交際お断りの理由。気になりますか?

 

 

だれでも人に嫌われたり、断られたりすると嫌な気持ちになりますよね。

とくに、一生懸命な時には傷つきます。

「次に、もっといい人に出会えるかもしれないから。。はい、気持ちを切り替えて!!」

と励まされても、人間そんなにくるくると気持ちを切り替えられるほど、器用じゃないですよね。

だからこそ、あえて明るい言葉かけをして、励ましてくれる人が絶対に必要なんです。

 

例えば、

お見合いを経て交際に入ってから、

メールやLINEで連絡しあっている時に、

使い方を間違えて、いっぺんに気持ちが冷めてしまうことがあります。

スマホ同士なら、LINEをつかう人も多いと思いますので、LINEを例にとりますね。

まずは、LINEのタイミング。

LINEしたら、既読と返事が気になって、なにも手につかなくなることはありませんか?

いつまでも既読がつかないと、「どうしたのかな。嫌われたのかな」と思い悩んでしまうことも、あると思います。

このような、すれ違いの状況が何回か続いた時、

相手に、「なぜすぐに既読をつけないのか聞けない」

という人は、ホントに危ない!

ひとりよがりに、「もういい。疲れた」と、勝手にあきらめてしまったりするのです。

そこであきらめては、もったいないです!

ぜひ、彼(彼女)に、どんな状況だったのか、直接聞いてください!

「お風呂にはいってた笑」

「電車の中で、LINEきたのがわかって、すぐに見たけど、電車を降りた後に返事をわすれてしまった笑」

「スマホ、家に忘れて近所でお買い物してた笑」。。

話を聞けば、納得して心につかえていたものがなくなりますよね笑。

 

ただ、はっきりとわからない理由で「お断り」になることも頻繁にあります。

A子さんが、交際中のB男さんから、

「自分の遠い親戚にはおカネの無心をする男がいる」

という話を聞いて、ビックリして交際を断りました。

その直後に、C子さんに、B男さんからお見合いの申し込みが入ったのです。

あなたが、A子さんとC子さんの仲人の立場なら、どうしますか?

私の場合、

B男さんの「自分の遠い親戚にはおカネの無心をする男がいる」

という話を真に受けません。

真実かどうか、または、「遠い親戚」とどの程度の関わりあいがあるのか、本当のところがわからないからです。

断ってもらうために用意した、口実の可能性だってあるんです。

つまり、思いやりのあるB男さんが、A子さんに「お断り」したいと思い、A子さんを傷つけないために、A子さんから断ってもらえそうな口実を用意した、とか。

もしA子さんの話を鵜呑みにして、

C子さんに、お見合い申し込みを断るように促したとしたら、

個人情報保護の点でも、もしかしたら運命の糸でつながっていたカップルの間を裂いたかもしれないという点でも、

大きな過ちを犯してしまう可能性だってあるのです。

わたしは、カード会社のカスタマーセンターで働いていた時に、お客様の申し出には、思い込みや勘違いが多いということを実感しました。。

お客様の申し出と、データを調べてからの状況がまるでちがうことが多くあったからです。

結論!「交際お断りの理由」は気にせず、赤い糸で結ばれた人に出会うまで、めげずにがんばりましょう。

いつも応援しています。がんばってくださいね!

 

婚活コンシェルジュ 柴谷かをる

婚活コンシェルジュ?http://www.konkatu-concierge.com

 

 

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!!
内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。
日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」
福島県出身
高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。
2014年、婚活コンシェルジュ設立。
「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」
という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。
その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。
現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA