理想の相手という条件を捨てる。

1年以内に結婚したいと考えている方は、

今すぐこちらからお問い合わせください。

無料でご相談を受けています。

9985904f3d9e36dc677b126a6ac01092_s

おはようございます。シバタニです。

「どんな人なら愛せる?どんな人と結婚したいの?」

と聞かれたら、

あなたの頭の中に浮かぶ人はだれですか?

イケメン、美人。。

きっとビジュアルが美しい人なんだと思います。

 

わたしなら。。

台湾で一二を争うイケメン俳優、金城武(かねしろたけし)さんの若い頃ですね。

 

でも実際に結婚したのは、どちらかというとブサイクな主人です。

そこまで言う?

だったら、自分はどうなのか!?

と思われるかもしれませんが。。

主人には、わたしと結婚してくれたことを心から感謝しています。

 

なにを言いたいのかというと、

婚活に「理想の相手」のものさしを持ち出し、

先入観で異性のプロフィールを見てはいけないんじゃないか、

ということです。

 

たとえば、わたしは26才、主人は32才のときに結婚して

25年たちますが、

当時のわたしが、いまのようなネット検索で婚活していたら、

おそらく主人は選ばなかったと思います。

 

主人と結婚するまで、わたしはイケメン好きでした。

見た目がカッコイイ男性ととっかえひっかえ恋愛し、

いつわりの幸せを満喫していました。

 

今考えれば、彼らと結婚しなくてよかったと思います。

 

なぜなら、

見た目から好きになる人には、どうしても気をつかってしまうからです。

 

わかりますか、この感覚。。

 

気をつかわなければ同居できない人と結婚すると、

結婚生活が苦痛になると思います。

 

若い頃のわたしは、「このひと好き!」と思い、相手にも脈があると感じたら、

さっさと自分から告白するタイプでした。

振られても、すぐに気持ちを切り替え、次のターゲットを探して、

途切れなく恋愛していました。

 

恋愛の最後に、半同棲までしていたのは、濃い顔をしたバンドマンです。

「この人とこれ以上一緒にいたら不幸になる」と察知して、

彼の前から姿を消しました。

 

その後、知人の紹介で主人とおつきあいをはじめ、

流れで結婚しました。

 

わたしは恋愛で、精神が疲れ切っていたので、

なにをやっても怒らない主人に、安らぎを見出したんです。

 

話を戻しますが。。

婚活している人にアドバイスしたいのは、

条件で検索するのはほどほどにしたほうがいいということです。

 

理想を追い求めれば求めるほど、

先入観で人を判断するようになります。

10代20代の若いうちなら、それも仕方ないと思いますが。。

30才過ぎたら先入観を捨てて、

直感で決めてほしいと思います。

人生経験を積めば積むほど、直感の精度は高くなります。

 

「この人と結婚していいのか。。」

決断できないときは、だれかに相談してください。

だれかとは。。

親の意見を聞くのが一番いいんです。

あなたの親と仲良くできる人を選び、

そして相手の親にあなたが気に入ってもらえれば、

きっと幸せになります。

親に反対されたら、あきらめたほうがいいと思います。

 

………………………

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

2016-03-16 9.19.58

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA