お見合いのマッチングは思い通りにいかない

1年以内に結婚したいと考えている東京都在住の方は、

今すぐこちらから無料相談頂くか、
メールでお問い合わせください。

b7ac9bc5a219bd3f57a7a345785476f2_s

おはようございます。シバタニです。

 

今回は、「お見合い婚活」で

知らないと後悔するかもしれないことについて、

お話ししたいと思います。

 

お見合い申し込みの2極化

 

例えば、お見合いの組み合わせのために

サイトにあなたのデータを登録すると、

あなたのプロフィールは

異性会員のページの、

目につきやすい場所に、

一定期間アップされるので、

あなたへのお見合い申し込みは

入りやすい状態になります。

それでも、

申し込みが集中する人と

申し込みがほとんど入ってこない人に2極化します。

 

ある人には、一気に申し込みがなだれ込むのに、

ある人にはポツリポツリしかこないのです。

 

あなたはどちらでしょうか?

 

最初にくる申し込みはビギナーズラックかも。。

 

お見合いの申し込みが

ポツリポツリしかこない人は

どんな人かというと。。

一概には言えませんが、

「写真がひどい男性」

 

「アラフォー以上の女性」

「地方在住の男女」

などに多い傾向があるようです。

もし、あなたがこのカテゴリーに属する人なら、

最初の1ヶ月に届くお申し込みは、

【ビギナーズラック】かもしれません。。

 

「アラフォー以上の女性」によくあるパターン

 

例えば、あなたが「アラフォー以上の女性」だとします。

サイトにプロフィールを登録後、

ポツリポツリと、お申し込みが何件か舞い込みます。

「どの人もイヤだわ」と選り好みしているうちに。。

ある日、お申し込みがパタリとこなくなることがあります。

 

「それなら、自分からたくさん申し込めばいいんじゃない!」

とポジティブに考えて。。

会ってみたいからと、

条件のいい人や年下、イケメンにばかり申し込むと。。

残念ながら、高い確率で返事はきません。

なぜなら、

先方はお申し込みが多く、

さばききれないくらい混雑していて、

あなたが気に入らない人を削除するのと同じように、

あなたの申し込みを削除している可能性があるからです。

なぜ気に入られないのかというと。。

「年令」が原因であることが多いようです。

なので、このパターンに早めに気づいて、

身の丈にあった婚活をすることが重要です!

 

「地方在住の男女」に関しては。。

 

そもそも、近隣の会員数が少ないので、

都道府県の垣根を越えて、

お見合いに飛び回ることをおススメします。

たいへんだとは思いますが。。

ある男性は、

「自分にはハンデがあるので、会ってもらえるならどこへでも行きます」

と覚悟して、

彼は、仕事が休みの土日はすべてお見合いにあてました。

日本全国をお見合いのために飛び回り、

ついに結婚を決めたんです!!

「絶対に結婚する!」と決めて、

労を厭(いと)わなかったことが結果につながっています!

結論!

ハンデがあっても、

身の丈を知った婚活をして

決して結婚をあきらめないでいただきたいと思います!

………………………

今日もあなたは最高です!

はりきっていきましょう!

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは、婚活コンシェルジュへ。 TEL 03-3625-0032

副業 仲人募集

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA