11月22日(いい夫婦の日)の次の日は。。

1年以内に結婚したいと考えている東京都在住の方は、

今すぐこちらから無料相談頂くか、
メールでお問い合わせください。

おはようございます。シバタニです。

昨日は「11月22日(いい夫婦の日)」でした。

わたしは夫と連れ添って25年になります。

いつできたかわからない「いい夫婦の日」なんて、

意識せずに生きてきましたが。。

この日をキライだという方に会ったので、

あらためて考えてみたいと思います。

 

「いい夫婦の日」ってなんなの?

 

1988年に財団法人余暇開発センター(現日本生産性本部)によって提唱された。その後、1998年に「いい夫婦の日」をすすめる会(名誉会長・桂文珍)を設立し普及を推進しており、1999年より、毎年、広く一般からの投票(会のHPによれば推薦とも)を基に、理想の夫婦・カップルにふさわしい「パートナー・オブ・ザ・イヤー」を選出している(実質、いわゆる有名人から選ばれているが、会のHPによれば、とくに有名人より選出とは触れられていない)。

2000年代に入り、一般にも認知されるようになり、11月22日に入籍する有名人なども増えている。

引用:Wikipedia「いい夫婦の日」概要

 

よく調べたら、夫から妻へバラの花を贈る日とありました。

 

「いい夫婦の日」は茶番。

 

まぁ、悪いことではないと思います。。

わたしのように25年も夫婦生活をつづけていると、

側からは「いい夫婦」のように見えるかもしれませんが。。

子どもは全員大人になって手がかからなくなり、

夫と妻の成長スピードにズレがでてきて、

会話がなくなります。

 

なので、円満な老後に向かっていくために、

お互いに見えないところで調整が必要なんです。

そんなときに自分たちから「いい夫婦です」なんて、

恥ずかしくて言えません。

担ぎ出されても、顔が引きつって。。おしまい!

 

一生懸命活動している人にはなんなんですが。。

「いい夫婦の日」なんて茶番にしか思えません。

世の中の成人の約4割が、戸籍上独身なんです。

単に独身なだけではなく、

「事実婚」

「LGBT」(レズビアン=女性同性愛者、ゲイ=男性同性愛者、バイセクシュアル=両性愛者、トランスジェンダー=性同一性障害など)

「離婚経験者」

「死別者」

「シングルマザー(ファザー)」など。

さまざまな立場の人たちがいます。

その人たちに向かって「いい夫婦の日」に

入籍を呼びかけてるんだとしたら、

逆効果もはなはだしいです。

 

 

ほんわかエピソード

 

わたしのフェイスブックにコメントしてくれた方がいます。

「11月23日→23踏み出す日ですねー」

すばらしいですね!

「11月22日 いい夫婦の日」をめぐって、

ごちゃごちゃ議論するのがバカバカしくなりました。

「22日 いい夫婦」はスキップして、

「23日 踏み出す」ことにフォーカスしましょう!

さて、あなたは何に1歩踏み出しますか?

…………………………………………

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

副業 仲人募集

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA