

ただ、結婚相手候補と思った人については、

徹底的にリサーチしてほしいのです。

 

その際。。

目をぎらつかせて尋問するようなことをしてはいけません。

あくまで自然に聞き出す。

なにかのついでにお相手の住まいの近くまで行ってみる、

友だちや親きょうだいに紹介してもらう、など。

 

あなたが結婚して幸せになるためには、

相手のことを徹底的に調べることは大事なことなんです。

 

コソコソ婚活してダマされて、国民生活センターや警察にかけこむ前に、

お父さん、お母さん、きょうだい、友人、結婚相談のプロに相談してほしいと思います。

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ツキは伝染する!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

118de83e6876a2c17d9607a81a3b8975_s

おはようございます。シバタニです。

昨日、Amazon(アマゾン)の出版代理店であるギャラクシーブックスの編集者A子さんと、

わたしの婚活本の出版について打合せしました。

本のデザインは?

タイトルは?

表紙を見た人の興味を引くキャッチーな「あおり文」は?

初回の校正予定日は?。。。

 

「では、出版は8月ということで…」

サクサク決まりました。

。。。

婚活本を執筆できる人を探しまくってわたしを見つけ、

社内でプレゼンして出版を勝ち取ってくれたA子さん。

そして忙しい中、こうして毎回足を運んでくれる彼女のために、

出版するという事実だけに甘んじていてはいけない、

「売れる本」をつくる必要がある、と強く思っています。

 

「シロウトがなにを小生意気な…」

と思ったあなた。

はい。わたし自身も同じことを思っています。

でも、このご恩に報いるためには、やるしかありません。

「作家デビューでいきなり、想像もつかない数の本を売る!」

 

…………………………………

 

5月14日(土)日経新聞の朝刊をササッと広げて、

目に止まった記事がありました。

見出しは、「アマゾンと組み、ローソン限定本。全国6000店で販売」。

要は、1冊からでも注文に応じて印刷、出版するアマゾンの「プリント・オン・デマンド(POD)」サービスを活用し、

ローソンが売りたい本を確保して、

「Amazon.co.jp オンデマンド本セレクト」の棚を設置し、販売するというもの。

1冊1000円前後で、まずは6種類販売し、1?2ヶ月で入れ替えていく…。

アマゾンとしても書籍の販売チャネルを増やすメリットがある、

という内容でした。

 

……………………………

打合せのときに、編集者A子さんに、この記事を見たことを話しました。

すると、A子さんから思いがけない言葉が。。

「それ、わたしが担当してるんです。」

「え?。。A子さんが担当なんですか!」

「実は、ゴマブックスさんがプロデュースしていて…」

マジでガチンコ。。おっと、失礼な言い方をしてしまいました。

これは夢でなく、現実の話、なんですよね。。。

………………….

 

帰宅して、なにげに手に取った、5月17日( 火)の日経新聞を見ていたら、

「Amazon.co.jp オンデマンド本セレクトシリーズ好評発売中!」

という広告が目に飛び込んできました。

「ゴマブックス・プロデュース」。。

A子さんが言ってた話、そのままの内容でした。

 

……………………….

 

わたしの本をローソンの店頭に並べるということが、

たとえ、針穴に糸を通すようにむずかしいことであっても、

可能性は0%ではないんです。

なんだかおもしろくなってきました。

改めて考えてみたら。。

A子さんはまさにツイてる女子です。

A子さんに見初められた、わたしもツイてるおばさん。

ならば、このツキを、

わたしの会員さんであるあなたにも伝染させましょう。

はやく運命の人と出会って結婚できるように!

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストな相手とお見合いする方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

今回は「ベストな相手とお見合いする方法」についてお話ししたいと思います。

 

お見合いのための会員サイトにプロフィールを掲載すると、

あっという間に10人、20人と大量にお見合いの申し込みが集まる人と、

ポツリポツリの人、

誰からも見向きもされない人など、

反響は人によって大きくちがいます。

 

お申し込みがバッと集まる女性は、やはり顔の造作が美しい人です、

が、プロフィール写真に写っている表情が明るい笑顔の人も、

男性からの反応がいいです。

さらに、30代前半までの年令なら、

登録直後だけでなく継続してお申し込みがきます。

反対に、登録直後の反応が悪ければ、

自分でドンドンお申し込みを出していく必要があります。

 

男性の場合は。。

爽やかな表情の写真に加えて、なにか特筆できる条件がなければ、

女性から申し込まれることはほとんどありません。

条件とは、年令、住んでいる地域、年収や学歴、職業、資産など。

どちらかというと条件が劣る男性は、

プロフィール写真を「キセキの一枚」にする必要があります。

女性受けする自己PRも大事です。

女性の気持ちをよく考えて、シンプルに書くこと。

その上で、メンタルを強く持ち、あなたからドンドン大量にお申し込みしてください、

 

。。。

 

婚活の場で、男女ともに共通することは、

「思う人には思われず。思わぬ人には思われる」

という状況です。

なぜこんな現象が起こるのかというと、

「あなたのプロフィールから発信されているメッセージ」にカギがあります。

人はみな、自分のプロフィールを客観視できないものです。

少なくとも、婚活を始めたばかりの人の中に自分をわるくおもう人なんて、

一人もいないと思いますが、

異性から見ると印象がまるでちがっていることがあるんです。

 

「あなたのプロフィールから発信されているメッセージ」を見て、

お相手は申し込みを決めたり、

あなたからの申し込みを受けたりしているのです。

 

たとえば、

「顔だけわかればいいから…」とお母さんに言われて、

背広の上着だけ着て、家の前で撮ったピンボケ写真と、

パリッとしたスーツを着こなして、プロのフォトグラファーに撮ってもらった写真。

この2枚を比べてください。

女性は、どちらの写真の人に「会ってみたい…」と思うでしょうか?

 

また、女性から人気がある男性は、

写真に加えて、その他の条件が群を抜いていいんです。

自分が気に入った女性とお見合いを組みやすいので、

女性の美醜と履歴をくらべて、

自分と釣り合う、より若い女性をピックアップしています。

 

なので、

高条件の男性ばかり狙うアラフォー女子は多いのですが、

その目の曇りを取らないと、なかなかお見合いが組めません。

また、男性のイヤなところを見つけてばかりいると、交際も結婚も遠のくばかりです。

気持ちの持ちようを変えていかないと、

年令が上がるにつれ、さらに結婚はむずかしくなります。

 

。。。

 

「ベストな相手とお見合いする方法」は。。

まずは、あなた自身のプロフィールを異性の目で見てみること。

プロフィールにウソは書けないので、

あなたが会いたい相手が食いついてくるように、ギリギリまで工夫して勝負する!

 

ここまでやって、お見合いの場に来てくれた人は、、

あなたの力量で集められた最高のお相手なんです。

つまり、あなたの目の前にいる人はベストな人です。

あら探しをせず、いいところだけを見て、お見合いしてください。

一人だけじゃなくて何人も何人も会ってみて、

最終的に1人に絞り込んでいくんです。

こうすれば、あなたはベストな人とお見合いでき、そして結婚できます!

 

要は、あなたの考え方を変えるという話なんです。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お断りの理由は。。

 

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

ce144c7175380fd676fbc6ac217770f2_s

おはようございます。シバタニです。

昨日、仲人の勉強会で、あたらしく加盟した若い男性仲人から、

こんな質問がありました。

 

「お見合いや交際で、お断りになったとき、なんで理由を伝えずに、

『ご縁がありませんでした』で済ませるんですか?」

 

。。。

 

仲人の勉強会は、1日をいくつかに区切って、

本部からのお話しのほか、テーマを変えて寸劇やディスカッションなどもします。

出入りは自由です。

 

昨日、勉強会最後の質問会でとびだした

「なぜ、お断りのときに理由を伝えない?」というこの質問。

いい質問です!

あなたはどう思いますか?

 

質問した彼は、30才そこそこのビジネスマンという風貌でした。

最近は、お見合いした経験がない独身の若い仲人も増えてきました。

最初からまったくノウハウを持っていないので、

毎月の勉強会は絶対に必要です。

。。。

余談ですが。。

わたしは、手間ひまを惜しまずに、

若い仲人を育てようとする本部の覚悟に脱帽しています。

。。。

 

彼は、つづけてこんなことを言いました。

 

「お見合いしたあとに、『ご縁がありませんでした』の一言で断られたら、

どこが悪かったのか、わかりませんよね。

悪いところは直さないといけないんじゃないですか?」

 

これに対して、まず口火を切ったのは、声の大きい仲人Cさんです。

「わたしは、ちゃんと理由をつけてお断りしてますよ。A子さんのこれこれのところが気になったから、と書いて…」

Cさんの自信満々の発言を聞いて、

経験豊富な仲人たちは青くなりました。

「それはちがいます…」

座長を務めた、この道32年の副理事長は一言いうと、

「はい。これについてどう思いますか?」

と他の仲人に話を振りました。。。

 

………………………..

 

 

わたしたち仲人の間で、お断りの理由をいちいち伝えないのは、

「あなたはぜんぜん悪くない。その人とは縁がなかっただけ!」

ということに尽きます。

 

たとえば。。

BさんがA子さんとお見合いしたとします。

A子さんの仕事は接客業です。

彼女はつねに笑顔で、人と楽しくお話しするのが得意です。

最初から最後まで笑顔でやさしいA子さんについて、

(自分に脈がある)とBさんは勝手に思い込みました。

「できれば、また会ってほしい…」

と言ったときも、笑顔で「ええ…」と言ってくれたんだから。。

 

なのに、A子さんは断ってきた、ってどういうこと?

人間不信になりそうだ。

。。。

BさんとA子さんのお見合いは、こんな状況だったとします。

あなたがBさんだと仮定してみましょう。

あなたは、A子さんが自分のどこを気に入らなかったのか、

知りたいですか?

知ってどうするんですか?

次のお見合いのときに気をつける?

そんなのナンセンスです!

一瞬でも気に入った女性から、あなたの欠点らしきことを言われたら、

立ち直れなくなるかもしれないですよね。

ヘタなことは聞かないほうがいいんです。

 

A子さんは「あなたと赤い糸で結ばれたたった一人のひと」

ではなかったと思ってください。

あなたはぜんぜん悪くありません。

A子さんが気に入らなかった「あなたのなにか」を、

たまらなく好きだと言ってくれる女性に巡りあえば解決することです。

 

 

 

「お断りの理由」は、一瞬で「魅力」にかわることがあります。

相手しだいなんです。

 

「お断りの理由」なんて、気にしないことです。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

惹きつけて落とす方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

af15c7bef7e43baceeb43443eb12984c_s

おはようございます。シバタニです。

長期間、婚活をがんばっているのに、いまだにうまくいかないという方。

この際、あなたのやり方を180度変える必要があるかもしれません。

 

「惹きつけて落とす方法」

コレできてますか?

「そんなのカンタンだよ」と言える男性は、

この先を読まなくて結構です。

おそらくなんの参考にもなりませんので。。

 

藁をもつかむ思いの男性のお役に立てれば、と思います。

 

婚活サイト、結婚情報サービスなどを利用していながら、

 

具体的な交際に進めないことが多いという人の一番の原因は、

自分の良さをわかっていないことなんです。

 

わかっているつもりでも、

きっと表現の仕方をまちがえていると思います。

で、うまくいかない原因を、自分の条件や、相手になすりつけたり、

ってことしていませんか?

 

わたしの結婚相談所の話になりますが。。

入会希望者との面談のときに、検索サイトに掲載する「プロフィール」の

元原稿にするための履歴書を書いてもらっています。

「あなたの自己PRを教えてください」と聞いた時の答え。

なにか勘違いしているなぁ、と思うことが多いんです。

 

たとえば。。

A子さん「料理ができると言っても、おもてなし料理とかキャラ弁はつくれませんし…」

わたし「いえ。男性はそこまで求めてないと…」

Bさん「初級食育アドバイザーの資格があります」

わたし「男性で、それはちょっと…」

C子さん「ゴルフが得意です」

わたし「女性でゴルフが得意はマズイので…」

Dさん「献血回数◯◯回」

わたし「ボランティア精神は認めますが、血を連想させることとやりすぎ感が…」

Eさん「オークションが趣味」

わたし「競り落とすのではなく、逆に高額落札金をゲットできるなら話は別ですが…」

 

自己申告の自己PRは、ほとんどつかいものになりません。

あくまでも、異性受けすることでなければ、

婚活をやってる意味がなくなるんです。

ある程度の人数の、あなたと釣り合う異性とお見合いできなければ、

結婚はむずかしいので。。

 

ある程度の人数とはいっても、

運命の人とドンピシャで当たって、

周りから後押しされながら、なんとかゴールインする例も、

過去にありましたが、まれです。

 

 

さて、あなたにやって欲しいのは、

女性を追いかけて説得するのではなく、

「惹きつけて落とす方法」です。

 

営業ばかりでなく婚活も、

自己PRのし過ぎ、売り込み過ぎは嫌われます。

プロフィールに、これでもかと具体的に書きすぎる人がいますが、

ダメですね。

最初に手の内を全部見せてしまったら、会ってみたいという気持ちが萎えるかも。。

 

「この人に会ってみたい」

と異性に思わせるプロフィールを仕立ててください。

できますか?

できるならいいんですが、

一般的に、自分で自分の魅力を正確にわかる人はいないので、

第三者に書いてもらうのが一番なんです。

なぜなら、あなたが気づかなかった、あなたの魅力をうまく表現してくれるからです。

しかも、それを見たあなたは、

「僕って、人から見るとこんなポジティブな感じなんだ。。」

と感謝の気持ちや感激とともに、テンションが一気に高まり、

がぜんやる気になってきます。

やる気になると、あなたはドンドン明るいオーラを放つようになり、

異性を惹きつける要素が増してくるんです。

 

で、お見合いを組めたら、ここでも売り込みはなしです。

ひたすら楽しい雰囲気作りに終始し、

お相手が「あなたにもう一度会ってみたいな」と思うように、

2人の間の空気をコントロールするんです。

 

女性を前にして顔をこわばらせない。

ビクビクしない。

オロオロしない。

キョロキョロしない。

ウザさ、キモさを出さない。

周りのお客は一切気にせず、時計もスマホも見ない!

 

 

あなたのミッションは、「女慣れしてるダンディな男」を演じることです。

 

やることはたった一つだけ。

あなたの目の前のお相手を惹きつけて、口説き落とすこと。

この成功体験を積み重ねていけば、あなたはより早く結婚できます!

がんばってください!

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコを吸うか、吸わないか。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

わたしの会員さんはタバコを吸わない方ばかり、だと思います。

思うというのは、はっきりわからない人もいるということです。

 

おもしろいといってはなんですが、

タバコを吸う習慣のない男性は一様に、

「プロフィールにタバコは吸いませんと書いてください」

と言ってきます。

 

分煙マナーが定着している時代なので、

タバコを吸わないというのは一つのアピールポイントであると、

わたしも思います。

 

でもそう言われても、

わたしは彼のプロフィールに、

「タバコは吸いません」と書かないようにと説得しています。

 

なぜか?

 

タバコを吸うか吸わないかで、ご縁に線引きをしてしまうのは、

もったいないと思っているからです。

 

たとえば、プロフィールを見たときに、

写真と履歴を含めて、「この人に会ってみたい」と思ったとき、

タバコを吸うか吸わないか、きっと気にするでしょうけれど、

タバコはとりあえず置いといて、

興味を持ったなら、まずは会ってみて欲しいと思っているのです。

 

プロフィールなんて紙っぺら一枚で、

その人の全てがわかるわけないんです。

会ってみなければどんな人かわからないですし、

もし喫煙者であっても、

あなたと結婚するためなら、とタバコをやめるかもしれません。

 

ウチの主人は、若い頃、喫煙してました。

ストレスが多い職場で働いていて、

タバコを吸わなきゃやってられない、

って環境だったからかもしれません。

 

わたしは主人と結婚するときに

「わたしはタバコキライだから。。」

とハッキリ言ったら、すんなりやめてくれました。

 

。。。

 

話は変わりますが。。

お見合いの組み合わせをしていると、

「これこれの病気をしましたが完治しています」とか、

「◯◯の薬を飲んでいます」とか、

わざわざ正直に、不利な条件を書いている人が見受けられます。

 

こういった方からお申し込みが入ったときに、

申し込まれた会員さんに、お見合いするかどうか聞くと、

みんなためらいます。

 

わたしは気が進まない相手にムリに会うことはないと思っているので、

あえて勧めませんが、

会員さんから、「どう思いますか?」と聞かれたときだけ、

「会ってみたらどうですか」と答えます。

 

なぜなら、

人間誰しも病気をする可能性はありますし、

もう治ったと言ってるんだから、会うだけでも会ってみたらいいと思います。

再発を気にしたら、どうしようもないですけどね。

 

あなただって、今は健康かもしれませんが、

ある日突然、重大な病気になる可能性はゼロではありません。

そんなとき、病気のあなたを見放さず、

側で支えてくれる人がいたら、どうですか?

 

なので、わたしは逆に、

病気を乗り越えて婚活がんばってる人って、

魅力があるんじゃないかと思っているんです。

 

大病して完治した人。。

たとえば、それまで傲慢な生き方をしてきたのに、

病気をきっかけに思いやりある人に変わるって、

キセキみたいなこと、あると思います。

わたしがそうでしたから…

 

 

また、薬だって。。

日本人は薬好きですよね。

たいしたことがない症状でも、薬を飲んでる人、多いですよね。

 

 

。。。。

 

外見とか、上っ面に左右されて、

見てくれのいい人にばかり会おうとする人が多いけれど、

幸せが長続きする家庭生活を望むなら、

もっと人柄にフォーカスしてほしいと思います。

 

 

お相手の価値観は、あなたと結婚したら変わります。

当然、あなた自身も結婚相手次第で変わります…

 

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性のヒゲ、男性の鼻毛

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

31694b7c9d0cb9e8706ee5bb50096433_s

おはようございます。シバタニです。

「お見合いしたA子さん(50才)、なんですかね。ヒゲ生やしてました。。」

Bさん(50才)の話を聞いて、

自分のヒゲに気づいてない女性、

とくに中高年は多いかもしれないと思いました。

 

これを読んでいる女性のあなた、

メイクするとき、自分の口の周りのヒゲまでチェックしてますか?

 

お見合いって、自分で気づいていないところを見られているものなんです。

 

Bさんは、A子さんのプロフィールをよく見て、

実はわたしのすすめで、お申し込みを出しました。

 

ステキなワンピース姿で、感じよく微笑んでいる写真。

住まいもそれほど遠くなさそう。

幼稚園教諭の資格を持っている会社員、ということは幼稚園の先生かも。。

 

大阪でのお見合い当日、

A子さんはメガネをかけ、

近所にお買い物にいくような普段着で来られたので、

その別人ぶりにビックリしました!

しかも、立ち会っているわたしに、ろくろくあいさつせず、

目も合わせようとしませんでした。

 

2人を紹介して、ホテルのラウンジから退出した後の話を、

Bさんに聞きましたが。。

お見合いはお茶だけで、というルールがあるのに、

A子さんはBさんに「お腹すいた」を連発して、

喫茶室からレストランに誘導して食事をおごらせたというのです。

 

写真とはまるでちがう、ヒゲを生やした女性、

仕事も幼稚園ではないサービス業、

「近所にお買い物に行くついでに、お見合いでおごってもらいにきたのか?!」

と思われてしまう服装と態度。

 

こんな女性、お見合いの場ではじめて見たので、

ホント、ビックリしました!

 

当然、ご縁はつながりませんでした。

 

かたやBさんはどうかというと。。

入会面談のとき、場所はホテルのラウンジを指定しましたが、

仕事帰りでアタフタと駆けつけてきた姿は、

ユニクロファッション(?)。

髪型はハゲてないカッパでした。

A子さんと大差ありません。

 

Bさんは結婚を諦めていたらしいのですが、

友人の強いすすめで、よくわからず、わたしに会いにきた状況。

なので、そんな格好だったんですね。

 

服装を見ると、着てる人の気分もなんとなくわかります。

 

Bさんは、半信半疑のまま婚活をスタートしました。

が、「キセキの一枚」を撮ったことをキッカケに、

イケメンに変身しました!

 

「僕は鼻毛の処理、ちゃんとしてますよ。女性からみたらイヤじゃないですか。」

 

50才で、あのイケメンぶりなら、

あと数カ月のうちになんとかなるのでは、と思っています。

 

Bさんを紹介してくれたお友だちに成婚報告ができる日を、

楽しみに待っています。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性と電話で話せません!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「電話で話せない」という人が増えています。

 

意気地がないとか、勇気がないから…という理由だけではないんです。

「電話で話す時間がない」、

もしくは、「いつ電話したらいいのかわからない」、

または、電話代がもったいない、とか。

 

いまの世の中、メール、LINE、SNSなど、

それほど時間を気にせずコミュニケーションできる

便利なツールがあるので、

わざわざ時間を気にして電話する、って

ホント、面倒なことなんですよね。

 

職場では、お客様と電話で話すことが仕事の人であっても、

プライベートは、電話をつかわないことのほうが多いかもしれません。

 

婚活も、

顔がわからない人とメールなどでコミュニケーションを取り、

いきなりリアルに会う、というお手軽な方法がウケているようです。

 

。。。

 

もしあなたが、本気で結婚相手を探しているなら、

メールやLINEを業務連絡的につかって、

「報・連・相」をマメにして、

本題は電話で話すことをおすすめします。

 

*「報」=報告、「連」=連絡。「相」=相談。

 

なぜなら、メールに打ち込んだ文字に、

あなたの本当の気持ちはこめられないからです。

あなたが思いやりに溢れる人だとしても、

メールでそのアツい思いを相手に伝えることは、

よほど文才があってもできないでしょう。

 

ただ、マメさは大事です。

もし、超多忙で連絡する時間も取れないなら、

誤解される前に、その状況をカンタンに伝えて、

「いついつ連絡します」と次の約束だけはしてくださいね。

 

 

たとえば、

あなたがお見合いした相手とデートの約束をする、

というシチュエーションを想像してみてください。

 

「今度の日曜日空いてますか?」

と一言メールを、ポンっと送ったとします。

 

この質問に対して、逆にあなたならどう答えますか?

 

「はい。空いてます」

ですよね。

 

お見合いでは、普通、自分の住所を教えたりしないものです。

お相手がどこに住んでいるかまだわからない…

この時点で、メールでデートの約束を取り付けようとすると、

こうなるかもしれません。

 

男「では日曜日、どこか行きたいところありませんか?」

 

女(行きたいところ…あるけど、この人、行ける距離かしら??

新宿なら大丈夫かな…)

 

女「新しくできた新宿のバスターミナルに行ってみたいです」

 

男(バスターミナル?なんで??。僕は吉祥寺のステーキ屋さんに食事に誘おうかと…)

 

男「いいですよ!行きましょう。何時にします?」

 

女(バスターミナルはちょっと見るだけで、そのあとルミネでランチ、かな…)

 

女「じゃ、新宿駅南口に朝10時でどうですか?」

 

男(は?朝10時?俺、前の日、飲みに行く約束しちゃってるんだけど、大丈夫かな…)

 

男「いいですよ!新宿南口ってJRですよね」

 

女(この人、なに言ってるのかしら。南口ってJRしかないじゃない…)

 

女「そうです。」

 

男「バスターミナル見たあと、一緒に食事いきませんか。ごちそうしますよ」

 

女「うれしい!!楽しみにしてます。」

 

。。。。

 

さて、デート当日、バスターミナル見学のあとの食事は、

新宿ルミネでしょうか?

それとも吉祥寺のステーキ屋さんでしょうか?

 

。。。

 

もしかしたら、ついでになにかやりながら、メールしてるかもしれませんね。

時々休憩(?)を挟み、延々と何時間もメールのやり取りをするかもしれません。

 

その結果、決まったことは、

せっかくのお休みなのに、二人でやりたいことではないかもしれません。

ホントは、バスターミナルではないところに、行ったほうがよかったのかもしれません。

 

。。。。

こういったメールのやり取りをつづけて、

電話で話すことを避けていると、

どこかで二人の関係を、プツっとカンタンに切られるかもしれません。

 

だって心が通わないんですもの。

 

デートの約束なんて。。

電話で話せば、お互いの考えがわかり、納得できて、

しかも3分程度で決まると思います。

 

電話はいきなりかけずに、事前に、

「いま、もしくは今日の夜、デートについて相談したいので電話してもいいですか?

都合のいい時間を教えてください(*^^*)」

とメールするんです。

 

メールでは、あらかじめどんな要件(=デートについて相談)で電話したいのか、

理由を伝えることが大事です。

 

たとえば、

「今日の夜、電話で相談したいことがあるんですが、何時なら都合がいいですか?」

というメールがきたら、どんな感じがしますか。

なにを相談したいの??

となりますよね。

 

で、返事がきたら、

路線図や地図を広げて、手帳とペンか、パソコンにメモ帳を出して、

電話するんです。

 

電話なら、相手の予定や自分の考えをすり合わせられますし、

気持ちを込めて話せますよね。

 

気持ちを通わせることが大事です!

 

 

メールに頼りきると、

徐々に、徐々に、お互いに不安を募らせることになります。

 

あなたと知り合うまで、

電話で異性とプライベートな話をした経験がない人ほど、

あなたからの電話を心待ちにするものです。

なるべく電話で話しましょうね!

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚とは無縁と思っていました。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

わたしの出版予定の本への寄稿をお願いした、40代会社員のCさんが、

超スピードでお手紙を書いて送ってくれました!

送信時間は深夜3時。。

Cさん、朝早くから夜遅くまで、連日の激務、お疲れ様です!

ご協力、本当にありがとうございます。

今日は、Cさんのお手紙をご紹介したいと思います。

…………………….

妻と知り合ったのは柴谷さんの紹介でした。
「ぴったりの女性いるから一度お会いになったら……」

半信半疑でしたが、会って見て、

柴谷さんの言う通り明るく元気で、笑顔が素敵な自分にとってここちの良い人でした。
結婚とは無縁と思っていましたし、

そのような兆しもなかったので突然結婚を意識するようになり

びっくりしたのをよく覚えています。
それまで女性とお付き合いをしたことがない自分に、

柴谷さんからアドバイスを頂き、お付き合い、結婚に至る事ができ、

今でも大変感謝しております。

結婚して日々の生活で感じる事は
一緒に喜びあったり、お互いを思いやったり、

協力しあったりできる人が側にいることのありがたさです。
独身の時とは違い、守る人がいるという責任感が湧いてきて、

仕事への活力になっています。
そして、心配していた両親が喜んだ事も嬉しかったです。
人生山あり谷あり、いろいろなことがあると思いますが、

これからも、彼女と二人力を合わせ素敵な人生を送りたいと思います。
この出会いのキッカケをくださった柴谷さんに、心より感謝しております。
柴谷さんの今後のご活躍をお祈り申し上げます。

……………………………..

 

Cさんは、昔からの知り合いでした。

友人知人から合コンに誘われると積極的に参加し、

ご両親から何度となくお見合いをすすめられ、

性格がまじめで素直なので、紹介される人ほぼ全員に会っていたようでしたが、

なにしろ交際のしかたがわからないので、後が続きませんでした。

 

 

あのとき。。

Cさんは、会社の忘年会で、占いができるという人に、

「あなたは来年結婚する」

と言われたそうです。

出席者一同「まさか!」と大爆笑。

その占いを信じる人は、一人もいなかったそうです。

 

ところが同じ頃。。

わたしは「何年も彼氏がいなかった」というA子さんのお悩みを聞いて、

なぜかCさんの顔を思い浮かべました。

「Cさんに会ってみない?」と話したら、

A子さんは「会います。。」と答えました。

 

ちょっとハゲていたCさんの写真を見せても、

A子さんの気持ちは揺るぎませんでした。

 

A子さんは、一見、年齢不詳の、スゴくキレイな人でした。

子どものような純真な心をもっている繊細な人のように見えたので、

A子さんが迷うことなく、「Cさんに会ってみたい」と言ったことは

意外でした。

 

 

ダメ元でお見合いのセッテイングをしたら、

なんと、お互いに一目惚れ!?

 

そこからわたしは、Cさんにメールや電話で、

最初だけアドバイスをして、励ましました。

 

その後、紆余曲折を経ながら交際が進み、なんとか結婚に至りました。

忘年会の占いが、見事に当たったんです!

 

Cさんの年老いたご両親は、まさかの大金星に大喜びでした。

料理が苦手なA子さんに、

「Cの家にいてくれるだけでいいから。。」

と手放しの歓迎ぶりだったようです。

 

Cさんは料理が得意なので、

A子さんにおいしい料理を作ってあげていて、

今は、平和で幸せな家庭生活を営んでいます。

 

Cさん、A子さんの末永いお幸せをお祈りしています。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

男性がはやく結婚するために必要な3つのこと

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

ca27c2ab7b954a7e22604f25c5da3a1a_s

おはようございます。シバタニです。

婚活スタートから半年、彼女とのお見合いから3ヶ月で婚約できた、

Aさん(40才男性会社員)の成婚報告を、昨日、紹介しました。

 

40才になってあせっていたAさんが、

あっという間に結婚を決められたのはなぜなのか。

あなた、知りたいですか?

 

それは、自分の考えやこだわりを手放して、

仲人の言う通りに行動したからなんです。

 

今日は、Aさんに実行していただいた、

仲人のアドバイスのキモをお話ししようと思います。

 

Aさんは40才で、「結婚適齢期を逃した。。」と言ってました。

女性の場合は、子どもを生める年令=結婚適齢期なんですが、

男性の場合はもっと遅くても問題ありません。

わたしから言わせると、40才はまさに適齢期なんです。

要は本人の持っている条件が大事です。

 

条件とは?

20代のうちなら、年収が少なくても結婚できる可能性は高いです。

が、30代を超えたら、ある程度の年収を確保するか、

年収が見込めないなら男性としての魅力を高めるか。。

最低限どちらか持ってないと、女性は求婚を受けません。

 

で、条件を整えた上で、

「結婚したがっている人が多く集まる場」に飛び込んで、

「相手の気持ちを読む」ということが大事になってきます。

 

「結婚したがっている人が多く集まる場」は

ネットでもリアルでも、いろいろありますが、

お互いの顔が見える場を選んでください。

顔、もしくは写真を見ることができないところはダメです。

あーでもない、こーでもないと考えるばかりで、

前に進まなくなるからです。

 

婚活は短期集中が大原則です。

集中力が続くのは3ヶ月が限度だと思います。

 

「3ヶ月で結婚相手を見つける!」と決意したら、

仕事の合間にお見合い申し込みをドンドン出して、

あなたに申し込みが入ったら、

しのごの言わず、感謝の気持ちでお見合いをすること。

お見合いしたら、よほど嫌じゃない限りOKする。

この段階で、あなたのプライドやこだわりは捨ててもらいます。

 

だれか1人と交際できたら、彼女との関係を深めつつ、

並行して他の人ともドンドンお見合いするんです。

こんなチャンスは2度とないので、

できるだけ多くの女性とお見合いしてください。

その中から1人に絞り込んでいくんです。

 

お見合いとお試しデートを繰り返すと、あなたは疲れてきます。

「何人も会ったけど、やっぱりA子さんが一番いい」

ということを肌で感じるようになって、

最終的に、「A子さんにプロポーズしよう」と決断できるようになるのです。

 

あなたが「この人が結婚相手だ」と確信するためには、

他の人と比べることが必要です。

 

さて、、

交際を長続きさせ、結婚まで持っていくためには、

「相手の気持ちを読む」ことが必要です。

あなたはできますか?

たぶんできないと思います。

 

婚活サイトで知り合った女性と、

メールやLINEで楽しくお話しできてたのに、

「ある日突然ブロックされた。原因がぜんぜんわからない」

って経験ありませんか?

 

経験があるなら、あなたはそのままでは結婚できません。

人の気持ちを読み解ける人にアドバイスしてもらうことが必要です。

 

。。。

 

最後に、「独身男性がはやく結婚するために必要な3つのこと」をまとめます。

タイミングよく実行してくださいね!

 

1)結婚したがっている人が多く集まる場(顔や写真が見えること!)に飛び込む。

2)3ヶ月間、婚活に集中する。

3)相手の気持ちを読んで行動する。

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032