「サザエさん」三河屋のサブちゃんが結婚相談所へ!

6月7日(日)放送の「サザエさん」のお話のなかで、

「三河屋のサブちゃんが結婚相談所に行っている!」

という展開に、少なからず衝撃を受けた方は多いのではないでしょうか。

三河屋のサブちゃんは

青森県出身

一橋大学卒業

サントリーを経て「三河屋」

という来歴のエリートだといわれています。

 

そのサブちゃんが、カフェで女性とお茶していた様子を目撃されます。

相手の女性は誰なのか、軽く追求され、

結婚相談所で婚活していたことが明らかになります。

サブちゃんは、お見合いでフられた後も明るい表情です。

仲人(なこうど)さんに、

「フられるってことは、もっと素晴らしい人に会えるってこと」

と言われたからです。

勇気づけられる言葉ですね。。

※注:仲人(なこうど)=結婚相談を受けることを仕事としている人のこと。

 

実は、

「仲人口(なこうどぐち)」

という言い換えのテクニックがあります。

 

婚活では、その人の性格や、タイミングなどで、プレッシャーで押しつぶされそうになることが多々あります。

何度お見合いをしても、なかなか交際に発展しないと、焦りが出てきて、自分に自信が持てなくなり、考え込んでしまい、負のスパイラルに陥ってしまう場合があるのです。

受験や就活などで、おなじような経験をされた方も多いのではないかと思われます。

そんなとき、あなたを信じて支えてくれ、前向きになる言葉かけをシャワーのようにされていたら、モチベーションを保てますよね。

「仲人口」とは、プロの仲人なら誰でもできる、マイナスをプラスに変えるアドリブの言葉です。

「フられるってことは、もっと素晴らしい人に会えるってこと」

のように、

婚活している本人が落ち込みそうなときに、その気配をすばやく察知して、気分をプラスに転じるのです。

明るく希望を持っている人は魅力的に見えますが、落ち込んで自信なげな人を見て、誰が結婚したいと思うでしょうか。

一人悶々と「婚活サイト」を利用して、せっかくの出会いを活かせない人は、自分が相手にどのような印象を与えているかを客観的に知る術がありません。

「婚活サイト」「街コン」で自滅しそうな人は、

「三河屋のサブちゃん」のように、サラッと、身近な結婚相談所の仲人さんに相談してみてはいかがでしょう。

57c7cc69618eba8061a8581baf90dd15_m

墨田区で結婚相手をさがすお手伝いをしています。

お問合せはこちらから

 

 

 

 

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA