子どもを産める人を紹介して???

 

こんにちは、シバタニです。

ウチのお隣の家に男の赤ちゃんがいて、毎日元気な泣き声が聞こえてきます。

低音で「あ?、あ?」とかわいい声が聞こえると、つい「はいよ??」と返事してしまいます。

小さな子どもは、他人の子であってもかわいいですね。

 

さて、

「子どもを産める人を紹介してほしい」と、

結婚相談で最初に切り出す男性は多いです。

とくに、40?50代の方は、はっきりと、35才までの女性でないとダメだと条件をだしてきます。

「子どもを産める」女性に限定しての紹介は、2つの理由で、残念ながらできません。

まずは、不妊という観点から。

すでに結婚をしている夫婦で、定期的な性生活を送り、とくに避妊をしていないのに、2年以上妊娠しない夫婦は、

10組に1組いるといわれ、

子どもができないことに悩まされている夫婦は、意外に多いのです。

つい先日、

お笑い女性芸人「森三中・大島さん」の出産映像に、「子どもが産めない人への配慮がない」ということで、論争が巻き起こっていましたね。

結婚で「子ども」の話題を出すのは、思っている以上に、リスクのあることなのです。

 

2つめは、子どもを育てるためにお金がかかる、という現実。

50才の男性Aさんは、

「年老いた両親を安心させるために、孫の顔を見せてあげたい。最後の婚活のチャンスにかけたい!」

と言いました。

気持ちはわかります!

 

仮にAさんに、すぐに結婚相手が見つかって、

来年子どもが生まれたとします。

その子が大学を卒業する年に、Aさんは73才です。

子育ては、ごはんを食べさせるだけではだめで、

奥さんが、幼稚園のかたわら、ピアノ、英会話、スイミングを習わせたいと言ったら、習い事費用がかかる、

子ども本人が、スポーツ部に熱中する、大学に行きたい、留学したい、と夢を持ち、叶えてやりたいと親心を発揮したら、

かかる教育費用は1000万円では、まったく足りません。

奥さんが、一人っ子じゃかわいそう、と2人目の子どもを望んだら、2000万円以上のお金が必要です。

定年退職をはさんだ、あと20年、妻子を養い、子どもの希望を叶えるおカネを気持ち良く支払えますか?

最近は、共稼ぎが当たり前とはいえ、妊娠、出産時期に奥さんは働けませんので、奥さんの稼ぎは当てにしない方がよいと思います。

 

入会費や2万円のプロフィール写真の代金をケチる前に、

結婚にかかる費用、子育てにかかる費用を現実的に考えてほしいと思います。

その上で、

高望みを捨てたところからスタートすれば、きっと結婚できると思います!

今日もあなたにとって、ステキな出会いがありますように!

adf9d205beb6bd15952776622808340b_m

婚活コンシェルジュ?http://www.konkatu-concierge.com

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA