お見合いのタブー

1年以内に結婚したいと考えている東京都在住の方は、

今すぐこちらから無料相談頂くか、
メールでお問い合わせください。

 

おはようございます。シバタニです。

今日の東京はどしゃぶりの雨ですが、

最近のお見合いの日が、

ずっと晴れつづきでよかったです!

朝起きて支度して、

お見合いの場に行くまでの心持ちが、

お天気で左右されることもあると思うので、

さわやかな秋晴れの日にお見合いできたのは、

ほんとうにラッキーでした!

さて、今日はお見合いのタブーについてのお話です。

場慣れ感をださないこと!

 

想像してみてください!

あなたが転職活動で面接試験にのぞんだとき、

それから、採用された職場ではじめて自己紹介をしたとき。。

お見合いって、そのときの気持ちにすこし似ていると思います。

緊張のあまり、つい、やらかしてしまうことが

いろいろあります。。

人によって気にする人、気にしない人がいるので、

一概には言えませんが。。

一般的なことについてお話しますね。

例えば、

「場慣れ感をださないこと!」

わたしの場合、

ホテルのサービスマンと顔をあわせる会員さんの気持ちを考え、

お見合い場所は1カ所に決めず、

あちこちのホテルのラウンジを利用しますが、

「お見合いはいつもここ」

と決めている仲人さんもいます。

その仲人さんの会員さんの中に、

「ここはお見合いのメッカなんですよ」

とお見合い相手に教える人がいるみたいですが、

よくないですね。。

(この人、場慣れしてるけど、何回お見合いしてるんだろう)

と相手に思わせるからです。

ということは。。

何回も断られ、または断りつづけている人だ

という印象を与えてしまいますよね。

あなたはどちらがいいですか?

「お見合いのベテラン」と「お見合いははじめての人」。

 

相手は初対面だと心得よ!

 

初対面でも話しやすい人っているものです。

話しているうちに、

(この人は自分を受け入れてくれる人なのかもしれない。。)

と大博打(おおばくち)に出る人がいます。

話してる本人は、大博打なんて気はサラサラありませんが、

聞き役に回った方は、地雷を踏んだ気分になります。

例えば、

こんな直球を投げてくる人がいます。

「今までお見合いは何回しましたか?わたしは。。」

この質問、お見合いははじめてであれ、経験があれ、

答えにくいですよね。

また、履歴書の資産欄に書いてある内容について。。

初対面の人に、おカネの話をしないほうがいいですね。

それから健康問題。

わたしたち仲人間の共通認識として、

「結婚生活を営める健康な方」を紹介しあっている、

ということがあります。

これを過剰に考える仲人さんがいるようです。

クスリを飲んでるからといって

必ず申告が必要ではない、程度がある。。

とわたしは思います。

一般に日本人は薬好きと言われています。

病院にかかればクスリを処方され、

ドラッグストアはもとより、

コンビニにも大衆医薬品が置かれ、

インターネットでも第一類医薬品が買える時代です。

 

例えば、

生理痛があってクスリを常用していることを、

お見合い相手に開示するって。。

あなたはどう思いますか?

 

お見合いはお互いの自己PRの場!

 

お見合いをできるだけ組みやすいように、

会員さんのプロフィールは「自己PR書」だと意識して

工夫している仲人さんは多いと思います。

同じように、

あなたもお見合いの場に臨んだら、

自己PRをして欲しいのです。

「わたしとおつきあいすると、こんなにいいことがあります!」

という相手に向けたアピールをするのです。

それともうひとつ、大事なことがあります。

 

過去の恋愛歴、過去のお見合い相手と顛末。離婚の原因。。

そんな、あなたの印象がわるくなることを

絶対に話してはいけません!

対面したお見合い相手だけを見て、

いい雰囲気になるように集中することです。

お相手が聞きたくないことは言わないこと!

……………………………..

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

副業 仲人募集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA