女性と電話で話せません!?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

おはようございます。シバタニです。

「電話で話せない」という人が増えています。

 

意気地がないとか、勇気がないから…という理由だけではないんです。

「電話で話す時間がない」、

もしくは、「いつ電話したらいいのかわからない」、

または、電話代がもったいない、とか。

 

いまの世の中、メール、LINE、SNSなど、

それほど時間を気にせずコミュニケーションできる

便利なツールがあるので、

わざわざ時間を気にして電話する、って

ホント、面倒なことなんですよね。

 

職場では、お客様と電話で話すことが仕事の人であっても、

プライベートは、電話をつかわないことのほうが多いかもしれません。

 

婚活も、

顔がわからない人とメールなどでコミュニケーションを取り、

いきなりリアルに会う、というお手軽な方法がウケているようです。

 

。。。

 

もしあなたが、本気で結婚相手を探しているなら、

メールやLINEを業務連絡的につかって、

「報・連・相」をマメにして、

本題は電話で話すことをおすすめします。

 

*「報」=報告、「連」=連絡。「相」=相談。

 

なぜなら、メールに打ち込んだ文字に、

あなたの本当の気持ちはこめられないからです。

あなたが思いやりに溢れる人だとしても、

メールでそのアツい思いを相手に伝えることは、

よほど文才があってもできないでしょう。

 

ただ、マメさは大事です。

もし、超多忙で連絡する時間も取れないなら、

誤解される前に、その状況をカンタンに伝えて、

「いついつ連絡します」と次の約束だけはしてくださいね。

 

 

たとえば、

あなたがお見合いした相手とデートの約束をする、

というシチュエーションを想像してみてください。

 

「今度の日曜日空いてますか?」

と一言メールを、ポンっと送ったとします。

 

この質問に対して、逆にあなたならどう答えますか?

 

「はい。空いてます」

ですよね。

 

お見合いでは、普通、自分の住所を教えたりしないものです。

お相手がどこに住んでいるかまだわからない…

この時点で、メールでデートの約束を取り付けようとすると、

こうなるかもしれません。

 

男「では日曜日、どこか行きたいところありませんか?」

 

女(行きたいところ…あるけど、この人、行ける距離かしら??

新宿なら大丈夫かな…)

 

女「新しくできた新宿のバスターミナルに行ってみたいです」

 

男(バスターミナル?なんで??。僕は吉祥寺のステーキ屋さんに食事に誘おうかと…)

 

男「いいですよ!行きましょう。何時にします?」

 

女(バスターミナルはちょっと見るだけで、そのあとルミネでランチ、かな…)

 

女「じゃ、新宿駅南口に朝10時でどうですか?」

 

男(は?朝10時?俺、前の日、飲みに行く約束しちゃってるんだけど、大丈夫かな…)

 

男「いいですよ!新宿南口ってJRですよね」

 

女(この人、なに言ってるのかしら。南口ってJRしかないじゃない…)

 

女「そうです。」

 

男「バスターミナル見たあと、一緒に食事いきませんか。ごちそうしますよ」

 

女「うれしい!!楽しみにしてます。」

 

。。。。

 

さて、デート当日、バスターミナル見学のあとの食事は、

新宿ルミネでしょうか?

それとも吉祥寺のステーキ屋さんでしょうか?

 

。。。

 

もしかしたら、ついでになにかやりながら、メールしてるかもしれませんね。

時々休憩(?)を挟み、延々と何時間もメールのやり取りをするかもしれません。

 

その結果、決まったことは、

せっかくのお休みなのに、二人でやりたいことではないかもしれません。

ホントは、バスターミナルではないところに、行ったほうがよかったのかもしれません。

 

。。。。

こういったメールのやり取りをつづけて、

電話で話すことを避けていると、

どこかで二人の関係を、プツっとカンタンに切られるかもしれません。

 

だって心が通わないんですもの。

 

デートの約束なんて。。

電話で話せば、お互いの考えがわかり、納得できて、

しかも3分程度で決まると思います。

 

電話はいきなりかけずに、事前に、

「いま、もしくは今日の夜、デートについて相談したいので電話してもいいですか?

都合のいい時間を教えてください(*^^*)」

とメールするんです。

 

メールでは、あらかじめどんな要件(=デートについて相談)で電話したいのか、

理由を伝えることが大事です。

 

たとえば、

「今日の夜、電話で相談したいことがあるんですが、何時なら都合がいいですか?」

というメールがきたら、どんな感じがしますか。

なにを相談したいの??

となりますよね。

 

で、返事がきたら、

路線図や地図を広げて、手帳とペンか、パソコンにメモ帳を出して、

電話するんです。

 

電話なら、相手の予定や自分の考えをすり合わせられますし、

気持ちを込めて話せますよね。

 

気持ちを通わせることが大事です!

 

 

メールに頼りきると、

徐々に、徐々に、お互いに不安を募らせることになります。

 

あなたと知り合うまで、

電話で異性とプライベートな話をした経験がない人ほど、

あなたからの電話を心待ちにするものです。

なるべく電話で話しましょうね!

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA