私の渡航歴

高校を卒業して、鉄道弘済会に就職したころ、

非常に景気のよい世の中でした。

山間の田舎から上京したその日、山手線に生まれてはじめて乗り、

窓から見えるのはコンクリートばかりで、

電車が刻むリズムの速さに、ひたすらびくびくしていた私が仕事に慣れたころ、

社内で「シンガポール旅行」募集の張り紙を見つけました。

外国に興味はあったものの、具体的に渡航する手段がわからなかったので、

旅行代金が安く、同じ会社に勤務する人と行けるという安心感から、

すぐに応募して、シンガポール旅行をしました。

海外旅行は案外簡単だ!という体験は、私の人生を変えました。

趣味で習っていたフランス語を活かすべく、

3年後、自分ひとりで手続きをして、貯金をつぎ込み、

フランスに半年間の語学留学しました。

フランスでは、現地で友人になった日本人とヨーロッパのあちこち旅行しました。

帰国してから、

ある時、深夜のCNNテレビで「ソ連の近視矯正手術」の番組を視聴し、

強度近視に悩んでいた私はテレビ局に電話して、

どうしたらソ連で近視矯正手術を受けられるのか聞きました。

日本とソ連は国交がないので、

唯一「大陸トラベルサービス」という旅行代理店のみツアーを扱っている、

とわかりました。

問合せると、近視矯正手術は1週間で百万円かかるとのことで、

両親に頭を下げると、両親は親戚から借金をして、

私のために百万円用立ててくれ、

晴れて夏に有給をとり、ソ連へと旅立ちました。

参加した患者は4~5名ほどだったと思います。

その結果、視力は10年でもとに戻ってしまいましたが。

貴重な体験をしました。

末の娘が生まれてから、

会社のおカネで主人とふたりパリ旅行。

今年、方位取りのために、ひとりで上海旅行をしました。

中国語がまったくわからず無謀な旅でしたが、

運気は上がったと思います。。。

墨田区で結婚相手を探すお手伝いをしています。

お問合せはこちらから

投稿者:

柴谷 かをる

東京スカイツリー徒歩3分の「婚活コンシェルジュ」へようこそ!! 内閣府認証NPO法人「全国結婚相談業教育センター」会員。 日本仲人協会認定「カリスマ仲人士」 福島県出身 高校卒業後、フランス留学を経てフレンチシェフと結婚。 2014年、婚活コンシェルジュ設立。 「一人でも多くの人を素敵な笑顔で笑わせたい!」 という信念のもと学生時代から結婚に導いたカップルの数は有に100を超え高い評価を得ている。 その豊富な経験と抜群の安定感で「成績優秀仲人士」として表彰される。 現在は、その驚異的な成婚率と心得を広めるべく執筆活動にも精力的に取り組んでいる。 著書に『男のための絶対に結婚できる超婚活術』、『非常識な婚活成功術』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA