やっぱり、条件ではないわ。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

カップル

おはようございます。シバタニです。

今日は、アラフォー美人、A子さんのお話です。

彼女は金融機関にお勤めで、一見してお局様とわかる女子。

グラマラスな体型ですが、面長で顔立ちが美しいので、

太っていることが全く気になりません。

しかも、プロフィール写真の彼女は、太陽のような笑顔で輝いていました。

 

A子さんには、さばき切れないくらい、男性からのお申し込みがきました。

アラフォー、つまり40才前後の女性で、

男性からのお申し込みが、こんなに殺到するのはまれです。

 

お母さんに連れられて、わたしのところにやってきたA子さんは、

女友だちが多くアクティブです。

お見合いのための予定がなかなか組めず、

申し込みに列をなした30人ほどの男性のプロフィールにも、

ほとんど興味を示しませんでした。

 

「2〜3人でいいので、会ってみたい男性をピックアップしてみてくださいね!」

となんども働きかけ、

ようやく3人の男性とお見合いを組むことができました。

………………….

【1人目】婚歴あり、年収800万円の公務員。

写真はスーツをカッコよく着こなしたイケメンです。

【2人目】長身痩せ型、年収600万円の公務員。

写真は目鼻立ちが整ったイケメンです。

【3人目】転勤族、年収750万円のマスコミ関係。

写真は丸顔で落ち着きのある感じ。

………………………………

結果は。。

A子さんはお相手の意向にかまわず、全員お断りしました。

なにがわるかったのか、わかりません。

わたしはお断りの理由はあえて聞かないことにしているからです。

 

3人とのお見合いと並行して、

「A子さんが会ってみたい人を検索して選んでください。

10人くらいにお申し込みを出してみましょう」

とアドバイスしました。

 

お申し込みが殺到していたA子さんは、気を良くしていて、

超好条件の男性ばかりにお申し込みを出しました。

ところが、待てど暮らせど、

お返事をもらえることはありませんでした。

お返事はただの1人もなし。全滅です。

 

その後、A子さんは自分にお申し込みをくれた男性たちを、

もう一度洗い出し、

「この人、おもしろそうだから会ってみたいです」

と言いました。

その彼とは。。

500万円未満の年収、最終学歴は専門学校卒の会社員。

年令はA子さんと近いです。

プロフィール写真のうちメインはボケていて、

サブはぬいぐるみを持っていました。

備考欄を見ると、「今時めずらしい好青年…」

担当の仲人さんがメチャ押ししてました。

 

(え?この人、、でいいんですか。。)

わたしは心の中で驚きました!

それまでA子さんは、

高学歴・高年収・ステイタス系職業の方ばかり選んでいたので・・・

 

早速、お見合いを組みました。

 

 

当日、お見合いにやってきた彼は、

どこにでもいるような、ふつうの顔立ちの男性。

ピッとしたスーツは身体になじんでいて、

自然に笑顔がこぼれる、感じのいい人でした。

 

……………….

それまでのお見合いは、1時間ほどでさっさと切り上げていたA子さんが、

彼とは2時間以上、楽しくお話しできたそうです。

お見合いが終わるやいなや、

彼から「交際希望」のお返事がきました。

A子さんにそれを伝えると、

オズオズと…

「迷うところはありますが、もう一度お会いしたいと思います…」

とのお返事!

わたしはA子さんに言いました。

「イヤになったら、いつでもお断りできますので、

あまり深く考えず、自由にデートを楽しんでくださいね!

2〜3回会ったら、お母さんにも会わせてご意見を伺ってみてください」。

 

A子さんをわたしのところに連れてきたのは、

お母さんなので、お母さんの存在は外せませんよね。

 

 

A子さんが一緒にいたいと思うお相手は、

好条件の男性ではなかったんですね。

とりあえず、めでたしめでたし。。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

副業。仲人募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婚活と子ども

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

91b17b78a09dce1f2b2a26764798292c_s

おはようございます。シバタニです。

「ちょっと若い子に行きたいけど、勇気がないみたいなことおっしゃってたので…」

40才のA子さんが、44才のBさんとお見合いしたあとの、

お断りの理由です。

 

 

お見合いの会話は、ある程度、駆け引きが必要です。

あくまでもお相手は初対面。

なのに、ついつい本音が出てしまうことがあります。

本音って、言うべきではなかったりするんですが。。

 

A子さんは、サバサバした気さくな雰囲気で、聞き上手な人です。

たぶん、相談事を持ち込まれやすいタイプ。

なので、Bさんは話の流れで、

日頃から思ってる本音をポロリ言ってしまったんだと思います。

 

しかし。。

お見合い相手の女性を前にして、

「本当はあなたより若い子がよかった…」って、

どう考えても、タブーなネタですよね。。

 

話はかわりますが、

40才前後のアラフォー女性が婚活をはじめるきっかけは、

「自分の子どもがほしい。もう出産のタイムリミットかも…」

という焦りから、が多いようです。

 

時々、アラフォーの芸能人が出産したことが話題になるので、

まだまだ産める、という気になるのかもしれません。

 

が、35才以上の女性の出産は「高齢出産」とされています。

これは昔の話ではありません。

 

「だいたい閉経の10年前から妊娠できなくなる」

とおっしゃっている産婦人科医もいます。

また、不妊の原因は女性の年令ばかりにあるのではなく、

不妊症の10人に5人は男性にも原因があるそうです。

 

………………………………..

 

振り返れば。。

わたしは中学3年生で初潮を迎え、45才で閉経しました。

生理があった期間は平均よりはるかに短かったと思います。

ということは、わたしの出産のタイムリミットは35才だったんですね。

3人の子どものうち、3番目の娘を産んだのは32才でしたので、

間に合ってた。

ホッと胸をなでおろすような気持ちがします。

確かに若ければ、

出産のタイムリミットどうこうは考えないと思います。

だからこそ、あとあと子どもが欲しくなることを見越して、

婚活は早めにはじめた方が、ほんとにいいと思います。

 

…………………………..

 

生理があるうちは閉経年令が何才なのかわかりませんので、

あなたが何才まで子どもを産めるのかは、だれにもわからないんです。

一方、男性に生殖能力があるのかも、これまた外見ではわかりません。

 

子どもは神様からの授かりものです。

子どもを意識しすぎると、婚活はむずかしくなります。

なので、お相手に若さだけを求めず、

人物と相性本位でお見合いしていただきたいなと思います。

 

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

副業。仲人募集

 

 

 

 

 

お見合いは一期一会

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

お見合いは一期一会

おはようございます。シバタニです。

婚活に「お断り」はつきものです。

が、自分からはバンバン容赦なく断るのに、

相手から「お断り」が伝えられると急にヘコむ…。

みんなそうです。

あなただけじゃありません。

自分を否定されたり、拒絶されたり、無視されたり。。

って、ほんとうにイヤなものですよね。

……………………………

先日、婚活中の読者の方から、

「1週間前に、男性をご紹介していただいたんですが、見事にフラレました💦

仲介していただいた方に、理由を訪ねると、

お相手が聞いてほしくないことを私が聞いてしまい、

不快感を与えてしまったとのことでした。

楽しくお喋りしながらも、気遣いはとても大事だと反省しました。

次回また違う方とお会いするときは、もう少し慎重に接しようと思います(^-^)」

というコメントをいただきました。

 

 

わたしは彼女に言いました。

「お断りの理由や意見は気にしないでください。

その人とはご縁がないと神様が教えてくれた、ただそれだけだと思います。」

 

………………………..

 

お見合いで「お断りの理由」を告げられると、

彼女とおなじように相手の不快感に惑わされる人、多いんです。

でも、ご縁がなかった人の感情や意見にとらわれると、

自分を見失います。

これは、ほんとうに怖いこと。

彼女がお見合いで言った「お相手が聞いてほしくないこと」とは、

どんなことなのかわかりませんが、

同じことでも相手が変わると、

「それはそうだよね。単刀直入に聞いてくるこの女性、好きだな」

となるかもしれないからです。

 

 

話はかわりますが、

実際にお見合いを経験したあと、

「今回、予定を詰めすぎて、余裕がなくなって疲れちゃったから、

デートのときは他の予定を入れないようにしよう」とか、

「もう少しメイクがんばろう」とか、

「あの話題を出したら、お相手の顔色が変わった。あの話題はタブーネタかも。。」などなど。。。

自分で気づいたことを自分で直すのはいいんです。

自責で行動すると、人としての魅力がドンドン増してくるからです。

 

婚活は自分との戦いです。

わたしのサポートには、ここまでという線引きがあります。

ここから先のことを決めるのはあなたであり、お相手です。

婚活をはじめると、

ご縁のない人に数多く出会うことになりますし、

あなたとご縁のない人との間には「お断り」という重い重いことばが残されます。

割り切って、気持ちを前向きに切り替えていくしかないんです。

 

 

 

「お見合いは一期一会です」。

 

あなたの目的ははっきりしています!

たくさんのご縁のない人たちに会って、

たった1人だけのあなたの結婚相手を見つけるということです。

 

会う人会う人、たとえ第一印象でガッカリしようとも、

または交際に入ってから、「この人との違和感はどうしてもとれない」

と思ったとしても、

つねに心をつよく持って、大人の対応をしてください。

「絶対に結婚する」と心に決めて、途中であきらめないことが大事です!

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

rp_063332977a1bec7283555794c7861f86-300x250.jpg

 

 

 

 

 

 

 

虎穴に入り虎子を得た話

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

虎穴に入り虎子を得た

 

おはようございます。シバタニです。

先日、心を鬼にして家を追い出した娘のことですが。。

あなたにはご心配をおかけしました。

おばあちゃんの仲介で家に入れ、試用期間の1週間が経過したいま、

どうなったか、というお話をしてみたいと思います。

…………………….

これまでは、わたしと主人と娘の3人で、一つ部屋で寝ていました。

が、あれから娘はおばあちゃんと知恵を出し合って、

ほとんどつかっていなかった3畳ほどの部屋に、

本棚を利用したベッドをこしらえ、

自分のプライベートな空間を確保しました。

………………

朝、いつまでも起きないと、わたしに怒鳴りつけられます。

それがいやで、

いまは毎朝、ちゃんと起きてきて、

わたしにあいさつするようになりました。

娘は、「おかあさんに怒鳴られると、お腹が痛くなる」と、

おばあちゃんに漏らしたそうです。

………………..

「ご先祖様あっての自分なんだよ」

「ご先祖様はあんたたちを守ってくれてる。

お線香を上げて感謝すれば、絶対にいいことがある」

 

これまでわたしは子どもたちに、何度となく言いきかせてきましたが、

朝の忙しさにかまけて、仏壇にお線香をあげる習慣はつきませんでした。

なのに。。

娘は自発的に、仏壇にお線香を上げて手を合わせるようになりました。

…………………

わたしが料理をしていても知らん顔だったのに、

「なにか手伝いますか?」

と言うようになりました。

…………………

洗濯はまったくしなかったのに、

「全部干してから、バイトに行きます」

と言って、あわてて洗濯物を干してる娘の姿。。

はじめて見ました!

……………………

あなたは、娘の一連の行動を、

母のわたしが怖いからイヤイヤやってると思いますか?

実は、わたしもそう思っているんです。

でも、これほど変わるとは。。

 

…………………

 

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」
(こけつにいらずんばこじをえず)

ということわざがあります。

時に危険な事柄をしなければ、成功することはできない、という意味です。

 

今回の件に関しては、

同居のおばあちゃんの上手なフォローを信じて、

わたしが娘に本気でプレッシャーをかけたことはまちがいありません。

。。。

娘を追い出した時、若い頃の自分を思い出していました。

自分で決めて、高卒で上京したこと。

自分で決めて、フランスに半年滞在したこと、

自分で決めて、目の手術のためにモスクワに渡ったこと。。。

 

人間、追い詰められたら、自分で考えてなんとかしなければならないんです。

あのとき、あのまま娘が返ってこなくてもいいと思ってました。

20才の娘がここで自分の殻を破れるのかも、興味がありました。

 

 

おかげさまで、娘は心を入れ替えたと思います。

リバウンドしないように見守っていきたいと思います。

…………….

今日、あなたに伝えたかったのは、

「虎穴に入り虎子を得る」

ということ。

神様は、あなたの人生を変えるために、

一度、底まで落とすこともあるかもしれません。

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

仲人募集バナー1



相手の気持ちを考えることができますか?

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

相手の気持ち

 

おはようございます。シバタニです。

「こんなことしたら相手はどう思うかな?」

と考えること、婚活ではスゴく大事です。
でも、なかなか結婚相手がきまらない人って、

自分のことで頭がいっぱいで、相手がどう思うかあまり考えないんですよね。
………………….

 

わたしが加盟する日本仲人協会では、

会員同士、会員と仲人、そして仲人同士が気持ち良く活動するための、

「細則」や「ペナルティ規定」などのルールがあります。
婚活は人の気持ちで動いていくものなので、

いろいろな行き違いや、トラブルが起こります。

 

「細則」で解決しようと思っても、解釈のちがいがおこることはままあります。

判断に困ったら、その都度、法の番人のような理事長の判断を仰ぎます。

理事長でも判断しかねる特殊なケースは、全国の加盟仲人にアンケートを取って、

方針を決めるような場合もあります。

 

ただ、ルールだ、罰金だ、とペナルティーにとらわれすぎると、

ご縁をおのずと遠ざけることにもなるんです。
わたしは「あなたのご縁を引き寄せるために優先することはなにか?」

をつねに考え、トラブル回避の方向に駒を進めることが大事だと思っています。

 

さて、あなたは相手の気持ちを考えることができますか?

「自分がされたらイヤなことを、相手にもしない」

ということ、ちゃんとわかってますか?

 

たとえば。。
あなたが相手のプロフィールを丹念にみて、

思い切って、「この人に会ってみたい」とお申し込みを出したあと、

相手から無視されたらどんな気持ちですか?

逆に、あなたはこの相手の方と同じことを誰かにしていませんか?
また、

相手のプロフィールに書いてあったことがまちがいだったら…どうですか?

「派遣社員」なのに「会社員」とか、

「婚歴」はないけど、昔つきあってた彼女との間に子どもがいるのに

「子どもはなし」と書いてたとか、

「大学中退」なのに「大卒」とか。。

 

もしも、相手の経歴がウソだった場合でも、

あなたはその人と結婚しようと思いますか?

…逆にあなたはこれくらいならいいだろうと、

経歴で微妙なごまかしをしていませんか?
こんな経歴詐称のような決定的なこと以外でも。。
・お見合いが成立したのに、取り消したいと言われた。

・お見合いの日に相手が遅刻してきた。

・お見合いをドタキャンされた。

・決まっていたお見合いを相手の都合で延期され、その後連絡がない。

・お見合いのあと交際の意思を確認できたのに、一度も会わないうちに断られた。

・お見合いのあと、メールを送っても返事がない、電話してもでない。

などなど。
こんなことされたらイヤですよね。

というより、まだよく知らない相手からこんな失礼なことをされたら、

気持ちよくお見合いや交際ができますか?
………………………

結婚はあなたの人生を確実に変えます。

わたしはあなたに、なにがあっても2人で乗り越え、

幸せがつづく結婚をしてほしいと思います。

なので、

あなたの気持ちを考えて行動できる誠実な人と結婚できるように、

あなた自身も、相手の気持ちを考えて行動できるようになってくださいね。
…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

仲人募集バナー1

3つほめて、2つ注意する。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

0851d07ca105541de11523aab327d572_s

おはようございます。シバタニです。

「あなたのためにタバコをやめた人って、思いやりがあると思います!」

動画でタバコの話をしたときに、

思わず言ってしまったことばです。

言って、われながら唸ってしまいました。

「ほんとにそうだなあ」と。

 

あなたが、タバコを憎んでるのか?ってくらいの嫌煙家でないかぎり、

わたしはお見合い用のプロフィールに、

「タバコを吸うか吸わないか」書きません。

 

が、お申し込みを受けた際に、

「当方、タバコは吸いません」と書いてくる人があったら、

お返事に「当会員もタバコは吸いません」と書いてお相手に安心してもらう、

ということはやっています。

 

人間はいくらでも変わるんです。

みんな、なんらかの欠点や落ち度があるものです。

相手のためになおせるなら、きっといい人なんだと思います。

 

……………..

「おとなでも、こどもでも、三つほめて二つ注意すれば、

ぐうんと成長するそうですよ」

浅草の待乳山聖天(まつちちやましょうでん)の休憩室にかけられていた、

5月のカレンダーに書いてあったことばです。

わたしは言葉掛けによって人が成長する姿を、日々、この目で見ています。

………………..

 

わたしの会員さんは、フェィスブック経由で入ってきた人が多いです。

つぎはブログ経由、人からの紹介、親御さん経由の人とつづきます。

 

この中で、よりはやく結婚できる人はフェイスブック経由の人たちです。

わたしとお友だちになって、双方向でコミュニケーションしているうち、

リアルに会うことになって。。

そのまま会員になっていた、という人たち。

 

なぜはやく結果を出せるのかというと、

わたしの投稿記事を読み、動画を見てくれているからなんです。

 

わたしは会員さんに、

「わたしの記事を読んでください」

「動画のチャンネル登録をしてください」とか、

ほとんど言いません。

読みたかったら自分から読むだろうし、

見たかったら見ればいいし、と思っています。

 

だって、わたしの考えなんて、

人様に押しつけられるようなものではないので。。

 

ただ、ホームページを見て問い合わせてこられた方に、

わたしがしゃべってる動画を送ることはあります。

 

話を戻します。

フェイスブックでわたしの記事を丹念に読み、

動画を見てくれている人は、行動を修正するのがはやいです。

 

たとえば、

わたしがお見合い申し込みを取り次いだときに、

これまで、お相手に気になる点があると、即スルーしてた人が、

「柴谷さんの動画を見て、やっぱり会ってみることにしました」

と言ってきたり。。

「ブログで言ってたこと、目からウロコでした。。」

と言って、わたしが説明する前に話の内容をわかっている人もいたり。。

自分から軌道修正してくれるんです。

 

 

また、「この人のありのままを、お見合いでベラベラしゃべられたら成立が困難かも。。」

と判断する人、男性に結構多いんですが、

「あなたはお見合いで、聞かれたことにだけ答えること。

◯◯と◯◯は言っちゃいけない。会話は女性7:あなた3でね!」

とアドバイスしたときに、素直に聞ける男性は、

お相手の女性に問題がない限り、

お見合いした人と十中八九(じっちゅうはっく)、

交際に駒を進めることができてます。

 

 

お断りがきたら、こんなことを言ってフォローします。

「あなたに悪いところなんて全然ないですよ。心配はいりません。ただご縁がなかっただけです」。

 

交際に入ったら、相手を見ながら本当の自分を出すタイミングも教えています。

 

ここまではわたしがリードしていますが、

交際が軌道に乗ってきたら、わたしの出番はありません。

 

わたしの役割は「予告編」をプロデュースして、ご縁を引き寄せること!

あくまで「本編」のあなた自身が大事です。

「本編」を好きになってもらえたら、あとは結婚に向かって2人の関係を深めていくだけです。

 

こんなふうに、わたしの考え方を自ら吸収して実行してくれる人は、

二人三脚がラクなので、

結果、はやく結婚相手にたどりつけるんです。

 

……………………

いちばんやりにくいのは、

正直、親御さんがつれてきて会員になった人ですね。

コントロールがむずかしいです。。

コミュニケーションを取っているつもりでも、

見えない壁は取りきれなかったりするので。。

………………………

 

わたしは人を否定はしませんが、なにげに正直です。

 

たとえば、プロフィールに書かなければいけない必須項目は、

たとえ本人にとって隠したいこと、不利なことであっても、

法律にのっとって書きます。

 

また、アラフォー以上の年令の女性の婚活を、

人によっては、末期がん患者のホスピスケアに例えることもあります。

 

が、それを素直に受け入れてしまえる人は、

心も外見も魅力的に変身します。

そうなったら、会うたびにほめます!

本人もほめられると自信がついて、

ますます魅力が増すという好循環になります。

…………………..

「三つほめて。二つ注意すれば、ぐうんと成長する」

ほんとにそうだなあ、とあらためて思った次第です。

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理不尽に突き放した理由とは。。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

739a6ed80aae8f17d279e71f1d63e0a8_s

おはようございます。シバタニです。

昨日書いた【突破できそうもない壁を突破する方法】に対して、

読者の方から、たくさんのコメントが寄せられました。

ありがとうございます!

ここで一部をご紹介したいと思います。

…………………………………………………..

「子供たちのしつけは、難しいね
私だってでてけといいたくなる気持ちいいわかります
親にやってもらって当たり前じゃなくていつかは、自立しないとならないのだからね」

…………………..

「何処の家庭にもありそうな問題ですな。

末っ子は甘えん坊に見えて
独立心が強いですよ。
今甘えてるのは男の子👦の反抗期的な物が二十歳になって出たのかもしれません。
かをるさんの子供ですもの良い娘になるのが見えますよ。」

……………………

「娘さんにとって、かをるさんは逃げ場所だったのかも知れませんね。
いつかは巣立たねばならないのですが、
難しいものです。」

………………………

「素敵な変身をしている最中の娘を持つ柴谷さんに、私も勇気いただきました。

我が家の長女も現在高校生ですが…。似たよう問題を抱えて悩んでいる母親のひとりです…私も。」

………………………

「子育ての難しさには私も~実娘に沢山の後悔あります?
今は…私から離れてしまった現状ですが?昼夜働き続けて大卒迄私も働き続けて結婚式まで挙げ終わってから?私の人生…生き方を考えました(笑)
突き放す事も大事かナア???つくづく思います(?_?)」

………………………

「すごーいわたしも一度娘と息子に出ていけと怒鳴ったことあり二人で出ていってしまい。そのあと心配になって探しに行ったこと覚えてます。子育てって大変ですよねーいつまでたっても親は親で子供の心配はつきませんね」

………………………..

「私は今、高校三年の三女で毎日悩んでいます。大学受験で追い詰められているのでしょうが、毎日戦争です。」

………………………..

「我が家の22歳になる娘も同様です…
少し荒療治しないといけないかもしれませんね…
家は女の子だから逆にどこに出ても恥ずかしくないようにとかなり厳しく育てましたが外面だけが良い娘になってしまいました。
子育ては難しいですね(。>д<)」

………………………….

「やってやりましたね?
まぁ、将来の為にも良かったのではないでしょうか。
頑張りきれれば、きっと就職してからも感謝されると思いますよ」

………………………..

「親は、子に間違った道に行かないように、修正してあげなけりゃ、っすね(?´?`?)?*.+゜」

……………………….

「事あるごとに手探り状態の対応ですが、最近まで僕は鬼のように怒っていました。しかし、馬耳東風でのらりくらりと繰り返す事も多々あります、、、最近は、1つでも満足に出来たら良いではないかと考え方を変え、起こることより小さい事でも褒めるようにしました。絶大な効果は無いかもしれませんが少しでもプラスになれば良いという考えで穏やかに育てていきたいと思います。
ラグビーでは厳しくしますが(*´艸`*)
何時も有難うございます。シバタニさんの投稿は何時も考えさせてくれると同時に再確認させて頂ける貴重な経験値を上げてくれる場所になってます。これからも宜しくお願い致します。」

………………………

「うちの25才になる娘もそうです(泣)イベントの時には、プレゼントをくれますが、ママがいなければ、自分ですると調子の良い事を言って、バツが悪い時は、シカトですね(*_*)」

……………………….

「爆発しましたね~🔥😭💣(笑)
たまにはいいですよ🎵
うちも同じ二十歳になる娘が居ますが私が離婚したときはまだ娘は小学生だったけど高校卒業して働く道を選んでくれて今は私を助けてくれてはいますがお客さん状態で同じようなもんですよ?
この前も「洗濯機に洗濯物入れてたら勝手に洗濯機が洗ってくれてるんじゃないんよ?」ってぶちきれたとこです(笑)
たまにはお母さんを怒らしたらとんでもなくなるってことをわからせとかなきゃね?😁」

…………………………

「自分は飛行少年 笑 だったので💦なんか、昔の自分を思い出しました^^;少し方向を変えるだけで自分は気付いた気がします(^^)今は ですが^^;」

…………………………….

「子育ては、仕事と同じくらい、大変なものです!お気持ちよくわかります、良かったですね♪荒療治、大きく変わると思います!(^ー^)お嬢様に命の伊吹が入ったみたいで、楽しみです!(^ー^)
かをる先生の素晴らしいパワーに感動です!頑張って下さい?」

………………………………..

やっぱり、このような場合、母と子だけの関係に関われるおばあちゃんの存在が、要ですね~
良かったですね。良い方向に舵がとれたのは、今後も、もっと良い成長を期待でき、親の一生懸命働く後ろ姿を、きっと娘さんも、見ているでしょう。
大人、成人後の我が子の在り方は、いくつになっても、心配です。私の場合は、息子の事。」

………………………………..

「厳しいと感じましたが、必要なことかもしれません。『満足な教育を受けさせるため』大賛成です。それだけに、日本の教育制度は否定できない、一方で裕福な一握りの家庭を除いて親が働き詰めでないと有利な立場の社会人になれない現実がある。だから、子供にかまってあげられないのは決して、柴谷さんだけの責任ではないと思います。」

………………………………..

「子育てほんま、難しいです、私はけしていい親ではないけど、母一人子ひとりで毎日頑張ってますが、娘も17になりましたが、洗濯なんかしたこともない
ついつい、やってしまう自分がいますねー」

………………………………….

「仕事しながらの、子育て 本当に大変です。子育ては、特に結果が直ぐに出てこないため、暗中模索状態です。娘さんも、解っているはず…しかし、素直になれませんよね‥だって、親子ですから。

これから、少しずつ、素直になっていけば良いと思います。
頑張って 娘さん!!ヾ(o´∀`o)ノ」

………………………………..

「あ~
自分の所にいる娘二人とも一緒です。
いくら言っても聞き入れません
。休みの日は洗濯、食事の準備に後始末。平日も食事の始末を私がしているのに、テレビにゲーム三昧。自分が食べた後の洗い物も流し台にさえ運びません。
挙げ句の果てにデブって生活習慣病にかかる始末。それでも変わりません。
最後は何を言っても「うるさい!」困ったもんです」

……………………………………

ごめんなさい。思い付きのコメントなので、失礼をお許しください。きっとお嬢さんは一番気を緩めていられる家だから、そうしていたのではないでしょうか。やらなければいけない時が来たら、ちゃんとやれるのでは。そう信じてあげて、見守ってるのもひとつかなあって思います。家は家族にとって楽な場所、帰りたいって思える場所、が一番良いですから。」

 

…………………………………..

これまで、わたしは、最後のコメントの方がおっしゃるように、

娘を信じて見守ってきたと思います。

 

でも、娘は20才です。

 

わたしは福島の高校を卒業して、就職のために上京しました。

ウチの娘と同じ20才の時には自立していました。

母は福島の貧乏な家に生まれ、中卒で上京し、たいへんな苦労をしてきています。

 

「ものがなかった貧しい時代の昔と今はちがう」

ということがまかり通ったのは、少し前の時代です。

 

今は「一寸先は闇」の世の中です。

だれしも、あっという間に天国から地獄に落ちる可能性があります。

 

ある日突然、理不尽な状況に陥った時に、

柔軟に対処できる知恵や気力を鍛えておかないと、

幸せな人生は歩めない気がするのです。

 

だからこそ、母の日のあの日。

娘は、過保護なわたしに甘えすぎてると気づき、

理不尽に突き放したんです。

 

娘の独立心をわざと刺激して、

「はやくこの家から出ていきたい」と思うようにと。。

 

いつまでも親と同居して安穏としていたら、結婚できないと思います。

娘の幸せは、わたしから自立して結婚することにあると思っているので。。

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

突破できそうもない壁を突破する方法

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

a80b7673969a2e4558d4fac6ff070cc1_s

おはようございます。シバタニです。

先日の母の日、わたしは20才の娘に激しく怒鳴りつけました。

「出ていけっ!!」

娘は家のカギを置いて出ていきました。

 

なぜ、こんなことになったのか?

お恥ずかしい話ですが。。

 

わたしは息子2人のあとに生まれた娘を、

目の中に入れても痛くないほど、かわいがって育ててきました。

 

同じように悪いことをやっても、

息子は厳しくしかり、娘のことはかばってきました。

 

が、娘は20才になっても。。

食事のしたく、あとかたずけ、掃除など家事全般、

わずか自分の洗濯物すら、

できるはずなのに、なんにもしない、やろうとしない。

娘の入浴後は、浴室の排水溝に長い髪の毛が詰まったまま。。

 

娘は片時もスマホを離さず、バラエティー番組を見て笑う毎日。

部活は熱心ですが、

勉強する姿はめったに見ません。

大学の学費についても、費用対効果はゼロに近い。

 

なんどとなく、やさしく注意しても、どこ吹く風。

「この子20才過ぎてて、この調子では人から必要とされる人間になれないのでは。。」

と薄々思っていました。

 

そして、母の日。

娘はいつものように夜遅く帰宅して、

夕食を食べながら、テレビを見て笑っていました。

わたしの母が娘に聞きました。

「◯ちゃん、今日、何の日か知ってる?」

娘は答えませんでした。

「母の日でしょ。◯ちゃんのお母さんは、おばあちゃんに、

歌舞伎座でTシャツを買ってきてくれたよ。◯ちゃん、カーネーションとか、なにかないの?」

娘は答えませんでした。

 

 

その時。。

めんどくさいこと、いやなことはすべて親に押し付けて、

自分のことしか考えない大人になってしまった娘を変えるためには、

実力行使しかないと思い立ちました。

 

「わたしの育て方が悪かったからこうなった。

あんた、母の日にカーネーション1本買う気持ちがないなら、

わたしのことを母親と思ってないってことよね。

なら、わたしもあんたのことを娘と思わない。家から出て行きなさい。

しょっちゅう無断で外泊してるお友だちのところに行けばいいじゃん。」

「出ていけっ!!」

「家のカギを返しなさい」

 

娘はビックリして青ざめた顔で、無言のままカギをわたしに渡し、

自転車でどこへともなく行ってしまいました。

 

わたしは娘が早々に折れて、あやまってくることを期待していました。

 

ところが、翌日も、2日経っても音沙汰がありません。

元来、強情っぱりで、人にあやまらない性格でしたが。。

 

思い返せば。。

3人の子に満足な教育を受けさせるため、わたしは働きづめで生きてきました。

子どものしつけはおろそかにしてきたと思います。

というより、わたしは育ちが悪いので、そもそもが大雑把で、

子どものしつけなど、できない人間でした。

なので、子どもの教育はアウトソーシングしようと思って実行してきました。

 

子どもたち3人全員、産休明けから保育園に預け、

離乳食、トイレットトレーニング、外遊び。。

わたしが苦手なことを保育園に全部やってもらいました。

 

ある程度の年令から、息子たちはバイオリン、娘はピアノを習わせました。

 

小学校は葛飾区の公立小学校に通わせましたが、娘はいじめられっこでした。

ノートに「死ね」と書かれ、しょっちゅう靴がなくなりました。

小学校4年生のとき、墨田区の小学校に転校したら、

いじめられることがなくなり、明るく積極的になりました。

 

中学校と高校は公立の学校ではなく、

西武池袋線ひばりヶ丘にある「自由学園」に教育を委ねました。

息子たちは男子部。娘は女子部です。

この学校は、キリスト教の神さまをただ一人の先生とし、

勤労奉仕を主軸とする教育方針で、少人数の子どもたち一人ひとりを大切に育ててくれます。

が、親も学校のために喜んで力を出すことで成り立つ教育なので、

たいへんだったけど、いろいろ勉強になりました。

 

なまけることを許されない自由学園でも、娘はどこかなまけものでした。

入学した直後は寮生活をさせました。

早寝早起き、食事作り、掃除、洗濯。。すべて上級生に教えてもらいました。

が、通学生になると、遅刻のチャンピオンになり、

ずっと学校をやめたいと思っていたらしいのですが、

わたしは耳を貸しませんでした。

 

息子2人は「自由学園最高学部」に進学。

娘は、高等科で卒業し、一般の大学に入学しました。

 

大学に入ってからの1年間は、親元離れて寮生活をし、

2年生から都内のキャンパスにうつることになって、

自宅通学が始まりました。

 

わたしは娘が元来、強情っぱりで、あやまらない子どもだったことと、

クレジットカードの仕組みを深く知って経済的に失敗しないようにと、

当時、わたしが勤務していたカード会社のコールセンターに紹介して、

アルバイトとして雇ってもらいました。

毎日毎日、「申し訳ございません」と言うクセがつけば、

日常生活でも、人にあやまれるようになるだろうと目論んだのです。

 

………………..

 

娘は、母の日にわたしに家を追い出されてから、

友だちの家に1泊、ネットカフェ、野宿と、自転車で放浪していました。

 

 

そして、心配してLINE(ライン)し続けていた、おばあちゃんの救いの手につかまって、

いつの間にか、おばあちゃんの部屋に潜り込んでいました。

 

娘は「100%悪くないからあやまらない」と言ったそうですが、

おばあちゃんの仲介で、しぶしぶわたしに謝ったので、

1週間の試用期間を設けて、家に置くことにしました。

 

わたしの基準を満たすような生活ができなければ、

大学の学費は払わず、自動的に退学してもらい、

さらに、家を出て自活すること、を言い渡しました。

 

今、試用期間ですが、

娘は大学に残るために必死で、

見違えるようにキビキビ動くようになりました。

 

わたしとしては、突破できそうもない壁を突破した感覚です。

人の役にたつ人間に育てるため、あの手この手を駆使し、

今後も娘に目を光らせていきたいと思います。

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独りでは幸せになれない

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

 

おはようございます。シバタニです。

「一生を通して私たちを健康で幸せにしてくれるのはなんでしょう?

最高の未来の自分に投資するなら、自分の時間とエネルギーを何につかいますか?」

 

 

ロバート・ウォールディンガーさんが、TED(テッド)の舞台で語り始めたことばです。

テーマは「人生を幸せにするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から」。

 

今回は、NHKの「スーパープレゼンテーション」という番組で見たプレゼンのお話です。

 

………………………..

 

ロバート・ウォールディンガーさんとは何者でしょうか?

「幸福と健康の持続になにが必要なのか」について、

75年にわたって724人の男性を追跡調査している

「ハーバード成人発達研究」の4代目リーダーです。

 

この研究チームでは、1938年以来、男性を2つのグループにわけて追跡しているそうです。

1番目のグループは、当時、「ハーバード大学の2年生」、

2番目は「ボストンで最も問題の多い極貧家庭出身の少年たち」。

 

。。。

最近、

「一生を通して私たちを健康で幸せにしてくれるのはなんでしょう?

最高の未来の自分に投資するなら、自分の時間とエネルギーを何につかいますか?」

若者に冒頭の質問をして調査したところ、

最も大切な人生の目的について、80%以上の答えは「富を蓄えること」、

同じ若者のうち50%の、もう一つの大きな目的は「有名になること」だったそうです。

この調査結果がどういう意味を持つのか。。。

以下、プレゼンの要点を抜粋します。

……………………………

724人の人生から得た、何万ページにもなる情報からわかったことはなんでしょうか?

「わたしたちを健康に幸せにするものは、富でも名声でも無我夢中で働くことでもなく、

人間関係に関する3つの教訓でした」。

 

1つめ「孤独は害となる」。

家族、友だち、コミュ二ティとよく繋がっている人ほど幸せで、

つながりの少ない人より長生きするという結果がでました。

孤立化を甘んじて受け、生活している人は、

中年になり健康の衰えは早く、脳機能の減退も早期に始まり、

孤独でない人より寿命は短くなります。

ここで重大なことは、友人の数ではなく、生涯を共にする人の有無でなく、

身近な人たちとの関係の質なのです。

争いの真っ只中で暮らすのは、健康に悪いことがわかっています。

たとえば、愛情が薄い喧嘩の多い結婚は、おそらく離婚より健康に悪いでしょう。

 

2つめ「50才で最も幸せな人間関係にいた人が、80才になっても一番健康だった」

中でも、パートナー共に幸福だと感じていた人たちは、

80代になり、身体的苦痛があっても精神的に幸福だという報告があります。

しかし、不幸な関係にある人たちは、精神的苦痛で身体的苦痛がさらに増幅されています。

 

3つめ「良い人間関係は、身体の健康だけでなく脳をも守ってくれる」

何かあったとき本当に頼れる人がいる、と感じている人の記憶ははっきりしています。

一方、パートナーにはまったく頼れないと感じている人には、

記憶障害が早期に現れ始めます。

 

。。私たちは、手っ取り早く手に入れられる、生活を快適に維持してくれるものが大好きです。

人間関係は複雑に込み入っています。

家族や友人との関係をうまく維持していくのは至難の技です。

75年もの間 我々の研究で 繰り返し繰り返し示されたのは?、

最も幸せに過ごして来た人は 人間関係に頼った人々だという事でした?。

それは家族 友達や コミュニティだったり様々です。

 

「良い人生は良い人間関係で築かれます」

……………………….

 

このプレゼンを見て、改めて感じた事。。

わたしの仕事は結婚相談業です。

「信頼できる誠実な人と結婚して、ゼロベースから愛を育んでいくこと」

この考え方を浸透させ、

幸せな結婚生活ができるカップルを、1組でも多く誕生させたいと思います。

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたのお世話は荷が重い。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

81a16807be5278430ff936e804b391ab_s

おはようございます。シバタニです。

あなたは結婚相談所の成婚率が、どのくらいか知ってますか?

 

ちまたには、入会すればだれでも結婚できると言わんばかりの

広告宣伝コピーを並べ立てて集客する結婚相談業者が多くいます。

「入会後3ヶ月以内のお見合い率は99%」

「交際率91%」

「成婚率53%」

 

 

でもこの数値、ウソではないと思います。

 

なぜかというと。。

「◯◯率」といった場合、業者それぞれの解釈で

数字はいかようにでも上げられるからです。

 

まずは、あまりにもお見合いが組みにくい条件の人は

入会を断るかもしれません。

で、入会後3ヶ月以内に1人でも引き合わせられれば、

お見合い率は限りなく100%になります。

お見合いできたら、

「1回デートしてみないと人はわからないもの」とか言って、

「1回デートコース」をすすめてクリアできたら、

これまた交際率は100%に近づけていけます。

無理強いはできないので、交際率はお見合い率よりも、

必然的に下がります。

 

さて、問題は「成婚率」です。

あなたは結婚するために、結婚相談所に入会したんです。

成婚できなければ、話になりませんよね。

 

実は。。

大手の結婚相談所の成婚率は5%程度といわれています。

わたしが加盟する日本仲人協会でも15%前後です。

 

大手では100人のうち5人、

わたしのグループなら100人のうち15人しか、結婚できないんです。

 

なぜか?

それは、会員が多ければ多いほど競争が激化するからです。

 

婚活では、見栄えのいい人、条件のいい人に、人気が集中します。

 

たとえば、こんな条件の男性がいたとします。

『写真はパリッとスーツを着こなしたイケメン。40才。年収700万円。一部上場企業の会社員』

 

イケメンで高年収の人と会ってみたいと思う女性は多いので。。

28?45才くらいまでの、

30人もの女性からのお申し込みが、彼に届いたとします。

彼は海外出張も多く多忙です。

短期間で効率的にお見合いをして、

はやく結婚して子どもを授かりたいと思っています。

 

なので、より若く、よりキレイで、より男心をくすぐる女性にしか興味がありません。

いくら美人でも、アラフォーでは見向きもされない、

これが現実です。

 

あなたは常に他の同性と比べられています。

会員数が多ければ多いほど、

あなたの持っている条件が、他の人より劣るなら、

プロフィールは見てもらえないかもしれません。

砂漠の砂の1粒のように埋もれていってしまうんです。

成婚できない95%の人とは、砂漠の砂と化した人なんです。

 

一方、会員数がそれほど多くない中小の結婚相談所なら、

あなたのプロフィールを見てもらえる確率は、大手よりも高まります。

 

また、仲人が、あなたのことを新人歌手を売り出すようにプロデュースし、

お見合いにも立ち会うなど、親身になってお世話するので、

成婚できる確率も高まるんです。

 

ただ、ピンからキリまでいろいろな業者がいるので、

入会時に何十万円も請求する、

または、逆に安かろう悪かろうの業者は避けてほしいと思います。

 

選ぶポイントは、最低でも次の3点をクリアしていること。

「法律を遵守しているか」

「プロフィール写真を軽視していないか」

「あなたと相性が合うか」

 

話を戻しますが、

冒頭のキャッチコピーの「成婚率53%」はまちがいではないか、

と思いますか?

実は、まちがいではないんです。

はい。さきほど確かに、成婚率は5?15%って言いました。

じゃなんで「53%」がまちがいではないかというと、

業者の解釈、というお話になります。

 

つまり、Aという結婚相談所の成婚率が53%なワケは、

A相談所を退会した人の中で、結婚できた人の割合を言ってるからなんです。

 

たとえば、何年も営業してきて、これまで累計100人退会しました、とします。

その中で、A相談所の会員と結婚した人、

それ以外に自分で見つけてきた相手と結婚した人でも、

とにかく「結婚が決まった」人が50人いたら、

もう50%なワケです。

 

で、結婚できる見込みのない会員は、何年も何年も、

なんとかやめさせずに登録だけを維持する努力をすれば、

高い成婚率を保てるんです。

そういうことなんじゃないかと思います。

 

。。。

 

わたしが結婚のお世話をする場合は、

会員さん一人ひとりと向き合って、

あなたの個性にマッチした作戦を立てて、

二人三脚で婚活市場に攻め込んでいきます。

「二人三脚」がスゴく大事です!

なので、わたしを信じられない人、

素直にコミュニケーションがとれない人については、

「わたしには、あなたのお世話は荷が重いです。。」

と言って、入会前ばかりでなく、

お世話の途中でも、お世話をお断りしています。

 

わたしの会員さんは、わたしが好きな人ばかりです。

だから、短期間で結婚相手を見つけられるんです。

 

あなたも本気で結婚したいなら、

あなたと相性の合う仲人さんを見つけてくださいね!

 

…………………..

今日も笑顔で、いいことを引き寄せてくださいね!

……………………………….

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032