再婚 の 婚活

再婚の婚活

こんにちは、シバタニです。

また、朝っぱらから?と言わないでくださいね。

あなたの身近に、離婚を経験した人はいますか?

意外に多くいませんか?

わたしの母も、亡くなった父と離婚してますし。。

「できちゃった婚」は離婚が多いとかいう人もいますが、そんな感じします?

「離婚」と一口にいっても、

母子家庭への手当や、公営住宅の家賃を計算して離婚する人もいるらしく、

離婚した後、別居はしているものの、

子どもたちを間にはさんで、家族として問題なく生きているカップルもいます。

すべての離婚が、悲しい結末で終わっているわけではないのです。

さて、

バツイチ(離婚経験1回)、バツニ(おなじく2回)、、

なんど離婚したのか定かではありませんが、

再婚を目指して、結婚相談所に登録している人がいます。

 

ちなみに、

結婚、離婚の表に出ている数は、どのくらいあるのか調べてみると、

2013年の日本の婚姻件数は66万3千組で、離婚件数は23万1千組です。

婚姻数のピークは110万組(1972年)、

離婚数のピークは29万組(2002年)

なので、どちらも減っています。

子どもがいる夫婦の離婚は6割(うち8割は母に子どもの親権あり)です。

 

再婚を希望している人が、わたしが利用できるリストにどのくらいいるのかというと、

【女性】は全体の16%です(うち、子持ちは10%)。

年代別でみると、

子持ちは50代がいちばん多く、40代、60代、30代、20代と続きます。

単身は多い順から40代、30代、50代、60代、20代となります。

 

【男性】は全体の19%(父子家庭の割合はカウントしてません。。)

年代別では、40代がいちばん多く、50代、60代、30代と続きます。

 

既婚の人のなかで、この情報を見て、ドキッとした人います?

寝ている子を起こすようなことを言って、ゴメンなさい。。

 

 

数年前から、60才以上で子どもがいる結婚希望者の間で、

「事実婚」という形を望む人が増えてきました。

相続問題で子どもと再婚相手が揉めないようにと配慮してのことです。

とはいっても、それは結婚相談の現場で肌で感じていることなので、

積極的におすすめしているわけではありません。

 

なにごとにも言えることですが、

失敗してもくじけず、再チャレンジする人は立派だと思います。

これからも応援していきたいと思っています!

 

今日も、あなたにとってハッピーな一日でありますように!

 

 

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

お問い合わせは婚活コンシェルジュ  TEL ?03-3625-0032

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA